はっけんの水曜日 2014年1月8日
 

北の鍾乳洞でコウモリ充

冬眠中のコウモリをウォッチング!
冬眠中のコウモリをウォッチング!
日本三大鍾乳洞のひとつ、龍泉洞でぶらさがっているのは鍾乳石ばかりではない。
未だに謎の多い北の洞窟で眠れるコウモリをそっと鑑賞するイベント「龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”」に参加してきた。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「「犬」の貼り位置調べ」
人気記事:「クモを酔わせてどうするつもり」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

そんなわけでいきなり雪景色

雪の盛岡駅。
雪の盛岡駅。
あれとあれのコンビネーション。
あれとあれのコンビネーション。
JR盛岡駅北口から路線バスに揺られること約2時間。本州一広い面積を持つ岩手県岩泉町の中央部、霊峰宇霊羅山(うれいらさん)の東側のふもとに日本三大鍾乳洞として有名な龍泉洞が開口している。
入口に続く橋の龍の欄干がかっこいい。
入口に続く橋の龍の欄干がかっこいい。
龍泉洞のPRキャラクター、龍ちゃんと…
龍泉洞のPRキャラクター、龍ちゃんと…
パートナーの泉ちゃん、リア充か!
パートナーの泉ちゃん、リア充か!
昭和初期より地元の有志によって探検が行われ、現在確認されているところだけでも3,500m以上、総延長は5,000m以上にもなるといわれている。
見どころは世界有数の透明度を誇る水をたたえた地底湖で、その神々しいまでの美しさを一目見ようと、ゴールデンウィークや夏休みの観光シーズンにはたくさんの人がやってくる。
現実を疑いたくなる透明感。愛称「ドラゴンブルー」
現実を疑いたくなる透明感。愛称「ドラゴンブルー」
冬になり訪れる人も少なくなる龍泉洞で昨年より行われているツアーイベントが「龍泉洞”冬のコウモリうぉっちんぐ”」である。
入洞料のみで申し込み可能。
入洞料のみで申し込み可能。
龍泉洞は1938年より「岩泉湧窟及びコウモリ」という名義で国より天然記念物に指定されており、洞内には多数のコウモリが生息している。
ダブルネーム!
ダブルネーム!
夏に旺盛に活動した彼らは冬になって食料の昆虫が少なくなると、体の代謝を抑え、洞内の至る所で冬眠に入る。その様子を事務所職員の方のガイドでそっと観察しようというイベントである。

今回ガイドしてくださったのは4月より龍泉洞事務所で所長を努めている武田保男さん。
武田さんとツーショット。気温は-3℃!
武田さんとツーショット。気温は-3℃!
---今日はよろしくお願いします。私は龍泉洞に来るのが初めてなのですがいきなりこのツアーから参加しても大丈夫なんでしょうか?
「コウモリうぉっちんぐといっても通常の観光コースを回りながら観察できるコウモリを探すツアーです。コウモリだけではなく龍泉洞の見所もご案内するので問題ないですよ」
---おお、それは助かります。ちなみにコウモリはもう結構な数が冬眠しているんですか?
「12月から冬眠に入りはじめてまだピークではないので数はそれほどでもないですが、今朝ざっと回ったらすぐ近くで冬眠しているコウモリもいましたよ」
なんとも頼もしい。百聞は一見にしかず、早速洞内へと乗り込むのであった。
洞窟ぶらぶら始まるよー。
洞窟ぶらぶら始まるよー。
武田さんにお話を聞きながら歩を進める。
「龍泉洞は多くの鍾乳洞がそうであるように石灰岩が水に溶かされてできた石灰洞です。ここから奥に直線的に伸びる主洞に多数の支洞が交差していますが全体の構造はまだ調査中で明らかになっていません」
洞内案内板より。赤い線が観光ルート。見学できるのは第三地底湖付近まで。(クリックで拡大)
洞内案内板より。赤い線が観光ルート。見学できるのは第三地底湖付近まで。(クリックで拡大)
---どんなコウモリがいるんですか?
「今確認されているのはキクガシラコウモリ、コキクガシラコウモリ、モモジロコウモリ、ニホンウサギコウモリの5種です。多く見かけるのはキクガシラとコキクガシラ。テングやウサギコウモリはこれらに比べると見つけにくいです」
この中で、私がまだ見た事がないのはそのテングコウモリとウサギコウモリである。なんとか出会えるとよいのだが…
5種コンプリートできるだろうか。
5種コンプリートできるだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓