はっけんの水曜日 2014年2月12日
 

雪の中に穴を掘って一晩過ごしてみた

東京では45年ぶりに記録を更新した大雪の土曜日。家を出た時点で葛西駅前は雪が積もってた。
東京では45年ぶりに記録を更新した大雪の土曜日。家を出た時点で葛西駅前は雪が積もってた。
積もった雪に穴を掘って中で寝る。いわゆる雪洞ビバークである。冬眠中の熊みたいだが、冬山に登る人は普通にやる事らしい。

冬の登山は装備がたくさん必要なので、テント分の荷物を減らしたくて雪洞を選ぶ人もいる。本当は日帰りするつもりだったんだけど、トラブルが起きた為に雪洞を掘って急場をしのぐ場合もある(その時点で遭難なんですが)。

今のところそういう目にあったことはないが、いつ雪洞ビバークをする羽目になるかも判らない。という事で、雪深い山の麓でビバークの訓練をしてきました。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

着いた場所は登山口の斜面

今回は所属している山岳会の訓練として雪洞ビバークを行った。朝、東京を出発して北関東某所の山の麓、登山口にある斜面へ連れて行ってもらった。
こういう斜面で雪洞を掘りました。練習なので山は登りません。
こういう斜面で雪洞を掘りました。練習なので山は登りません。
雪洞は掘る場所選びが肝心である。雪崩や強風、落石などが起りそうにない安全な場所を選ばなくてはならない。また、雪の深さが2mはないと作りにくい。雪質も重要で、新雪ではなく締まった雪で2mである。フカフカの新雪に雪洞は掘れない。

雪の深さや雪質は雪崩救助に使うゾンデ棒という道具で調べる。ゾンデ棒は折りたたみ式で、伸ばせば3mほどになる。これを雪に突き刺して調べるのだ。
折りたたむと赤い袋に入る。そして軽い。
折りたたむと赤い袋に入る。そして軽い。

ひたすら掘ります

場所を決めたらあとは掘るだけ。まずは斜面を垂直の壁にする。中には氷の層なんかもあってスコップが入りにくい場所もあるが、頑張って掘る(持ってればノコギリで雪を切る)。
ザクザク掘りますが、下の方に氷の層があって難儀しました。
ザクザク掘りますが、下の方に氷の層があって難儀しました。
なお、ここで使っているスコップも雪山用の物である。軽くて丈夫で、ブレードとシャフトを分離すればザックに入る。
青いブレードが可愛かったのでこれを選んだ。ブラックダイアモンドのトランスファー3というスコップである。
青いブレードが可愛かったのでこれを選んだ。ブラックダイアモンドのトランスファー3というスコップである。
こんな風に分離する。
こんな風に分離する。
シャフトを伸ばすとこんな感じ。
シャフトを伸ばすとこんな感じ。
手に持つとこんなサイズ感である。山道具ってやっぱ可愛い。
手に持つとこんなサイズ感である。山道具ってやっぱ可愛い。

ガンガン掘っていく

垂直の壁を作ったら横穴を掘る。雪洞の入り口である。入り口は作ってる最中なら多少大きくても問題無い。最終的には雪のブロックを積んで小さくするからだ。
ひたすら掘ります。掘ってる途中は入り口が多少大きくないと作業しにくい。
ひたすら掘ります。掘ってる途中は入り口が多少大きくないと作業しにくい。
最後にはこれくらいの大きさにしました。縦横1mくらいの穴。雪のブロックで入り口を小さめにしました。
最後にはこれくらいの大きさにしました。縦横1mくらいの穴。雪のブロックで入り口を小さめにしました。
入り口から掘り進めて、ある程度の空間が出来たら左右どちらかに折れ曲がって掘り進める。一直線だと風が吹き込んで寒いし、雪が少ないと地面にぶつかってしまう。

長さは横に2mくらい、奥行きと高さは1mちょい。天井は高い方が開放感があるが、高すぎると寒い。頭は入り口に近い方へ。もし落盤した時にも脱出しやすいからだ。

雪洞が崩れる事って割りと良くあるのらしい。マジか。

一人分なら大体こんなイメージを持って掘る。
一人分なら大体こんなイメージを持って掘る。

一人の作業は結構大変

さて、一人分の雪洞は自分一人で掘らなきゃならない。なので、雪洞の中を掘って出た雪は自分で外に出す。じゃないと入り口が埋まってしまうのだ。
気付くと入り口が埋まってる。閉所恐怖症の人にはキツイ作業かも。
気付くと入り口が埋まってる。閉所恐怖症の人にはキツイ作業かも。
掘っては雪をかきだし、掘ってはまたかき出すという作業を続け、ようやく中で寝転がれる程度の空間が出来た。これでほぼ完成である。

あとは細かい内装や外装だけ。天井をドーム状にならしたり、土間や棚、入り口のカーテンを付けたら完成だ。
足を伸ばすと楽ですわー。
足を伸ばすと楽ですわー。
壁に棚を作る。ロウソクを立てたり、小物を置いたりするのに使う。
壁に棚を作る。ロウソクを立てたり、小物を置いたりするのに使う。
入り口はレジャーシートやツエルト(小型テント)などでカーテンを掛ける。これ、必須です。ないと大変な事になる。
入り口はレジャーシートやツエルト(小型テント)などでカーテンを掛ける。これ、必須です。ないと大変な事になる。
エアマットを敷いてみるとこんな空間。カプセルホテルみたいで、結構居心地が良い。寒いけど。
エアマットを敷いてみるとこんな空間。カプセルホテルみたいで、結構居心地が良い。寒いけど。

ちょっと失敗した、雪洞あるある

ここで一つ白状しておくが、今回の雪洞を作るにあたっては一つ失敗があった。最初の壁を作る時点で掘り方が浅かったらしく、天井がかなり薄くなってしまったのだ。外の明かりが透けて見えるほどに薄い。

これだと、雪が上に積もると天井が抜けかねないので危険だ。
雪洞あるある。ついうっかり天井を薄くしてしまいがち。薄いとこで、大体厚さ20cmくらいになっちゃった。
雪洞あるある。ついうっかり天井を薄くしてしまいがち。薄いとこで、大体厚さ20cmくらいになっちゃった。

ここからが楽しいわけですよ

さて雪洞が出来た。あとはご飯を食べて寝るだけだ。ここからしばらくは楽しかった。

続きは次のページ。
とりあえず出来たので休憩。ランチパックのボルシチです。前日スーパーに行ったら大雪の予報にビビッた都民が食料の買いだめに走ったせいで、こういうマニアックなやつしか残ってなかった。
とりあえず出来たので休憩。ランチパックのボルシチです。前日スーパーに行ったら大雪の予報にビビッた都民が食料の買いだめに走ったせいで、こういうマニアックなやつしか残ってなかった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓