ロマンの木曜日 2014年2月13日
 

女子大生と鹿猟に行く

鹿を狩って、解体もします!
鹿を狩って、解体もします!
猟師という人々がいる。鹿やイノシシを罠や鉄砲を使い狩る人たちのことだ。近年はなり手が少なく、鹿やイノシシが増え、作物への被害も増えているそうだ。

そんな貴重な猟師の狩りに同行するツアーが行われた。東京農業大学主催の真面目なツアーだ。ぜひ参加して猟師を知り、将来的には猟師になろうと思う。
1985年福岡生まれ。思い立ったが吉日で行動しています。地味なファッションと言われることが多いので、派手なメガネを買おうと思っています。
> 個人サイト Web独り者 彼女がいる風の地主恵亮

山梨県の山の中

女子大生という輝かしき存在がいる。スポットライトのように眩しいやつだ。そんな存在と鹿猟に行く機会に恵まれた。東京農業大学の多摩川源流大学というプロジェクトが主催する一泊二日のツアーだ。猟師を体験できるプログラムである。
ということで、奥多摩駅にやってきました
ということで、奥多摩駅にやってきました
山梨県の小菅村という生まれて初めて聞く村の猟師さんに密着する。小菅村へは奥多摩駅から一日4往復の路線バスがあり、これが小菅村に行く唯一の公共の交通機関だ。ちなみに今回のツアーは農大生と一般の方が参加している。
こういうツアーです!
こういうツアーです!
今回は人数が多いので貸し切りバス。女子大生と一緒のバスに乗り、奥多摩湖の横を通り、どんどんと山の中へと進んで行く。景色は冬の晴れた暖かい休日から、雪の積もった村の現実へと変わる。村は山の中で寒い場所にあるのだ。
女子大生と山の中!
女子大生と山の中!
外は雪景色!
外は雪景色!

猟師になるには

小菅村にはかつて二つの小学校が存在した。正しくは本校と分校の二つがあったのだ。ただし村民は最盛期の半分にまでなり分校は廃校となり、現在は多摩川源流大学の事務所として機能している。そこでまずは猟師の知識を得る。
みんなマジメ。女子大生と一緒に授業と思うとちょっとウキウキ
みんなマジメ。女子大生と一緒に授業と思うとちょっとウキウキ
狩りをするのには狩猟免許を取らなければならない。試験は年に2回行われ、それだけなら3万円程で取ることができる。

ただしこれは罠の免許で、サッカー選手にサッカーボール、オペラ鑑賞にオペラグラス、そして猟師に鉄砲である鉄砲を使うには、そこからさらに申請や試験を受けなければならない。こちらはプラス10万円くらい。鉄砲は高い。
分校にスズメバチの巣が普通にあったジメ。女子大生と一緒に授業と思うとちょっとウキウキ
分校にスズメバチの巣が普通にあったジメ。女子大生と一緒に授業と思うとちょっとウキウキ
罠だけでいいなら、狩猟免許と各都道府県の猟友会に入会すれば猟師デビューできる。鉄砲をあきらめれば猟師のハードルは低いようだ。猟師に興味がある人が多いようで、いくつもの質問が参加者から出ていた。猟師になりたい女子大生、「狩りガール(仮)」である。
スズメバチへの対策が雑!
スズメバチへの対策が雑!

鹿が増えております

全国的にいま鹿の被害が増えている。そのため禁猟の期間も有害鳥獣駆除として猟が行われる。その期間は鹿とイノシシは15000円、サルは2万円という金額が捕まえることで猟師に支払われる。ちなみに猟師の人気はイノシシ。美味しいかららしい。
ということで山に行きます
ということで山に行きます
雪だ。九州育ちの私は未だに雪が好きなのだけれど、雪山をこの後、猟師と共に3時間も歩くと思うと雪が嫌いになる。しかし、その横では女子大生たちが目を輝かせている。農大なので男子学生もいるのだけれど、女性の方がテンション高めだった。いま女性の間ではどうやら猟師が熱いらしい。ananで特集を組まれる日も近い。
すごい山の中に来た
すごい山の中に来た

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓