フェティッシュの火曜日 2014年2月4日
 

その圧倒的白さ!ポテトサラダ定食めぐり

これがポテトサラダ定食だ
これがポテトサラダ定食だ
サラダでめしが食えるか。

そば屋で見かけたのはサラダ定食650円。怖いもの見たさにたのんでみると「ポテトサラダだけどいいかい?」とおっさんがいう。おっさんはくたくたの巨人帽をかぶっていた。いい、いい。この際なんでもいい。

そして出てきたポテトサラダ定食。その圧倒的な白さ。こんな白い定食があったのか。

家に帰ってすぐ検索し、他のポテトサラダ定食をさがした。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

練馬のポテトサラダ定食へ

検索をくりかえし、都内でポテトサラダ定食を出す4軒の店が見つかった。そのどれも似たような雰囲気がある。一店目は練馬の千曲食堂。
のれんに「大衆食堂」と書いてある練馬の千曲食堂
のれんに「大衆食堂」と書いてある練馬の千曲食堂
カウンターだけの店内。だれもいない。あふれ出る、味。
カウンターだけの店内。だれもいない。あふれ出る、味。

誰もいない店内

午後1時半。店に入るとカウンターだけの狭い店内。だれもいない。テレビがつけっぱなしなので営業はしているようだ。

しばらく待っていると「いらっしゃい」とおばあさんが出てきた。

ポテトサラダ定食はありますか? きいてみると、サラダに定食をつければできますよと。少々イレギュラーな頼み方なのだろうか。
単品に定食をつける形式だという。ここでもサラダ=ポテトサラダ。定食で450円。安い。しかしこの頼み方だと玉子焼き定食550円もできてしまうな。
単品に定食をつける形式だという。ここでもサラダ=ポテトサラダ。定食で450円。安い。しかしこの頼み方だと玉子焼き定食550円もできてしまうな。
ああ白い。そしてその出てくる早さも特徴にあげたい。白さ、早さ、めしの進まなさ。
ああ白い。そしてその出てくる早さも特徴にあげたい。白さ、早さ、めしの進まなさ。

その白さに圧倒される

まもなくポテトサラダとめし、みそ汁、遅れてお新香が出てきた。やはり白い。定食が白い。食べ物というよりはコピー用紙とかそのたぐいに近いんじゃないか。

大量に盛られたサラダは器やテーブルと同化して真っ白いキャンバスを形成している。おかげでこのたくあんの黄色がとにかくあざやかだ。
これが正しいのかどうかわからないがおれはソースをかけて食う。
これが正しいのかどうかわからないがおれはソースをかけて食う。

そのめしの進まなさ、冷たさ、多さ

生まれて二度目のポテトサラダ定食もまたその後のメインディッシュを待ちのぞんだまま終わるような食体験だった。

初めて食べたそば屋では同席者から唐揚げを分けてもらった。そして今回は黄色いお新香でめしをかきこんだ。

少しでもめしを食べやすくするために卓上のソースをかけて食う。成分的にはじゃがいも、マヨネーズ、ソースでコロッケに近い。しかしなれない。なぜだ。

この違和感は温度からくるのではないか。ポテトサラダはメインディッシュとしてはあまりにも冷たい。そしてメインに昇格したので山となって盛られている。

この冷たい山にソースをかけてめしと食うのだ。合ってるのか、これは。めしとして、そしてそれを食う人類として正しいのか。そこから考えていきたい。
なれない。いつになったらメインディッシュがやってくるのだろうという味
なれない。いつになったらメインディッシュがやってくるのだろうという味

これは背徳の味なのか

このポテトサラダ定食、よく出るのかおばあさんにきいてみたところ「出てますよ。うちは単品でやってるでしょう。ポテトサラダとなにかもう一品とかね」という。やはりもう一品か。

そういえばこのお新香も遅れて出てきた。(……この人ポテトサラダしか頼まないな)と思って出したのかもしれない。

となるととたんに分からなくなってきた。

はたしておれのやってることは正当なのか。それともいけないことなのか。このソースをかけて食ういもとめしは、正義かそれとも罪悪か。
ポテトサラダ定食がある街はどこかなじみやすくあたたかい雰囲気だ
ポテトサラダ定食がある街はどこかなじみやすくあたたかい雰囲気だ

東十条のとんかつの名店へ

つづいてのポテサラ定食は東十条のみのや。検索したところ安くてうまいとんかつの名店として出てきた。
どうやら行列ができるらしい。とんかつを食べてみたいものだ。
どうやら行列ができるらしい。とんかつを食べてみたいものだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ