ロマンの木曜日 2014年1月30日
 

かまいたちの夜、みたいな夜を

どこかで見たことあるやつ
どこかで見たことあるやつ
サウンドノベルが好きだ。
やったことのある人が多いだろうが、サウンドノベルとは本のようにテキストを読み進めていき、時折現れる登場人物の行動を選択するとストーリーが変わるといった内容のゲームである。
サウンドノベルといえば、弟切草、街、428と名作が多いが、あえてひとつあげるならば、「かまいたちの夜!」と答える人は多いのではないだろうか。僕もそのひとりだ。
友達に何気なく借りてきて、プレイしてみたはいいものの、何度もバッドエンドに迷い込み、吹き荒れる吹雪のゲームオーバー画面を呆然と見つめていたことを思い出す。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

前の記事:「産みまくれ!海亀散卵マシン」
人気記事:「魚屋の主人の魚拓をとる」


ストックで殺されてしばらく放心状態。
ストックで殺されてしばらく放心状態。
抜群に面白くて犯人が気になるけれど、怖くてプレイしたくない…そんな不思議な作品だった。
そんなかまいたちの夜の世界観を作り出したい!普通に考えれば写真素材を探して、画像編集ソフトで画像の切り貼りをすればいいのだろうが、僕にそんな能力はない。仕方がないので、無理やり工作でなんとかしよう。
かまいたちの夜のゲーム画面は、写真背景に青紫の登場人物のシルエット、その上にテキストといった構成でできている。
シンプルだけど画期的なゲームシステム。
シンプルだけど画期的なゲームシステム。
これを人力で何とかする。
さっそく東急ハンズで青い透明プラスチック板を買ってきて切る。
おらおら〜
おらおら〜
次にシルエットの参考にするため、写真を撮る。
誰かに語りかけているポーズ。
誰かに語りかけているポーズ。
写真を表示させたタブレットを使えば、簡単にシルエットが写し出せた。
これぐらいしか今回の工作書くことないぞ。
これぐらいしか今回の工作書くことないぞ。
プラスチック板をはさみで人型に切り取る。
慣れてきたので、フリーハンドでざくざく切る。
慣れてきたので、フリーハンドでざくざく切る。
切り取ったプラ板に透明のプラスチック棒を貼付けて、持ち手にすれば…
どこでもサウンドノベル!
どこでもサウンドノベル!
工作が完成したところで、今どこにいるのか紹介させて頂きたい。
ここは長野県白馬村にあるペンション、クヌルプの一室だ。
気づかれた方もいるだろう。そう、かまいたちの夜の舞台になった場所だ。
かまいたちの夜のゲーム内で使われている背景写真は、ここ、クヌルプで撮影されたものである。ファンの中では聖地として有名らしい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓