はっけんの水曜日 2014年1月15日
 

福島の乳首山に登った

結構な吹雪でしたよ。
結構な吹雪でしたよ。
山に乳首があるのをご存じだろうか。

福島県にある安達太良山(あだたらやま)という山は山頂に乳首様の突起があり 別名を乳首山という。安達太良山は万葉集で歌われたり、東京には空がないと言った智恵子の故郷としても知られているらしい(へー)。日本百名山の一つである。

一説には、アイヌ語で『乳』の『アタタ』が語源になっているとも言われている。僕が勝手に言っているわけではなく、古くから『乳首山(四股名みたいっすね)』とか『安達太良山の乳首』などと呼ばれていたのらしい。歴史的に見てもすごく乳首な山なのである。

そんな、山の乳首に僕も登りたい!と思い立ったので福島に行ってきました。真冬だけど。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。

前の記事:「つけまつけると、大体萌え萌えになる」
人気記事:「キムワイプの可愛さは異常だと思う」

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

スタートはスキー場

1月某日、『あだたら高原スキー場』のゲレンデから、乳首を目指して登り始める。すぐにスキー場を外れて登山道になった。
1日目は天気が良かったので、ちょっと薄着です。
1日目は天気が良かったので、ちょっと薄着です。
ここから登山道。宿泊地のくろがね小屋を目指します。
ここから登山道。宿泊地のくろがね小屋を目指します。
アイゼンを付けてたほうが歩きやすかったので装着。僕のアイゼンは足の甲部分にレースの記事で付けたレースがついてます。可愛いでしょ。
アイゼンを付けてたほうが歩きやすかったので装着。僕のアイゼンは足の甲部分にレースの記事で付けたレースがついてます。可愛いでしょ。

乳首が見えない

さて、歩き始めて1時間くらい。そろそろ安達太良山の乳首が見えてもいい場所に着いた。が、うっすらガスが掛かっていて乳首が見えない。
ホントはここから見えるはずなんだけどなぁ。
ホントはここから見えるはずなんだけどなぁ。
写真の真ん中、うっすら見えてる丘の左側に乳首が見えるはずなんだけど見えない。乳首山は恥ずかしがり屋さんである。

仕方がないのでここは妄想力である。中学生男子並の妄想力で乳首に思いを馳せる。
こんな風に見えるはずなんだよ!こういう突起があれば、そりゃ誰だって乳首って名付けますよ。
こんな風に見えるはずなんだよ!こういう突起があれば、そりゃ誰だって乳首って名付けますよ。

乳首が見えないので他のものを見る

さて、乳首が見えない。でも周りを見れば冬山特有の美しい景色が広がっている。

いいねぇ、冬山。こればっかりは言葉だけじゃ伝わらなくて、現地に行かないと良さが判らないだろう(ライターとしての職務を放棄)。
ナナカマドの実ですかね?赤い実が背景の雪に映えるのだ。
ナナカマドの実ですかね?赤い実が背景の雪に映えるのだ。
冬芽とちらつく雪がわびさび。
冬芽とちらつく雪がわびさび。
よく分かんない実。渋い。
よく分かんない実。渋い。
木に付いてる赤テープは、『ここがルートですよ』っていう目印です。
木に付いてる赤テープは、『ここがルートですよ』っていう目印です。
ザックに雪の結晶が付いてました。氷点下なので融けません。
ザックに雪の結晶が付いてました。氷点下なので融けません。

楽しいスノートレッキング

景色を見たり休憩したりしながら淡々と雪の道を登っていく。先行者の踏み跡は雪が締まっているので歩きやすいし、道に迷うことも無いので気楽なスノートレッキングである。

汗をかくと体が冷えてしまうので、あまり汗をかかないようにゆっくり登るのが大事だ。乳首の事を考えながら登り続けた。
淡々とゆっくり登るのがコツです。
淡々とゆっくり登るのがコツです。

山小屋が見えてきた

スタートから2時間半ほどで山小屋が見えてきた。だいたい予定通りの時間である。

今日の行程はここまでで、乳首は2日目に目指すことにした。

宿泊はくろがね小屋。温泉がある山小屋です。
宿泊はくろがね小屋。温泉がある山小屋です。
次のページでは山小屋での様子を紹介します。乳首は3ページ目でどうにかする予定。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓