はっけんの水曜日 2014年1月29日
 

熊に襲われた時の対処法をマタギだった人にきく

!
好奇心だけで話を聞きに行きました!
知人のお父さんが、青森でマタギをしているらしい。

マタギってあの山で熊とか撃って暮らしてるマタギ? すげー。ぜひ話をきいてみたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

わりと軽い気持ちでお願いした

マタギって猟をするときに毛むくじゃらのベストとか着てるのかしら? とか、しとめた熊はどうしてるの? みたいな下世話な興味は尽きない。

とくに我々が山で熊に出会った場合、どうしたらいいのか? も聞いてみたい。

「死んだふりをするのがいい」というのは実はダメで「目を逸らさずに後退りしろ」とか、「熊よけの鈴がいい」とか「実は死んだふりが広まった根拠がある」みたいな話も聞いたことがあるような、ないような。その辺どうなのか?

と、軽い気持ちで聞こうと思っていた……。

事前に話を聞いてビビる

知人に連絡し、取材の了解を貰うことができた。

そこで話を聞くにあたって、どんな感じのひとなのか、取材の2日前に知人に会い、事前に話を聞いてみた。

知人は、申し訳無さそうにこう言う。

「去年熊に襲われてケガしてからちょっと元気がないんですよ」

え……。

昨年の秋、請け負った森林管理署の仕事で山に入ったとき、息子さん(知人の弟さん)と一緒にいたところを熊に襲われてけっこう大きなケガをし、入院していたのだという。

こ、これは……ぼくみたいな中途半端なライターが興味本位で話を聞きに行っていいのだろうか? そもそも、よく取材了承してくれたな、など様々な思いがうずまく。

思わず、その足で書店に向かい、なるべくまじめにマタギを取り上げた書籍を一冊購入し、少しでも予習してから行こうと思ってあわてて読みはじめた。
むずかしい漢字の本
むずかしい漢字の本
しかし、間に合うはずもなく、取材の日を迎えることになってしまった。仕方がない、ここはもう素直に話を聞くしかない。なるようになれ。

マタギとしては名乗ってない

知人の実家がある青森県の鰺ヶ沢町にやってきた。
完全に及び腰のわたくし
完全に及び腰のわたくし
駅からさらに車で山奥に入ったところまで行かねばならない。この日は、知人の弟さんがわざわざ車で迎えに着てくれた。
雪すごい
雪すごい
駅から車で数十分。赤石川の谷間を山に向かってさかのぼると、マタギの吉川さんのお宅に到着した。
「マタギ」だったという吉川さん
「マタギ」だったという吉川さん
知人のお父さん、吉川隆さんは15歳から山に入ってマタギとして仕事をはじめ、現在は「熊の湯温泉」という旅館を経営している。

突然、お宅におじゃました我々をこころよく迎え入れてくださった吉川さんだったが、さすが眼光は鋭い。

ーーマタギをされておられると聞いてうかがったんですが……。
「いまやってないよ」

え? と思ったのだが、話をよく聞いてみるとこういうことだ。

吉川さんは代々マタギを生業にする家系に生まれ、弘西山地(白神山地)で熊猟をして生活してきた。

しかし、弘西山地に林道を作る計画が持ち上がったさい、マタギの人たちはその反対運動に協力し林道計画を中止にまで追い込み、さらに弘西山地を「白神山地」と名付け、世界遺産指定まで持っていった。

ところが、世界遺産に指定されると、今度は一律に禁猟区が設定され、自由に猟ができなくなってしまった。
見せていただいた資料に載っていた昭和初期のマタギの人々
見せていただいた資料に載っていた昭和初期のマタギの人々
そのため、たくさんいたマタギの人たちは次々に辞めていき、今やもうマタギと名乗れるような人は残っていないのだという。

「昔話でもほら、おじいさんは山へ柴刈りにっていうでしょ、あれはただ燃料をとりに行ってるんじゃない、山の手入れをしにいってるってことなんです」

「山はちゃんと手入れしないと荒れてしまう、みんな、立入禁止にして手を付けないのが環境保護だと勘違いしてる。でも、それは違う」

……これはとても「たのしいよみものサイト」の記事とは思えないドキュメンタリーな話になってきた。やばい。

「毛むくじゃらな服着て猟したりしないんですか?」なんてとてもじゃないけど聞ける雰囲気じゃない……どうしたものか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ