ちしきの金曜日 2014年1月17日
 

この液体が高い

リッター7万円の液体を目に!
リッター7万円の液体を目に!
パソコン仕事で目が疲れるので、疲れ目に効くという目薬を買った。あるとき何気なく容器を見ていたら「内容量13ml」と書いてあった。ちなみに希望小売価格は945円。

つまりこの目薬、単純計算で1リットルあたり7万円以上もするのだ。なんて高価な液体!と興奮した。

そこで、さまざまな液体の1リットルあたりの価格を比べてみることにした。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「リニアが来る!そのとき橋本は」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


1リットルあたりの価格だけで比較

いろいろな液体を比較、とは言っても、使い途も価値もまったく違う。同じ目薬でも成分や効き目によって値段は違うだろう。

当然、ここではそれぞれの用途や効能は完全に無視して、単純に1リットルあたりの価格を比べてみる。卸値とかサイズによる差とかも考えず、うわ、この液体高けぇー!と低レベルに興奮したい。
いろいろな液体を価格だけで比べてみる
いろいろな液体を価格だけで比べてみる

水道水

まずは基準として、われわれにとっていちばん身近でいちばん安いと思われる水道水を調べてみた。
これで4銭くらい
これで4銭くらい
どうやら、地域や使用する量によって価格が変わるらしいのだけど、とりあえず自宅に届いた料金のお知らせを見ると、22立方メートル、つまり22000リットルで3632円。ここから1リットルあたりを計算すると、およそ0.16円。東京の一般家庭ではこの程度が相場のようだ。
単位が立方メートル(1000リットル)ってアバウトだと思ったけど単価も安かった
単位が立方メートル(1000リットル)ってアバウトだと思ったけど単価も安かった
日本の水、こんなに安かったのか!これはこれで興奮する。だってこの価格には水道局の職員さんの人件費や、水道管や浄水場や水がめのダムの建設費の一部まで入っているのだ。水だけに密度の濃い0.16円である。

ちなみに、東京の水がめのひとつである小河内ダムの貯水量はおよそ1億8千万立方メートルなので、単純計算するとこのダム1杯でおよそ300億円分である。あらゆる単位がでかすぎてイメージ湧かないけど、やっぱり爆安なんじゃないかな。
このダム1杯の水およそ300億円分(立入禁止場所から許可を得て撮影)
このダム1杯の水およそ300億円分(立入禁止場所から許可を得て撮影)

オレンジジュース

何か高い液体はないかとスーパーマーケットに行ったところ、お洒落な瓶に入ったオレンジジュースを見つけた。
シルエットからして普通じゃない
シルエットからして普通じゃない
初めて見たこのおいしそうなオレンジジュース。マンダリンという種類を使っているらしい。裏側のラベルにはマンダリンを収穫した農家の人だろうか、外国人の顔写真があったので輸入モノのようだ。そして一般的な濃縮還元ではなく、絞ったそのままのストレート。瓶の底には濃いオレンジ色の成分が厚く沈殿していた。気になる価格は330ミリリットル入りで驚きの1050円、つまり1リットル換算で約3000円。プ、プレミアム!

こういった価格の輸入モノを見ると、終戦から70年近く経った今でも敗戦国であることを実感する(大げさ)。
私が造りました外人バージョン
私が造りました外人バージョン
ちなみに同じスーパーには、よく見かける牛乳と同じパックに入ったオレンジジュースも売られていた。同じように外国ブランドだけどこちらは濃縮還元。1リットル入りで希望小売価格は220円(スーパーでは148円で売られていた)とリーズナブル。
安心の紙パック
安心の紙パック
こちらはこちらで、カリフォルニアの広大な敷地一面に広がる畑で収穫されたオレンジが大挙して太平洋を渡って押し寄せてくるイメージが湧いた。やはり敗戦国のメンタルである。

この記事の趣旨からは外れるけど、せっかくなので飲み比べてみよう。

まず安い、というかよく見かけるリッター100円台で売られているオレンジジュースを飲んでみた。何というか、飲み慣れた安心できる味。オレンジジュースと言えばこれだし、充分おいしい。
こ、これは!
こ、これは!
しかし、次にリッター3000円のマンダリンを飲んでみると、違いがはっきり分かった。まず何と言っても味が濃い。甘みと酸味と、あともうひとつ何かみずみずしい味がある。そして、それがひとつに混ざって、スポンジに水が染み込むみたいな感じでするすると身体に入ってくる。これはうまいわ。

そう考えると、リッター100円台の方は飲み込む感触が水に近いし、最初は甘みが強いけど後味では尖った酸味が少し目立つ気もする。

でも価格的に考えればやっぱり充分。逆にマンダリンは滅多に飲めない(たぶん記事という建前がなければ買えない)。とにかく、1リットル3000円、水道水の2万倍近い価格のジュースがあることを知ったということが収穫だった。オレンジだけに。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓