ちしきの金曜日 2014年2月14日
 

ダムの活躍を讃える会を催したら大変なことになった

ダムの活躍を讃える会を催したらこんな大変なことになりました(撮影:星野夕陽)
ダムの活躍を讃える会を催したらこんな大変なことになりました(撮影:星野夕陽)
ダムが好きになってはや十数年。自分が観に行くだけに飽き足らず、楽しさやかっこよさを人に伝えたりしているうち、役割や実際のはたらきを目にする機会も増え、その魅力にますますのめり込んだ。

しかし、ふつうに暮らしているとダムの活躍はあまり耳に入ってこない。そこで、1年間のダムの活躍を表に出し、讃えようとイベントを開催した。あくまでファン目線で。

その結果、何だか大騒ぎの事態になってしまったのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「この液体が高い」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


ダムの活躍を表に出したかった

ことの発端は一昨年の年末。何気なくTwitterでその1年のダムの活躍を振り返っていたところ、多くのダムファンの友人から「あのダムがこんな活躍をしたよ!」と教えてもらった。
何気ないつぶやきが人生を変えた
何気ないつぶやきが人生を変えた
ずっとダムのことばかり考えていても、自分の生活に関係ない地域だと忘れていたり、知らなかった活躍がたくさんあったのだ。これは面白い、いくつかの部門を作ってみんなで侃々諤々と決めるイベントをやりたい、と思ったのだけど、年末で時間もなかったので、ひとまず当サイトの記事として発表した
これが記念すべき第1回
これが記念すべき第1回
記事自体はまあ、それほど目立った反響もなかったのだけど(違和感もほとんど出なかった、というのは時代が変わったなと思う)、1年間のダムの活躍を振り返ってノミネートを考え、いろいろな要素を比較したうえで受賞ダムを決める、という過程はものすごく楽しかった。
書いてた本人も驚く結果に!
書いてた本人も驚く結果に!

イベントにするぞ

というわけで、去年は夏前からイベント化を企画。いつもダムのイベントでお世話になっている東京カルチャーカルチャーの横山店長に、かなり早い段階から年末に予定を組んでもらい、ダムファンの友人たちにも情報収集をお願いした。

記録的な大雨や水不足が起こった夏が過ぎる頃、ダムファンの友人たちと「日本ダムアワード選考委員会」を立ち上げ、ネット上に会議室を作って、まず選考する部門を決め、そしてそれぞれの部門にノミネートするダムを考えた。

イベントは、出演者の中から各部門ごとに1〜2名のプレゼンターを決め、部門ごとにノミネートされたダムを全力でプレゼン。その後、観客の皆さんにあらかじめ配布しておいた投票用紙に記入してもらい、投票されたものを集計。イベントの最後に結果発表、という流れ。初めての開催だけど、さも格式のあるイベント感を出すために壇上は全員正装である。
生まれて初めて蝶ネクタイつけたと思う
生まれて初めて蝶ネクタイつけたと思う

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓