フェティッシュの火曜日 2014年1月21日
 

高崎はだるま消費量日本一

火だるま山。わかりやすい地獄絵図。
火だるま山。わかりやすい地獄絵図。
群馬在住の友人と話していた時、すごく妙なことを言われた。
「ほら、高崎ってだるまの消費量が日本一じゃん?」
意味が分からない。だるまの生産量の間違いではないのか。名物だし。
ところが、話を聞いていくうちに納得した。確かにだるまは消費されていたのだ。
年に一度、見たこともないような量のだるまが消費される、その現場に行ってきた。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

高崎はだるまのテーマパークだ

事の始まりは、昨年、高崎のとある大型文房具店さんでトークショーをやってくれ、というお仕事をいただいて訪群した時のことだ。
会場最寄り駅の前にだるまがモチーフになっているラーメン屋を発見して「さすが高崎はだるまの町だなあ」と感心していた。
だるまとマグマ大使ととんこつラーメンのコラボレーション。コラボの意味不明。
だるまとマグマ大使ととんこつラーメンのコラボレーション。コラボの意味不明。
その時、駅まで向かえに来てくれた群馬の友人と冒頭の「消費日本一」の話になったのだ。
で、だるまの消費ってどういうことなのかと僕が問うと、友人はけげんな顔をして「いや、毎年どんど焼きで古いだるまを積み上げて燃やすじゃないか」と答えた。
“どんど焼き”というのは、正月のお飾りやお札を積み上げて焼く儀式である。僕が知る限り、だるまは燃やさない。

もう、最初から富だるま県とその他だるまに乏しい地域とのすれ違いである。

それはさておき、だるまを燃やした経験のないその他地域の人間としては、一度は見てみたいビジュアルではないか。積み上げられ、炎上するだるま。
その場でスマホのスケジュールアプリを立ち上げ、翌年(2014年)のどんど焼き日程を書き込んだ。

そして翌年の高崎再訪

翌年、というか今年、忘れずに高崎を訪れることが出来た。
前回訪れた時はバタバタしていたために見逃していたが、こうして訪れると、確かに高崎のだるま濃度は異常である。

高崎駅の出口で来訪者を待ち受ける3体のだるま。RPGならさっそく1戦闘あるところ。
高崎駅の出口で来訪者を待ち受ける3体のだるま。RPGならさっそく1戦闘あるところ。
どこに行っても、少し視線を動かせばそこにだるま。気を抜いたところにだるま。
名産とはいえ恐ろしいまでの腕力押しである。
名物だるま弁当はリアル版からキティちゃんまで各種だるまを取り揃え。
名物だるま弁当はリアル版からキティちゃんまで各種だるまを取り揃え。
駅の物産コーナーにて、紅白だるまパッケージのお菓子。山盛りでかわいい。
駅の物産コーナーにて、紅白だるまパッケージのお菓子。山盛りでかわいい。
同じく物産コーナーにて。流行り物の取り込み方がものすごく雑。
同じく物産コーナーにて。流行り物の取り込み方がものすごく雑。
お土産菓子のエクレアが去年の流行語大賞のあれを取り込んでいたが、あきらかに字余りなところとか、色々と雑な感じで面白かった。
というかあれは手の平を突き出すようなポーズを取ってこそだと思うのだが、それもだるまには難しいだろう。
そのかわり、だるまの顔のフチ模様が隠し文字で「エクレア」になっているところなどは芸が細かい。良く分からないバランスだ。

高崎駅1階のコンビニにもだるまが睨みをきかす。
高崎駅1階のコンビニにもだるまが睨みをきかす。
駅隣接のローソンには、デザート棚の上に「防犯カメラ作動中」と大書されただるまが。
もしかして片目の中にカメラが仕込まれているのだろうか。
それとも、万引き犯を捕まえたところで店員さんがもう片目を書き込むのだろうか。
駅となりのビルに壁画だるま。遠くから襲ってくるみたいで怖い。
駅となりのビルに壁画だるま。遠くから襲ってくるみたいで怖い。

そして達磨寺へ

今回の目的地は、高崎でもだるまと言えばここ!という、だるまオブだるま、だるまの聖地こと少林山達磨寺である。
達磨寺では、毎年1月の6日と7日にだるま市というだるまだらけの縁日が行われる。で、その一週間後の15日にどんど焼きを行い、去年の分のだるまを焼いてくれるという。

高崎駅からは、二駅先の群馬八幡駅まで移動。達磨寺まではここから徒歩で10分ほど。

やはり駅にはだるま。勿論ここでももう1戦闘ある。
やはり駅にはだるま。勿論ここでももう1戦闘ある。
よく見たら、駅のステンドグラスがだるま!見つけられると嬉しい。
よく見たら、駅のステンドグラスがだるま!見つけられると嬉しい。
ステンドグラスは、丸が2つくっついただけの図案だが、ちゃんとだるまだ。
ディズニーランドにおける丸3つの隠しミッキーに対して、タカサキーランドの隠しだるまである。
公衆トイレの看板もだるま。
公衆トイレの看板もだるま。
こうなってくるとゴミ箱まで疑わしい。
こうなってくるとゴミ箱まで疑わしい。
いちど隠しだるまに気付いてしまうと、もはや森羅万象、丸っこい形のものは全てだるまではないかと思えてくる。
たまに訪れた人間でさえこうなのだから、高崎にずっとお住まいの方には、ありとあらゆる丸がだるまに見えているのではないか。
どこまで行ってもだるまがついてくる。
どこまで行ってもだるまがついてくる。
橋の欄干によく丸い石の玉みたいなのが付いていることがあるが、あれですらだるまに見えてくる。
というかこれは本当にだるまだった。

正直、目的地に着くまでにすっかりだるま疲れである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓