ひらめきの月曜日 2014年2月3日
 

いますぐエスカレーターファンが名古屋に行った方がいい理由

東芝の例のアレが見たい

以前にも紹介したことがあるのだが、世界で3基しかないという、全照明よりさらに激レアなエスカレーターが名古屋にはある。
東芝の例のアレ。欄干の形状が非常に独特。
東芝の例のアレ。欄干の形状が非常に独特。
このタイプ、ふつうの人はふつうのエスカレーターとしてのぼっていくくらい、気づかないといえば気づかない違いのようだが、私には衝撃だった。エスカレーターの概念を覆す勢いと言ってもいい。ぐるっとまわりこむはずの手すりがそのまま垂直にもぐっていくのだ。たとえば、漫画やアニメなどの背景で、こういう感じの欄干を持つエスカレーターが描かれることがあるが、今までなら「そんな形のエスカレーターねぇよ」って鼻で笑ってた。が、あったのである。
東京では日比谷の東宝ツインタワーに1基だけある。仲間うちでは「垂直落下タイプ」と呼んで愛でている。
東京では日比谷の東宝ツインタワーに1基だけある。仲間うちでは「垂直落下タイプ」と呼んで愛でている。
「全国で3基しかない。あと2基は名古屋」と中の人に教えていただいて、ずっと名古屋に想いをはせていた。おなじ中の人に、「あと2基ってどこにあるんですか?」ときけばいいのだが、いきなりきかないのが私のルール(そのほうが見つけたとき嬉しいから)。

そしてやってきたのが名鉄百貨店本店。
そしてやってきたのが名鉄百貨店本店。
想いをはせること数年、「あ、そういえば例の日本で3基のやつ、名古屋の駅前の名鉄でみましたよ」とついに目撃情報をゲットしたのである。ちなみに教えてくれたのは私のモノレール師匠、和田さんである(和田さんの紹介記事はこちら)。和田さんとお知り合いになっておいてよかった。

東芝じゃないレアなのばっかり見つける

名鉄、というと金沢出身の私にはなじみ深い存在である。地元のデパートが、大和と名鉄のふたつだったからだ。「めいてつ」が「名古屋鉄道」の略だと気づくのは大人になってからである。
が、その名鉄のお膝元である名古屋はすごかった。当たり前だが鉄道としての「名鉄」もあるし、名鉄バスセンターもあるし、百貨店もあるし、しかもその全部が複雑に入り組んでつながっていて、いったいどの名鉄の、どこに目当てのエスカレーターがあるのかわからない。金沢の例でつづけると、大和と名鉄と金沢駅の百番街と、ついでにホテル日航ぐらいまで、金沢のめぼしい建築物が全部つながってるぐらいの広さがあると思ってくれたらいい。
教えてくれたひとに聞く、のは私ルールにより最終手段である上、和田さんはソーシャルメディアとかに日常的にはいらっしゃらないのですぐお返事いただけるともかぎらない。うーむ。

と、さまよってるうち、めあてのエスカレーターじゃないレアなエスカレーターばっかり見つけた。
なんだろうこの鱗状の欄干。
なんだろうこの鱗状の欄干。
と思ってはっと足下を見ると、オーチスのデコプレートだった。
と思ってはっと足下を見ると、オーチスのデコプレートだった。
オーチスというのは世界で最も老舗のエスカレーターメーカーである。比較的新参で、低価格路線でいくシンドラーと比べると、ランディングプレートの種類も多種あるし、さまざまな形のエスカレーターがあるし、日本発祥の形である丸ボディタイプも生産しているしで、見所は多い。こちらの非常に凝った模様のランディングプレートは、オーチスの中でもややレア、コレクター価値的にはギザ10までいかないが最近めっきりみなくなった二千円札ぐらいである(貨幣コレクターではないのでてきとうですみません)。
なので見かけると嬉しい。
なので見かけると嬉しい。
ん。これもオーチス。って…
ん。これもオーチス。って…
こ、これは、オーチス、ESCAL-AIRE…?
こ、これは、オーチス、ESCAL-AIRE…?
あまりにびっくりしたのでブログに書いていたら、それを見た外国の方から、「たぶん興味あると思って」と言って、このESCAL-AIRE発売当初の広告ポスターの原画を教えてもらった(このページに載ってます。

これを見ると、おそらく透明薄型のまったく新しいエスカレーターを出すときに、オーチスがはりきって「ESCAL-AIRE」と商品名をつけたのだと思われる。「ESCALATOR」という言葉も、そもそもオーチスが登録商標していた商品名だったのだが、上のふつうのOTISと比べると、たしかに透明薄型は革新的なので、新しい名前をつけたくなっちゃう気持ちわかる。ふつうはどっちも同じエスカレーターとしか思われてないわけなのだが。
しかしESCAL-AIRE、日本だとここしか見ていないのでもしかするとここだけかもしれない。どうなってるんだ名古屋。

そうこうしてるうち、無事、目的のエスカレーターを見つけました。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓