はっけんの水曜日 2014年2月12日
 

雪の中に穴を掘って一晩過ごしてみた

ようやくビバーク終了

寒くて長い夜だった。もう、ずっと布団と温泉の事を考えていた。布団や温かい家がどれだけありがたいものなのか。

とはいえ、完全に外で寝るのと比べたら雪洞は温かい。そこら辺に転がしておいた水のボトルが凍ってなかったので0℃以上はあったようだ。
撤収します。一晩ありがとう。
撤収します。一晩ありがとう。
使い終わった雪洞は、特に今回の様な天井の薄い雪洞は壊しておく。もしこの上を誰かが歩いたら踏み抜いて危ないからだ。

作るのは大変だけど壊すのは簡単です。
作るのは大変だけど壊すのは簡単です。
天井の厚みは奥の方で1mくらい。壁の凹みは、ロウソクと小物の棚である。どんな感じで作ったのか書き込むと下の写真みたいになる。
一人ならこのくらいの広さで十分でした。初めて1人で作ったにしてはよく出来た方みたいです。
一人ならこのくらいの広さで十分でした。初めて1人で作ったにしてはよく出来た方みたいです。
次の日は朝から雪上訓練。滑ったりひっくり返ったりして雪まみれになりました。斜面でグルグル回った。

しんどいけど、体を動かしてる方が温かいので凍えるよりは数段マシです。
雪山を安全に登るには色んな技術や道具、経験が必要なんだなぁ。
雪山を安全に登るには色んな技術や道具、経験が必要なんだなぁ。
ちなみに、僕が4ページに渡って書いてきたビバーク体験記、風雪のビヴァークでは『急雪面に穴を掘ってツェルトを被った』と一文でサラッと書いてたりする。事件がないビバークなんて日常の一部だったのだろう。

出来るだけ予定外のビバークはしたくない

ぺったんこのエアマットとシュラフカバーという、かなり酷い装備での雪洞ビバークを堪えることが出来ました。これは大きな自信となりました。ドンと来い緊急避難。

が、やっぱ予定外の雪洞ビバークはしたくないもんですな。寒くて眠れないのはツライです。せめて寝袋は欲しい。装備が豊富なら雪洞泊も楽しいので、また今度、雪洞泊前提でどこか雪山に行きたいなーと思ったのでありました。

なお、この訓練は近くに経験豊富なリーダーが付いてて安全を確保した上で行っております。雪山初心者だけで真似しないように。
上野駅で食べた立ち食いそばが美味いのなんの。
上野駅で食べた立ち食いそばが美味いのなんの。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓