はっけんの水曜日 2014年3月5日
 

冬のイソギンチャク すぼまりンピック

)いろんな湾ですぼんでもらいました。
いろんな湾ですぼんでもらいました。
干潮の磯に出来た水たまり(タイドプール)でカニやヤドカリなどの生き物を探す「磯遊び」
磯遊びといえば夏だと思っていた。しかし今考えてみると、それは太陽のまやかしではなかっただろうか。

そう思ってこの冬、私は磯に向かった。そこには触るときゅっとすぼまってかわいいイソギンチャクいっぱい。相模湾、東京湾、駿河湾をめぐる、すぼまり三都物語が幕を開けたのだった。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「カップを飛び出せ!ラテアート」
人気記事:「クモを酔わせてどうするつもり」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ほんとに誰もいなかった

海を訪れる人が激減するシーズンオフ、つまり真冬なら誰気兼ねなく磯を満喫できるに違いない。プライベート磯だ。よっしゃ、磯がば回れだ。急げ。
思いつきで1月の下旬、三浦半島は油壺にやってきた。以前夏にスベスベマンジュウガニを探しにやってきた磯である。
2012年の夏に撮影。
2012年の夏に撮影。
そして冬。青藻が岩を覆っている。
そして冬。青藻が岩を覆っている。
プライベート磯だ!よろこぶおっさん。
プライベート磯だ!よろこぶおっさん。
刺すような寒さの冬の海、辺りに人気はない。海の家の焼きそばや浜辺のバーベキューにさえぎられる事のない、ピュアな磯の香りが匂い立っている。
タイドプールをのぞくと、夏に所せましと駆け回っていたカニは数を減らし、かわりに目を引くのは息をひそめるように静かに活動している生き物達。
防水デジカメで水中撮影するといろいろ楽しい
防水デジカメで水中撮影するといろいろ楽しい
ヤツデヒトデもくっきり
ヤツデヒトデもくっきり
ヤドカリがごそごそ重なる動画もかなりクリアに、ただし手が壊死するかと思う程に冷たいです。
でかいウニ!
でかいウニ!
裏返してトリミングするとマンガの集中線に見えないかという試み。
裏返してトリミングするとマンガの集中線に見えないかという試み。
夏はカニがでかく
夏はカニがでかく
冬はウニでかし
冬はウニでかし
そして触手をゆらめかせ、海中に咲く花のようにたたずんでいるイソギンチャク達。
ヨロイイソギンチャク。砂粒や貝殻を鎧のように体に付けて身を守る。
ヨロイイソギンチャク。砂粒や貝殻を鎧のように体に付けて身を守る。
タテジマイソギンチャク。イソギンチャク界きってのモッズ系。
タテジマイソギンチャク。イソギンチャク界きってのモッズ系。
クラゲなどと同じ刺胞動物の仲間で、ゆらんゆらんしている触手に刺胞毒といわれる毒を持ち、小動物を捕らえて捕食する。
ウメボシイソギンチャク
ウメボシイソギンチャク
植物と見紛う程に動きの少ない彼らだが、指等でこつんと刺激を与えると、触手をたたみ、その名の通り巾着袋のようにすぼまるリアクションで防御姿勢をとる。
ヒュッとひっこむ。
ヒュッとひっこむ。
種類や個体によってすぼまりのフォームもそれぞれで、見ていて飽きない。
みゅわっとすぼまる。
みゅわっとすぼまる。
いろいろな磯でイソギンチャクをすぼまらせてリアクションキングを決めよう。ソチの2億倍地味な、冬のすぼまりンピックの開催だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓