フェティッシュの火曜日 2014年1月28日
 

冬の海で野生ダイコン獲るぜヒャッハー!

!
冬の砂浜には野生のダイコンが生えているという。
ダイコンが雑草のように野良でそこらに生えてまくっているというのだ。
これはぜひとも食ってみたい。
ここ数年、雑草野菜を追い求めている僕は、千葉県の東端・犬吠崎へと車を走らせた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

畑から逃げ出した野菜「ハマダイコン」

この野生ダイコンの名は「ハマダイコン」という。
元は畑で育てられていたダイコンが逃げ出し、そして野生化した「逸脱種」と呼ばれる仲間だ。
「もう畑や農家には 帰りたくないー」
「もう畑や農家には 帰りたくないー」
この話はまあまあ有名で、雑草野菜の代表格とも言えるハマダイコンだが、実を言うと僕も食べたことが無い。
雑草野菜ハンターとか言いながら、恥ずかしい話だ
この長年の懸案事項を解決すべく、ダイコンの季節である冬、千葉県・九十九里浜までやってきた。
浜風がめちゃくちゃに寒いが、ここに来た理由がある。
浜風がめちゃくちゃに寒いが、ここに来た理由がある。

ピクニックの思い出とハマダイコン

九十九里浜でかつてハマダイコンを見た覚えがある。もう30年も前、家族総出でこの浜に来てピクニックをした。
うららかな春の日、祖父母やおじ、両親と鍋を囲み、みな笑い、そして砂浜には紫の花が咲いていた。
「父さん、この花はなに?」
「父さん、この花はなに?」
これはハマダイコンだよ、と父が教えてくれた。
むらさきの花が記憶の中で春の強い浜風に揺れる。
あのころはまだ家族の仲が良かったなあ……。
……おおっと、思わずダークな話題に触れるところだった。危ない。
家族の話はあとで匿名ブログにでも書くことにして、まじめにハマダイコンを探そう。

さっそく発見! ハマダイコン!

ハマダイコンはどこにでも生える雑草だが、名前の通り砂浜ちかくによく生える。種としては畑のダイコンと変わらないので、葉の形も全く同じだ。
これは畑で育つダイコン
これは畑で育つダイコン
こんな巨大でギザギザした形の雑草はそうそう無いので、すぐ見つかるはずだ。
砂浜からその近くの道ばたまで適当に、ぼそぼそと、うろうろと探して回る。
お! この葉のギザギザ感!
お! この葉のギザギザ感!
もしやこれはハマダイコンだろうか。
だとしたらそれなりに根が大きいはずだ。
変な細い路地に生えてたのだが、車をちょっとはじに停め、焦っていそいそと引き抜いてみる。
おわ! ダイコンだー、ダイコン!
おわ! ダイコンだー、ダイコン!
すごい! 思ったよりずっとダイコンである!
白く太く、そしてすべすべとした肌は、あきらかにこの植物が野生の生まれではないことを物語る。
栽培ダイコンと比べればかなり小さいが、道ばたに生えていたと思えば、相当立派なレベルじゃないだろうか。
生えてたのはここ。The道ばたof道ばた。
生えてたのはここ。The道ばたof道ばた。
これは期待できる、ハマダイコン!
そしてこの期待通り、僕は次から次へヒャッハー!とダイコンを獲りまくることになるのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓