ロマンの木曜日 2013年12月26日
 

産みまくれ!海亀散卵マシン

生命誕生の瞬間。
生命誕生の瞬間。
家にいる母から、「あんた宛に、めっちゃでかいダンボール届いてるで」とメールがきた。
心当たりがある。
母さんそれ、海亀です。

なぜ海亀が届いたのか。説明させてもらいたい。
海亀がポンポン卵を生みまくる、産卵マシンが作りたかったのだ。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

こういうの作りたい。
こういうの作りたい。

海亀はヤフオクで買った。5000円だった。
以前、隠しカメラが仕込まれた鹿(隠シカメラ)を作るために鹿の剥製を買ったのだが、鹿もたしか5000円だった。
そのときの鹿。生き物によって梱包の仕方が違うのが面白い。
そのときの鹿。生き物によって梱包の仕方が違うのが面白い。
海亀の梱包をとく。
海亀の梱包をとく。
亀の全長は100cm。
かなりでかい。
かなりでかい。

「でっかい亀さん。見た?い!」と言っていた甥っ子に見せてあげたら、ものすごい真顔になっていた。

おもてたんとちがう。
おもてたんとちがう。
甲羅のひび割れを丁寧に補修したあとがある。
大切に扱われていた亀のようです。
大切に扱われていた亀のようです。
何だか申し訳ないが、こちらも本気度では負けてはいない。
甲羅に穴をあけたいので、亀の骨格の下調べをする。
鹿の時はそれを怠り、闇雲に骨を削りまくるという地獄のような作業になったからだ。

シカさんすいません。
シカさんすいません。
今回は骨格標本を作っている人のサイトを参考にした。
余談だが、骨格標本を作る時、邪魔な肉を溶かすためにパイプの詰まり解消剤を使うそうだ。
(本来はパイプに詰まった髪の毛を溶かすためのものだが、同じくたんぱく質である肉も溶けるらしい)
へ?っと思ったのだが、ヤクザがそのサイトをブックマークしてたら嫌だ。
参考になりまっせ!
参考になりまっせ!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓