チャレンジの日曜日 2014年2月23日
 

「美味しんぼって」ってどんなヤツ?〜解答編〜

!
いろいろあったソチ五輪も明日で閉幕。これでやっと日常(佐村河内氏の件)に戻れます。
……ん? でもその前になにか忘れていたような……。
そうそう、先々週募集した「美味しんぼ」の正体を発表しなくてはなりません。

国民的グルメ漫画「美味しんぼ」には、主役の「美味しんぼ」が出てないじゃないか!
そんな無理やりな主張を真に受けたみなさんから、たくさんの「美味しんぼ」が集まりました。

いまにして思うと、なんでそんなモン募集したのかとも思いますが、せっかく送っていただいたので紹介しますね!
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。
> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

多分タッパーなどを常備し、固めのバケットでディフェンスしているが、根が「美味しんぼ」なので舌をだした憎めない奴。 しみべん
多分タッパーなどを常備し、固めのバケットでディフェンスしているが、根が「美味しんぼ」なので舌をだした憎めない奴。(しみべん)
憎めはしないけど、かなりイラっときます。
美味しんぼう(41)東大文V卒。私生活はなぞだが、やきとりは塩派。 とーだいもり
美味しんぼう(41)東大文V卒。私生活はなぞだが、やきとりは塩派。(とーだいもり)
学歴持ち出してくる時点で無視!
「美味しんぼ」に隠されていたのは、そうです、あの日本を代表する美味しい笑顔「みなみしんぼう」さんでした!最終回ではきっと棒にささって降臨する!  大倉野のりゆき 
「美味しんぼ」に隠されていたのは、そうです、あの日本を代表する美味しい笑顔「みなみしんぼう」さんでした!最終回ではきっと棒にささって降臨する!(大倉野のりゆき)
ダジャレでした。頭食べると「ハズレ」って出そう。
おそらく民話の「でいたらぼっち」と氷菓の「ガリガリくん」が混ざったような姿。五分刈り。なんか和服。結局塩むすびが一番好き。目は新聞社のアイツに似ている。「あ…」と言っただけで「こいつ腹減ってるな」と分からせる何かがある。何でもうまそうに食べるが満腹になったことがない。 井沢
おそらく民話の「でいたらぼっち」と氷菓の「ガリガリくん」が混ざったような姿。五分刈り。なんか和服。結局塩むすびが一番好き。
目は新聞社のアイツに似ている。「あ…」と言っただけで「こいつ腹減ってるな」と分からせる何かがある。何でもうまそうに食べるが満腹になったことがない。(井沢)
つまり巨大な山下清!
「さみしんぼ」のニュアンスで「美味しんぼ」をアピールしてくる しょん
「さみしんぼ」のニュアンスで「美味しんぼ」をアピールしてくる(しょん)
山岡と一度だけ体の関係がある。
物凄くアンニュイな奴です。美食家ですが、殆ど食いません。 TOKUNAGA
物凄くアンニュイな奴です。美食家ですが、殆ど食いません。(TOKUNAGA)
え? コイツの夢オチ?
美味しんぼという作品には人間の食というものに対する姿勢が表現されていたように思います。生命の営みを支える食を司る神の姿こそ「美味しんぼ」にふさわしい。私にとっての「美味しんぼ」とはこのような姿でした。 ぜんぶ茎のせいだ
美味しんぼという作品には人間の食というものに対する姿勢が表現されていたように思います。生命の営みを支える食を司る神の姿こそ「美味しんぼ」にふさわしい。私にとっての「美味しんぼ」とはこのような姿でした。(ぜんぶ茎のせいだ)
このような姿でしたか……怖いよ!
最終回で正体がわかります。(TOKUNAGA)
最終回で正体がわかります。(TOKUNAGA)
もうお分かりですね!
身近な人が実は犯人、という物語の原則から富井富雄が美味しんぼ。かの北大路魯山人が設立した本家「美食倶楽部」影の主宰者である。毎度毎度トラブルメーカーとして士郎らを窮地に立たせるが、これも試練を与えることで彼らの成長を促している意図がある。(g-udon)
身近な人が実は犯人、という物語の原則から富井富雄が美味しんぼ。かの北大路魯山人が設立した本家「美食倶楽部」影の主宰者である。毎度毎度トラブルメーカーとして士郎らを窮地に立たせるが、これも試練を与えることで彼らの成長を促している意図がある。(g-udon)
正解でました!
「美味しんぼ」の「ぼ」は元々「棒」という意味だった。 時が来れば天より現れ、人類グルメ史に終止符を打つ。(大伴)
「美味しんぼ」の「ぼ」は元々「棒」という意味だった。 時が来れば天より現れ、人類グルメ史に終止符を打つ。(大伴)
味覚、終了。
文章だけのお便りではこんなご意見も……

「美味しんぼ」とは人間たちの「美味しい」の犠牲になった動物たちの霊。童貞または処女のベジタリアンに「見える!」とか言うやつがたまにいる。(お仏壇のゆっこ)

究極とか至高とか言ってないでありがたく食べましょうよ。

「美味しんぼ」とは「美味しい」と「通信簿」を掛けあわせた雄山の造語。
最終回で雄山が士郎に「美味しんぼ」を渡します。「味の知識」「親に対する態度」等では「もっとがんばりましょう」ばかりでしたが最後の「家族と食事を楽しむこと」だけは花マル!これには士郎も涙、涙。感動のフィナーレです。(フライハイ)


延々そんな話に付き合わされていたのか……逆に感動!

たくさんの「美味しんぼ」ありがとうございます!

なんというか、いい感じでガッカリできました。みなさんのおかげでおぼろげながら最終回も分かったので、これからは安心して「美味しんぼ」を楽しめると思います。
それでは日常(大沢樹生氏の件)に戻ります。またなんか思いついたら募集しますのでよろしく!
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓