はっけんの水曜日 2014年2月26日
 

ラピュタのような島の辺り一帯がなんか妙

ジブリアニメの天空の城ラピュタのような島が和歌山県にあると聞いた。

なんとなく行ってみたら、なんていうか、そこら辺一体が変な感じだった。そこら辺。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

確かにラピュタっぽいかも

このラピュタっぽいと評判の島、名前を友ヶ島といい戦時中に要塞などとして使われていたそうだ。その要塞が風化して植物の生い茂る感じが確かに忘れ去られた空中都市ラピュタを思わせる。
良い隠し通路感。
良い隠し通路感。
その要塞部分も立ち入ることができ、異世界を探検しているような気分を味わえる。
通路の向こう側の空間に感じるワクワクよ。
通路の向こう側の空間に感じるワクワクよ。
時のせいか、周りの自然環境か、要塞と言っても重苦しい感じはなくノスタルジックでワクワクした感じを抱く。
パッと開けた時のわっさりもっさり感。
パッと開けた時のわっさりもっさり感。
そのワクワクを受け止めて更に超えるような光景が目の前に広がっていく。あぁ、確かに、確かにラピュタっぽい。このように自然との組み合わせの魅力もあり
ライトで照らさないと全く見えない地下へ続く階段。
ライトで照らさないと全く見えない地下へ続く階段。
要塞自体のかっこよさもある。縦横無尽にめぐらされた要塞は入り組んでいて、ライトで照らしながらでないと移動もできないくらい、真っ暗なところもあったり、単純に探索するだけでもドキドキする。
すえた空気が溜まっている部屋で行き止まり。
すえた空気が溜まっている部屋で行き止まり。
そして最後まで行くと大きな部屋で行き止まり。何らかの貯蔵庫とかっぽいが今は空っぽ。じっとりと重く、カビ臭い空気が閉じこもっていた時間を感じさせる。
戻るとき、嫌な予感がして上を照らしてみると小さなクモがいっぱいいて、ギャッ!!!ってなった。
戻るとき、嫌な予感がして上を照らしてみると小さなクモがいっぱいいて、ギャッ!!!ってなった。
もし本当にラピュタがあったとしたらこういう部屋もあったりするんだろうな。という関係のないところで想像が膨らむ。

バルス後の状況っぽかったりもする。

ただの休憩所も何やら雰囲気のある感じになっている。
ただの休憩所も何やら雰囲気のある感じになっている。
建物や植物の状況がラピュタっぽい感じになっているが、通常時のラピュタの様子だけではなく滅びの呪文「バルス」を唱えたあとのようなところまである。
崩落していく砲台。
崩落していく砲台。
かなり時間が経っているため、海に面した砲台などが崩れていっている。その崩壊っぷりが映画の一場面を思わせる。
上から見るとこういう感じ。
上から見るとこういう感じ。
映画では崩壊していくところを見ても、すごい。くらいの感想だったが実際に崩れていく要塞のようなものを見ると、これは危ないな。怖い。と現実的な感想を抱く。

映画では敵役を倒すために滅びの呪文を唱えたが、実際に自分が立っているところが崩壊とかしちゃったら「ええっ!!ちょ!!?、おおお、まじやばいってこれ、うおおおお」って絶対なる。主人公達は冷静ですごい。
これだけじゃなく、他にもたくさんいろいろなところがある。
これだけじゃなく、他にもたくさんいろいろなところがある。
まだまだそれっぽいところはあるが、ラピュタっぽい島のラピュタっぽい部分はこういう感じだ。それではラピュタっぽくない部分もご覧頂きましょう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓