ひらめきの月曜日 2014年2月3日
 

いますぐエスカレーターファンが名古屋に行った方がいい理由

名古屋駅といえばの、4基並列エスカレーター
名古屋駅といえばの、4基並列エスカレーター
先日、全国の数少ないエスカレーターファンの方のおひとりからお便りをいただいた。私が「丸ボディ」と呼んでいるレトロなタイプの、それも照明つきのよりレアなバージョンのありがたい目撃情報だったのだが、それがなぜか名古屋に集中して何カ所もある。というわけで、時間を作って名古屋に行ってきたのだが、エスカレーターに少しでも興味があるなら、今すぐ名古屋に行った方がいいと思う。そのくらい名古屋はヤバかった。
1984年うまれ、石川県金沢市出身。邪道と言われることの多い人生です。東京とエスカレーターと高架橋脚を愛しています。
> 個人サイト 東京エスカレーター 高架橋脚ファンクラブ

最近東京でいちばんすごかった丸ボディ

と言っても、「丸ボディ」の何がすごいのか、エスカレーターに興味のない方にはわかりづらかろう。「丸ボディ」って私のつけたてきとうな呼称だし。
まずは見ていただくのが早いと思うのだが、せっかくなので最近東京で見たいちばんすごい丸ボディがこちらだ。
新宿のドラッグストアの片隅で眠っていた。これも別の目撃情報をいただいて出会えたもの。
新宿のドラッグストアの片隅で眠っていた。これも別の目撃情報をいただいて出会えたもの。
手すり下、欄干部分が丸みを帯びて出っ張り、かつ全部が乳白色のもの。これが、丸ボディ全照明タイプである。本当は乳白色部分が光るはず。
しかし、こちらはもうすでに故障して動かず、エスカレーター特有の乗り口部分の微妙な段差をスロープで解消してもらうという措置により、階段としての余生をまっとうしていた。全照明型エスカレーターが誕生したのは1950年代。その後、部分照明、全透明、透明薄型と順々に進化して、全照明型が作られることはなくなったから、機械としては相当の年代モノだ。そんなレアモノに対してひどい扱いだと思われるかもしれないが、全照明型エスカレーターのほとんどが、もはや撤去されるか、建物ごとなくなるかしている現状を考えるに、こうして残してくれているだけとてもありがたい。たとえ動かずとも。光らずとも。
東京で光ってるのは、こちら日本橋三越と、あとは東急東横店、ニュー新橋ビルぐらい。
東京で光ってるのは、こちら日本橋三越と、あとは東急東横店、ニュー新橋ビルぐらい。
初めて全照明タイプが納入された日本橋三越では、デパート側のご好意で、かつてのものを忠実に再現した綺麗なゴールド丸ボディが動いている。
東京じゃなくて光ってたのは、福井駅前の繊協ビル。裏日本希望の星。
東京じゃなくて光ってたのは、福井駅前の繊協ビル。裏日本希望の星。
いきなり場所が福井にとんだが、光ってる全照明タイプは全国的にみてもすごく少なくなっているのだ。なので、最優先収集対象として、目撃情報をいただくとけっこうすぐに現地にとぶようにしている。
これは京都の大丸。動いてるが、光ってない。
これは京都の大丸。動いてるが、光ってない。
そんな貴重な丸ボディ全照明タイプが、名古屋ではざっくざっくと見られちゃったというのが今日の話だ。
だー!いきなりの3基並列!
だー!いきなりの3基並列!
3基とも動いてる!光ってる!!
3基とも動いてる!光ってる!!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓