フェティッシュの火曜日 2014年1月28日
 

ホーロー看板をどんどんバッジにしていく

渋い趣味はいかがですか。
渋い趣味はいかがですか。
UVレジンというものを最近知って、ちょこちょこいじっている。それが何なのかはあとでご説明するとして、使い方によってその質感が「ホーロー看板」ぽいところがあるのだ。これは作ってみねばなるまい。「ホーロー看板風レジンバッジ」を。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。

前の記事:「実家のまわりに“モズのはやにえ”がたくさん!」
人気記事:「「湖面から突き出た足」製氷器を作る」

> 個人サイト 妄想工作所

放浪バッジか


いきなり「UVレジン」と「ホーロー看板」という無関係そうな2単語を持ち出してしまった。どこから手を付けたらいいか自分でも途方に暮れているが、まずはホーロー看板からたどっていこう。

例えばこういう、有名どころなレトロ広告があるだろう。ホーロー板で作られた、野外用の広告である。
マスターピース オブ ホーロー看板(写真提供:T斎藤氏)。
マスターピース オブ ホーロー看板(写真提供:T斎藤氏)。
ホーロー看板御殿(写真提供:玉置豊氏)。
ホーロー看板御殿(写真提供:玉置豊氏)。
皆さんも、じかに目にしたことが一度はあるに違いない。あのホーローの質感を思い出してみてほしい。少々の反り返りのあるあの質感を。

さてUVレジンである。

レジンとは透明な樹脂で、素晴らしいアクセサリーを作れる、実にいいものだ。当サイトのライター四方さんの記事に詳しく丁寧に紹介されていますので、ぜひこちらを参照ください。

中でもUVレジン。UVランプに照射すると数分で固まるということで、こりゃあいいや話が早い、と思って一式手に入れたのが去年のこと。
大掛かりに見えるがランプは3千円くらいだった。そのぶんレジン液は安くはない。
大掛かりに見えるがランプは3千円くらいだった。そのぶんレジン液は安くはない。
買ったはいいが、たまにアイデアを実験したりその結果失敗したりして、微妙な距離感でもってこの機器と接していたのだが、田舎でホーロー看板を目にするにつけ、気付いたのだ。似てるんじゃないか?

まあ見てちょうだい。
まず試しに、看板の写真を印刷して、レジンを塗る。
まず試しに、看板の写真を印刷して、レジンを塗る。
窯(UVランプ)に入れる。
窯(UVランプ)に入れる。
2分ほど照射。
2分ほど照射。
取り出す。固まってるさまが、ホーロー看板に似ているような。
取り出す。固まってるさまが、ホーロー看板に似ているような。
そもそもホーロー自体、金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けたものなのだから、UVレジンで似たような雰囲気にできるかもしれない。


実際はもう少し細工をするが、とにかくホーロー看板を、片っ端からUVレジンで再現してみたいと思ったわけです。

思ったからには、急いで実家のある群馬へ向かったのだった。
いい年をして親に車を出してもらう。ほら、土地鑑忘れてるし…
いい年をして親に車を出してもらう。ほら、土地鑑忘れてるし…
群馬のことだ、実家(元は村だった)の周辺には古い納屋などがたくさんあり、よってそこにはホーロー看板があふれているだろう。実際「菅公」学生服とか水原弘の「ハイアース」とか、こんちゃんの「オロナミンC」とか見たことあるし。

と思っていたのだが…
ホーローだけど、イメージ違うな。
ホーローだけど、イメージ違うな。
もっと全国区のがいいな。
もっと全国区のがいいな。
洗濯機、だからどうしたというのだ。
洗濯機、だからどうしたというのだ。
古い建物自体が相当少なくなってきている。よって、そこに取り付けてあったであろうホーロー看板を見つけるのも、非常に難しくなっている。あるいはコレクターに引き取られていったか。この数十年、変わってないように見えた風景も、少しづつ変わっているのだった。

そんな中でも、やはりあったよ、飼料系の看板。ここはひとつおさえておくか。
味の素が出してる、さぞ味のあるえさなんだろう。
味の素が出してる、さぞ味のあるえさなんだろう。
お醤油っぽくもあるデザイン。
お醤油っぽくもあるデザイン。
ぐるぐる走り回ってもらううち、ありそうな場所がわかってきたからか、ぽつぽつと見つかるように。
ご当地だけど入れたい「きりしん」。やたらとある。
ご当地だけど入れたい「きりしん」。やたらとある。
これもホーロー。入れておくとするか。
これもホーロー。入れておくとするか。
太陽のX線写真かと思った。
太陽のX線写真かと思った。
言わずとも“キッコーマン”と主張してやまない。
言わずとも“キッコーマン”と主張してやまない。
もうちょっとメジャーなのはないか、と諦めきれずになおも山間部に入ると、あった、あったよありました。プチ・ホーロー御殿が。
御殿というにはおとなしいが、金鳥にファンタ、コーラ。もうフィールドワークは十分だろう。
御殿というにはおとなしいが、金鳥にファンタ、コーラ。もうフィールドワークは十分だろう。
もっと縦横無尽に探し尽くせば次々見つかったかもしれないが、これ以上放浪もできないのであとは仲間に助けを借りよう。当サイトライターのT斎藤さん、玉置さんからそれぞれ、記事初頭の画像を提供していただいた。もうそれらで十分だったかもしれないくらいのものだ。ありがとうございました。

これらでもって、ベースとなる画像データを制作しよう。
トリミング、はいいとして斜めからの撮影だったりするので、ゆがみを補正して四角にする。
トリミング、はいいとして斜めからの撮影だったりするので、ゆがみを補正して四角にする。
これを高品質紙に印刷し、いよいよ作業の始まりである。次は金属も登場します。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓