ロマンの木曜日 2014年3月13日
 

教室机の引き出し「ノアのハコー」という文化

夏休み前の最終登校日、私たちは「ノア」の上にあさがおの鉢植えや上履きを乗せて下校した
夏休み前の最終登校日、私たちは「ノア」の上にあさがおの鉢植えや上履きを乗せて下校した
7月になると、夏休みに入る小学生が学校から大量の荷物をえっちらおっちら持ち帰るのをよく見かける。夏の風物詩である。

私が育った近所では、小学生たちは青いお盆のようなものに荷物を乗せて下校した。

青いお盆。

そう、それこそが教室机用の引き出し、「ノアのハコー」である。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。

前の記事:「舞茸で魚肉ソーセージが崩壊した過去」
人気記事:「古い「暮しの手帖」のくらべ記事を調べてみた」

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

全国的に使われているけど、知らない人は知らない

これを読んでいる方のなかに、「ノア」もしくは「ハコー」と呼ばれる学校用の引き出しをご存じの方はどれくらいいるだろう。

知っている人にとっては強烈すぎるほど当たり前なものかもしれないが、知らない人には見たことも聞いたこともない物なのではないか。
これが、ノア社の学校用引き出し「ハコー」!
これが、ノア社の学校用引き出し「ハコー」!
これ、教室机の中に収納しひき出して道具箱として使うものである。中には定規にもなる仕切りがあり、小学生だった私は片方に教科書やノート、もう片方に文具を収納していた。
このように一気に教室机の家具度がパワーアップする
このように一気に教室机の家具度がパワーアップする
仕切りが定規になっていたことはすっかり忘れていて、久しぶりに見て「うわ〜〜っ」っと歓声を上げてしまった
仕切りが定規になっていたことはすっかり忘れていて、久しぶりに見て「うわ〜〜っ」っと歓声を上げてしまった

カルチャーショックとしての「ノア」

私は小学校5年生の夏に引っ越しをしているのだが、引っ越す前の小学校ではこんな引き出し見たことなかった。

それまでの学校では机に入れていたのは厚手のボール紙でできた箱であり単純に「お道具箱」と呼んでいた。児童がそれぞれ任意で用意したもので統一感もゼロであった。

それが、新環境では同級生たちは一様にこのプラスチック製の引き出しを「ノア」と呼んで親しみ使っているのだ。

なんだ、あれは。

そう思った。昔の人が急に未来に連れてこられた状態だ。ノアという呼ばれ方もどこか謎めいている。

引っ越しという、急激に異文化に放り込まれるあの感じをリアルに感じさせてくれたのもこのノアだったかもしれない。
こんな引き出し、おら、見たことねえだ…! スゲエ……! みたいに(言い方はこんな田舎っぺ大将風ではないにしろ)思った
こんな引き出し、おら、見たことねえだ…! スゲエ……! みたいに(言い方はこんな田舎っぺ大将風ではないにしろ)思った

「知っている」と「知らない」が局地的

最近ふとこのノアの存在を思い出したのだが、ざっと聞いてまわってみるとどうやら出身県を問わず使っていたという人はいるようである。

ローカルなグッズなのかと思っていたがそうではないようだ。しかし、まったく知らないという人も多い。

知っている人は「うわっ! 懐かしい! 覚えてる覚えてる!!」と強烈に反応してくれるのだが、同じ県の出身でも知らない人もいて「え? ノア? ハコー? 何?」というポカーンのリアクションなのである。

全国的ながら局地的。この、地域にとらわれないにもかかわらずのローカル感は学校グッズならではなのではないか。
うおお、裏の模様、こうだったこうだった(この商品に思い出の無い方にはポカーンな写真が続いており申し訳ありません。でも、とまらないんです許して!)
うおお、裏の模様、こうだったこうだった(この商品に思い出の無い方にはポカーンな写真が続いており申し訳ありません。でも、とまらないんです許して!)

「ノア」は社名で商品名は「ハコー」だった

懐かしさに任せて調べていくと、私達が商品名として呼んでいた「ノア」はメーカーの社名で商品名は「ハコー」だった(聞き取り調査では小学校時代から「ハコー」と呼んでいたという人も多かった、ということで、以下本商品については「ハコー」と記述します)。

メーカーの所在地は埼玉県の日高市。あれ、私が引っ越した先の例の小学校の近くだ。

実は全国的に使われていた! と判明した直後に、しかしメーカーはすぐ近所とは。なにか縁を感じずにはいられない。

あのハコーという文化は何だったのかもうちょっと理解を深めたいと、思い切って取材依頼をした。
こ、ここ?!
こ、ここ?!

ここから全国へ引き出しが発信されている…!

JR高麗川駅から住宅街を抜けて山を下り川を渡るなどして20分。失礼ながら、社屋を見てまず「えっ、こ、ここ?!」と思ってしまった。

小学校時代「なんとモダンな引き出しか」と黙らされたあのハコーを、しかも全国へ展開させているメーカーの本社社屋が、ここか!

迎えてくださったのはこちら株式会社ノアの代表取締役である野村成良さん。お会いするなり「小さな会社で驚いたでしょう」と私の思いを完全に見透かしてらっしゃった。はいすみません、驚きました…。

取材依頼の対応も野村さんだったため代表取締役みずから! と恐縮していたが「伝票も私が切ってるんですよ。配達もします。小さな会社ですので(笑)」とのことだった。そうだったのか…。
こちら、野村代表取締役に案内していただいた
こちら、野村代表取締役に案内していただいた

パラレルワールドの「あるある」トーク

この日、野村さんにお伺いしたハコーの話はとんでもなく興味深いものだった。

のだが、もしかしたら子ども時代にハコーを使っていなかった方にとっては引き続きポカンとしてしまう内容かもしれない。

そういう場合は、「異世界では常識のこと」と思って読んでいただけると良いのではないか。

あなたの知らない町、パラレルワールドでは常識だった教室机の引き出しのハコーの話の始まりである。
懐かしのノアに囲まれながらお話を伺った(テーブルはノアでいっぱいだったため、お茶はストーブの上に乗せていただいた。いろいろすみません…!)
懐かしのハコーに囲まれながらお話を伺った(テーブルはハコーでいっぱいだったため、お茶はストーブの上に乗せていただいた。いろいろすみません…!)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓