はっけんの水曜日 2014年3月19日
 

「生徒心得」をこねくり回す

高度なネット会議システムのむだづかい
高度なネット会議システムのむだづかい
中学校や高校で制定されている「生徒心得」。服装はこれこれだとか、生活態度がどうしたとか、学生当時は煙たく思いがちなあれだ。
大人になって学校という組織から解放された今、改めて生徒心得を見つめてみたい。そして自分たちの手で、理想の生徒心得を作ってみたい。

とりあえず真面目そうなことを書いたが、案の定検討結果はひどいものになった。
1973年東京生まれ。今は埼玉県暮らし。写真は勝手にキャベツ太郎になったときのもので、こういう髪型というわけではなく、脳がむき出しになってるわけでもありません。→「俺がキャベツ太郎だ!」

前の記事:「食品パッケージの言うことを素直に聞く」
人気記事:「おっさんが実践する「かわいくなるずるい方法」」

> 個人サイト テーマパーク4096 小さく息切れ

自由な学園を目指して

理想の生徒心得を作るという今回の試み。当サイトの編集部とライターから、検討参加メンバーを組織した。
ライター伊藤<br />(校長) ライター伊藤
(校長)
編集部石川<br />(PTA会長) 編集部石川
(PTA会長)
ライター小野<br />(生活指導教員) ライター小野
(生活指導教員)
編集部藤原<br />(学生代表) 編集部藤原
(学生代表)
それぞれ学生時代に、生徒心得や学生生活全般に対して葛藤を抱えていた気配のするメンバーだ。きっといいものができるに違いない。

上の写真は、のちほど出てくる会議ログでのアイコンに合わせたもの。藤原さんだけグレー人間なのは、写真の設定が間に合わなかったからだ。それ以上の意味はない。
本物の藤原さんにはちゃんと実体があります
本物の藤原さんにはちゃんと実体があります
また、カッコ内は検討に当たって設定した「立場」である。勝手なことを言い出して議論が破綻するのを防ぐためにも、それぞれの立場からの視点をもって検討に臨むこととした。

しかし、メンバーはそれぞれハードな自分のビジネスを抱えるおっさんたち。どこかに集まって会議するのは困難なほど多忙なのだ。
まじめでもふざけでも使えるシステム
まじめでもふざけでも使えるシステム
そこで今回利用するのが「co-meeting」というオンライン会議システム(こちら)。これを使えば東京や埼玉に散らばるメンバーが、自宅からだらしない格好で議論できる。

今回はよくありそうな生徒心得を元版として用意し、それを「関東国際大学附属高等学校」という架空の学校の生徒心得へと変更していくということにした。元版の「前文」はこんな感じだ。
−関東国際大学付属高等学校「生徒心得」−

本校の生徒は常に規則正しく秩序を守った行動をとるよう努めなければならない。
その指針とし、基本的な事項につき以下のとおり心得を定める。
早速ここから議論して変更していこう。
!
!
!
学校の風紀を守るべきはずの生活指導担当(小野)が、もうぬるいことを言い出した。
!
!
!
校長(伊藤)や学生(藤原)がそれぞれの立場からの意見を述べて、前文は以下のように改訂することとなった。
−関東国際大学付属高等学校「改訂版生徒心得」−

本校の生徒は生徒主体でほどよく規則正しく秩序を守った行動をとるようがんばろう。
その指針とし、基本的な事項につき以下のとおり心得を定める。
冒頭から「これってあんまり守らなくてもいいやつだな」と思わせるゆるさ。我々は自由な校風の学園を標榜しているのだ。この調子で以降の項目も改訂していこう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓