ちしきの金曜日 2014年3月14日
 

保谷と谷保はなにがちがうのか

きびしい公園

そんな中で、水量の豊富な水路沿いの道を歩いていたら、城山公園というところに行き当たった。どうやら江戸時代の城跡らしい。
正面のこんもりしたところが城山
正面のこんもりしたところが城山
公園内は歩道が敷かれているのだけど、逆に歩道以外の場所は厳重に柵で囲われていて、立入禁止の看板がいくつもあった。せっかく起伏のあるいい雰囲気の公園なのに、過剰な立入禁止警告で気分はすっかり萎えである。
歩道はきれいに整備されている
歩道はきれいに整備されている
関係者って江戸時代に住んでた人たちですかね
関係者って江戸時代に住んでた人たちですかね
具体的に危なさって何だろう
具体的に危なさって何だろう
ポップ体で書かれてもねぇ
ポップ体で書かれてもねぇ
これは確かに子供にみせられない系の危なさだけど
これは確かに子供にみせられない系の危なさだけど
すっかり気分も萎えて公園を抜けると、崖下を流れている細い水路沿いに小径が通っているのを発見。さっそく突入してみる。
ハケ下散策路っていい名前
ハケ下散策路っていい名前
ハケはこのあたりの言葉で「崖」のこと。つまり崖下を通っている水路沿いの道である。これがいい道で、萎えた心を奮い立たせるのに十分だった。住宅地としては保谷がいいけど、歩くのは谷保の方がだんぜん楽しい。
こういうところを歩いて行く
こういうところを歩いて行く
首都高みたいに川の上を跨いだり
首都高みたいに川の上を跨いだり
だいぶ駅から離れてしまったので戻ることに。途中、保谷と読めるお寺を発見!
ひさびさに保谷の文字が
ひさびさに保谷の文字が

駅の北側へ

歩いて駅まで戻り、踏切を渡って北口の方にやってきた。こちらは小ぢんまりとしたロータリーがあって、南口に比べればだいぶ賑やかな雰囲気。
つつましやかなロータリー
つつましやかなロータリー
バス停やタクシー乗り場もあり、周辺地域へのアクセスは保谷と変わりない...と思ったら、バス停がとんでもなかった。
高速夜行バス!!
高速夜行バス!!
なんと谷保駅、大阪行きの高速夜行バスが停まるのだ。大阪まで乗換えなしで直行、大阪から乗換えなしで直帰。

アクセスの良さは谷保駅の圧勝!

ロータリーの先は、庶民的な商店街が続いていた。この道を真っすぐ進むと国立駅に到達する。
同じ国立市内とは言えやや庶民的な雰囲気
同じ国立市内とは言えやや庶民的な雰囲気
谷保、閑静な学園都市というイメージがある国立と同じ市内ながら雰囲気はだいぶ庶民的なので、国立ブランドには憧れてるけどお受験ママの仲間には入れない、というような人にはピッタリの町だと思った。

保谷と谷保のちがいは

1日かけて、長年気になっていた保谷と谷保を歩き回ってみた。

どちらも自然が豊富な住宅街、そして何もないというイメージで、結局ほとんどちがいはない、と言っていいんじゃないかと思う。ぜひ姉妹都市提携を結んでほしい。

と思ったら、一説には大昔に保谷に住んでいた人々が移住して谷保という地名をつけた、とも言われているらしいことが分かった。

なんだやっぱり関係あるんじゃないか。
結局水モノ中心のレポートになってしまった
結局水モノ中心のレポートになってしまった

<もどる▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓