ひらめきの月曜日 2014年3月17日
 

埼玉、秩父・矢尾デパートと肉

!
「え? 埼玉のデパートと言えば丸広と八木橋? 秩父の矢尾も忘れちゃ駄目だよ。あそこは素晴らしいんだ」
と、秩父出身の人に言われた。
ちなみに彼には、「私は鶴ケ島市出身で、最寄りは一本松駅」と言ったら、「いなかだなあ、アハハハハハハ、アハハハハハ、超うけるー」と言われたことがある。(他県のみなさんすいません、感覚が分からないですよね)
しかしまあ、お互い、田舎じゃないか……秩父の人はどうして誇り高いのだろう。
埼玉って全体的に田舎なのに、地域ごとにプライドがあるんです。
とくに、ベッドタウンではない秩父は、古くから住んでいる人も多く、地元愛が強いみたい。
秩父、どんなところなんだろ。
矢尾、行ってみよう。
そう思いながら電車に乗った。
埼玉生まれ。電子書籍『初恋と座間のヒマワリ』(リイド社刊)発売中。最近、ほぼ毎日ブログを更新していますので、良かったら読んでください。

前の記事:「埼玉・八木橋デパートに行ってみたかった」
人気記事:「相模原に最強の焼肉屋さんがあった!」

> 個人サイト 日々の凧あげ通信アネックス

特急券買ったぜ。
特急券買ったぜ。
レッドアローだぜ。
レッドアローだぜ。
新幹線みたいな車両だぜ。トイレもついてるぜ。
新幹線みたいな車両だぜ。トイレもついてるぜ。
飲酒しちゃったぜ。
飲酒しちゃったぜ。
住宅街だった風景が……。
住宅街だった風景が……。
山になっていく。中央線みたいだなあ。高尾山みたいだなあ。
山になっていく。中央線みたいだなあ。高尾山みたいだなあ。
「電車で遠出で飲酒! しかも特急券安いし(所沢からだと510円)! なんかテンションあがるわねえ!」
と、同行してくれたTさん。
「みそかつ丼の有名な店があるんでしょ? 楽しみ!」
でも、しかし……。
ラストオーダーの時間の前に……。
ラストオーダーの時間の前に……。
店は終わっていた。
店は終わっていた。
「なにこれ! ラストオーダー前に閉店!? 東京ではありえない……!」
だからここは秩父なんだってば。
山がどーんとあるねえ。雰囲気あるねえ。
山がどーんとあるねえ。雰囲気あるねえ。
観光案内所に寄ってみる。
秩父は、人気アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の舞台になったんだそうで、『あの花』マップを配布していた。
そんなに流行ってるの?
そんなに流行ってるの?
駅前のお土産屋モール、仲見世。
駅前のお土産屋モール、仲見世。
あっ、あの花!
あっ、あの花!
あの花!
あの花!
あの花!
あの花!
オミヤゲ売り場には、ビックリするほど『あの花グッズ』であふれかえっていた。
埼玉は、アニメのロケ地になることが多いので、「アニメツーリズムに力を入れている」というのは知っていたけれど、
マジで? そんなんで人来るの? と思っていた。
でも、メッチャ観光客来てた……。
大きな山のそば、という、霊験あらたかな場所なので、確かにテンション上がると思う。
非現実的な雰囲気の中で、アニメの雰囲気にひたる。楽しそう。
駅前になぜかあった居酒屋バンコク。入りたかった……。
駅前になぜかあった居酒屋バンコク。入りたかった……。
とりあえず矢尾デパートに行くことに。
駅から7分くらいか。
デパート……丸広くらいでかいんだろうなー、
と思っていたのだけど、あったのが、こじんまりとした建物だった。
こじんまりとしたデパート。かわいい。
こじんまりとしたデパート。かわいい。
ドアーも古くて可愛らしい。
ドアーも古くて可愛らしい。
入り口もレトロ。
入り口もレトロ。
屋上遊園地に行ってみた。
屋上遊園地に行ってみた。
ああ! 山!
屋上遊園地のハンパなき景色の良さよ!!
利便性としては坂戸市(わかる人だけ分かってください)くらいしか栄えてないけど、これだけ美しかったら、「俺、秩父出身なんだぜ」って、誇りに思えるのかもしれないな、と思った。

ちなみに私の故郷、一本松駅からも、秩父山脈の青いシルエットが見えます。キレイです。
小さなお子さんがいなかったので、ライドにライドしてみることに。「大塚さん、バカみたいだよ……」とTさん。そんなことは分かってんだよ。
小さなお子さんがいなかったので、ライドにライドしてみることに。「大塚さん、バカみたいだよ……」とTさん。そんなことは分かってんだよ。
UFOキャッチャーが、古いメロディだった! 確かドリカムの人が作曲したやつだよね。都内ではもう聞けないやつ。せつなくなる。
UFOキャッチャーが、古いメロディだった! 確かドリカムの人が作曲したやつだよね。都内ではもう聞けないやつ。せつなくなる。
おすましパンダ。
おすましパンダ。
「レストランでなんか食べてみよっか」ということになり、屋上レストラン『カプチーナ』へ。
わーい! レストランだ!
わーい! レストランだ!
しかし店頭にタヌキって何!
しかし店頭にタヌキって何!
秩父を一望しつつ……。
秩父を一望しつつ……。
ああ、客が誰もいない。
でも接客がとても丁寧。ステキ。
ぼんやりした、ファミレス的なメニューの中から、ファミレス的なメニューを選ぶ。
ラーメン。普通にうまかった!
ラーメン。普通にうまかった!
Tさんが食べた豆腐ハンバーグのセット。普通にうまかったらしい。
Tさんが食べた豆腐ハンバーグのセット。普通にうまかったらしい。
ほか、いろいろ見てまわったんだけれど、「八尾」は、通常のイトーヨーカドーくらいの規模であった。
それでも、中学生のお客は楽しそうで、1台しかないプリクラにむらがっていた。
中学生女子たちの笑顔。可愛かった。
ちょっと遊びに来るところ、そういう位置づけなんだろう。
ここがなくなったら、息抜きする場所がない、というような。
チラシを貰った。秩父デパートとしては秩父商品を推してるんですね。
チラシを貰った。秩父デパートとしては秩父商品を推してるんですね。
秩父うどん買った!
秩父うどん買った!
八尾デパートのぞばにタイヤキ屋があったので寄る。
八尾デパートのぞばにタイヤキ屋があったので寄る。
おいしかったよ。
おいしかったよ。
「ねえ、大塚さん……」
「何、浦和出身の、都会者のTさん」
「秩父に生まれたら、どんな感じかな?」
「どんな感じだろうねえ」
「私だったら、家を出て都会で暮らして、『秩父っていいとこなんだよ』って自慢するなあ」
「確かになあ、……地元の仕事も多くなさそうだし、そういう感じなのかなあ」
とにかく山が美しいんだ。
とにかく山が美しいんだ。
町並みもレトロだった。
昭和のまま時間の止まった理髪店とかを眺めつつ、「埼玉にこういうの場所あったんだ」と思った。

17時になって、行こうと思っていた『高砂ホルモン』(多分、有名店)に行った。
……1号店は、瞬殺で満席!
1号店スタッフさんに教えてもらって、2号店に移動。2号店、食べログにも載ってないんですけど……。
現地に来ないと分からないことっていっぱいあるなあ……。
ちょう人気店。
ちょう人気店。
なにたべよっかな。
なにたべよっかな。
来たよホルモン!
来たよホルモン!
辛いタレにつけて食べます。
辛いタレにつけて食べます。
焼こう。
焼こう。
このホルモンが………ウマかった!
なんか、先々週、熊谷に行った時も、ローカルデパート→焼肉、
っていう流れだった気がするんだけど、気のせいだよね!
帰路は地酒を飲みながら。
帰路は地酒を飲みながら。

埼玉は広い。
東京の属州みたいだけど、本当は「ザ・地方」だ。
私も鶴ケ島市の一本松駅にいた時、本屋もない、CD屋もない、どこにも行けない、誰も分かってくれない、と、せっぱつまっていた。
多分、秩父の子も同じ。
ツタヤもブックオフもない場所で、文化を浴びる機会がない。
山は美しい。愛してる。でもプリクラしかない。
今はアマゾンとか、動画共有サイトとかあるから、少しはいいだろうけど……。

私は東京に出て来た。
このサイトを見ている人の中でも、東京に出てきたり、出てこなかったりした人もいると思う。
でも私も貴方も、秩父の子も、田舎の人なんだ。
いとしい田舎。
それは間違いない。

秩父出身の友人、なんで私の鶴ヶ島出身を笑ったんだろう。
ま、秩父、カッコイイからね。肉もおいしいし。
超ムカついてたんだけど、許してあげよう。
そう思ったりしました。 
私がお手伝いをした『埼玉のおきて』という本が、3/25に発売になります。
よろしかったら書店で、お手に取ってみてみてね!
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓