はっけんの水曜日 2014年2月5日
 

カップを飛び出せ!ラテアート

ジャーン!まあ、安い価格帯のやつなんですが。
ジャーン!まあ、安い価格帯のやつなんですが。
ネットって便利だなあ。こんなでかい電気製品がクリックひとつで 自宅に配送されてくるのだ。これでよりうまくいくはず。自分に甘すぎるおっさんがラテアートにふたたび挑戦だ。
おースチームゴボゴボ。楽しい。
おースチームゴボゴボ。楽しい。
確かにできあがったミルクフォームのキメ細かさが違う。
これならばエスプレッソに優雅なハートを描き出してくれそうだ。
これがせいぜい……結局ウデが大事なんですね……
これがせいぜい……結局ウデが大事なんですね……

中途半端なスキルのまま本題へ

ここまでハートを描くのに悪戦苦闘してきたが、私がエスプレッソマシンを購入してまで目指すゴールはハートではない。
ラテアートはカップを飛び出し、もっと自由になるのだ。浄土を目指すのだ。
ラテアートからラテを取る…… いや、別に取れないな。しからばアートを取る……これも違うな。もういいや、ジェラール・ドパルデューからジェラール取ろう。
というわけで早速ドパルデューの実践である。

ペヤングでほっこり

ぼくらのソウルフード。ペヤングソースやきそば。
ぼくらのソウルフード。ペヤングソースやきそば。
いくつになってもうまいよね。いただきます。
いくつになってもうまいよね。いただきます。
きれいに洗った容器にエスプレッソを投入し、スチームしたミルクを注ぐ。
ゼリーにしたくなった。
ゼリーにしたくなった。
これでキャンバスができた。
これでキャンバスができた。
あとはここに楊枝とコーヒーでひたすら描きこむのみだ。
何を?
フタを。
フタを。
なぜいちいちペヤングのふたをラテに描くのか。ラテアートで好きなものを描きたいと思ってまず脳裏に浮かんだのがこれだったからだ。
びびって後回しにした「ペヤング」と「やきそば」以外 完成。
びびって後回しにした「ペヤング」と「やきそば」以外 完成。
細かい注意書きや成分表などは書けなかった。きっと書けちゃう人はいるんだろうな。米粒にボッティチェリ描いちゃうみたいな人が。
大仏開眼のような厳かな気持ちでやきそば。
大仏開眼のような厳かな気持ちでやきそば。
微妙だけど完成!
微妙だけど完成!
ランチョンマットでほっこり。
ランチョンマットでほっこり。
おいしくいただきました。選べないドリンクバー状態。
おいしくいただきました。選べないドリンクバー状態。
長年見慣れたパッケージでも、このようにラテに模写して見ると、あ、「ソース」ってふたには書いてないのだなあ、とか気付きがあって有意義だった。

写仏でほっこり

忿怒(ふんぬ)の姿で降魔の利剣を振りかざし、あらゆる災魔を屈服させる不動明王様をラテアート化。描き始めた瞬間に髪の毛とかバックの炎とか、いろいろ自分の限界を超えていることがわかった。
剣のするどさが失われて松井棒みたいになった。
剣のするどさが失われて松井棒みたいになった。
ほっこりありがたや。
ほっこりありがたや。
一心不乱で描きすぎて全然写真を撮ってなかったのでさくっとまたカップに戻ります。別の意味で飛び出しますが。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓