はっけんの水曜日 2014年1月15日
 

地吹雪が名物の村で裸祭りに参加した

矢印が私です!
矢印が私です!
青森県津軽地方では、年末から年始にかけてお供え物を地元の神社に奉納するという行事が各地で行われる。

しかも、どの祭りもなぜかまわしやふんどしといった裸姿でお供え物を奉納する。

この地吹雪が吹き荒れるような冬の寒い時期に、どうかしている。

でも、せっかくなので参加してみた。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「あえて魚を食べない築地うまいものめぐり」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

地吹雪が名物の津軽平野

妻の実家のある五所川原市飯詰地区でも「飯詰稲荷神社裸参り」として、毎年大晦日にお供え物をまわし姿の男衆が運んで奉納するというお祭がある。

村の中心部から稲荷神社までの700メートルあまりをお供え物を担いだ男衆が練り歩き、奉納してお参りする。やることとしてはただそれだけの祭りだ。

しかし、津軽地方の冬はただでさえ地吹雪が吹いて寒い。参加するだけでいきなり罰ゲームのような祭りである。
まだまだこんなのは序の口だ
まだまだこんなのは序の口だ
普通ならばあまり参加したくはない祭りかもしれない。ところが、この祭りは村の人でなくても事前に申し込めばだれでも自由に参加できるのだという。

「参加自由」と言われると「せっかくだから参加してみようか」という気持ちにもなってくる。結局、好奇心のほうが競り勝ってつい参加すると言ってしまった。

ちょっと怖気づく

12月31日正午、集合場所となっているお宅に向かう。
幸い天気はよく、地吹雪は吹いてなかった
幸い天気はよく、地吹雪は吹いてなかった
これってもしかして……
これってもしかして……
集合場所となっているお宅には水がたっぷり入った大きな樽がいくつも置かれていた。いきなり胸騒ぎのするアイテムである。

「これって、もしかして……入るんですか?」とそこにいたおじさんに尋ねたところ「あたりめーじゃねーか、アッハッハ」と陽気に答えてくれた。
あたりめーだ! 入るんだよ! アッハッハ
あたりめーだ! 入るんだよ! アッハッハ
あー、そうですよね〜、入りますよねー。

自ら言い出したこととはいえ、その運命の苛酷さに今更ながら怖気づきそうになった。

まわし姿に着替える

集合場所のお宅ではすでに参加予定者が着替えを始めていた。着替えるといっても、服を脱いでまわしをしめるだけなのだが。

ぼくは当日になって急遽参加申し込みしたのだが、折よく神社のまわしが残っており、参加することができた。
着替えます
着替えます
着替えました
着替えました
もちろん、まわしをしめるのは初めてだったが、しめ方を他の参加者の方に教えてもらい、なんとかしめることができた。
地元の人は子供ぐらいしかいない
地元の人は子供ぐらいしかいない
総勢17人ほどの参加者のうち、地元のひとは小中学校と高校生の子供たちだけで、それ以外の大人はすべて県外から来て祭りに参加している物好きな人たちばかりである。

取材される

そんな中、外の樽が置いてある場所では粛々と神事が執り行われていた。
女性の神主さんが祝詞をあげる
女性の神主さんが祝詞をあげる
テレビの取材もやたら多い
テレビの取材もやたら多い
この日はテレビや新聞などの取材もたくさん入っていた。大晦日や元日はニュースがあまり無いらしく、こんな田舎の祭りでも全国ニュースで放送されることがあるらしい。
なぜか神輿の重さを何回も確認していたテレビ局のひと
なぜか神輿の重さを何回も確認していたテレビ局のひと
テレビ局の記者に、最高齢の方はどなたですか? とか、神輿の重さはどれぐらいですか? など、いろいろ質問されたのだが、みんな県外から参加しているひとたちばかりなので誰もハッキリと答えられない。

申し訳ないので、ぼくが「神輿の重さは700キロぐらいですかね?」と冗談を言ったら「ハハッ」と軽くあしらわれた。たぶんぜったい「つまんねーこと言うなコイツ」と思われたに違いない。
取材中です(メモとかとれないけど)
取材中です(メモとかとれないけど)
しかし、取材ということで言えば、ぼくも取材である。同じ取材でもこっちはなぜか勢い余って参加してしまっている。この違いはいったい何なのか?

ぼくはすでにまわし姿になってしまっていたので、写真もメモもとることができず、取材という行為がよくわからなくなってきた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓