フェティッシュの火曜日 2014年3月25日
 

巨大明太子を作った

!
白米を愛する日本人は、ごはんを引き立てるおかずたちにも愛情を注ぐ。塩サバ、お新香、塩辛…ひいきのおかずは人それぞれだが、特に多くの人々から支持を集めているのはピリッと唐辛子の効いた明太子だろう。もちろん僕も大好きだ。

今回はそれを自作する。しかもとびきりでかいやつを。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「かまぼこのプロトタイプはナマズが材料」
人気記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」

> 個人サイト Monsters Pro Shop

明太子はスケトウダラの子。だけど…。

確かに辛子明太子はおいしいのだがなかなか高級品であるし、一本がせいぜい十数センチほどしかない。もっと安くてもっと大きければ、いくらでもガツガツ食べられたのに…という食いしん坊かつ貧乏くさい妄想から本記事はスタートした。

まず、ご存じのとおり辛子明太子とは、わかりやすく言うとタラコを唐辛子ベースの漬け汁に漬け込んだ食品である。
九州のお土産屋さんで撮影させてもらった明太子。結構いい値段だ。
九州のお土産屋さんで撮影させてもらった明太子。結構いい値段だ。
タラコというからにはタラの卵(卵巣)なのだが、一口にタラと言ってもいろいろと種類がある。僕らがふだん食べている、あの淡いピンク色の塩タラコや辛子明太子は基本的にスケトウダラという種のものである。
これがスケトウダラ
これがスケトウダラ
このスケトウダラの中国名が「明太」あるいは「明太魚」である。明太子というのはまさに「スケトウダラの卵」という意味なのである。タラの仲間にしてはやや細身で、体重は1キロもあればかなり大きな方である。

なるほど、これでは明太子がいまひとつ物足りないサイズ(僕にとっては)であるのも納得がいく。親が小さいのではなあ。むしろ、この小ささで200グラム近い卵を抱えるのだからたいしたものだと言えるのかも。

一方、鍋の具や白子で親しまれているマダラ(真鱈)は大きくなるとその体重が10キロを超える。
こんなタラのお腹に入っているタラコはいったいどれほど巨大なのか。
こんなタラのお腹に入っているタラコはいったいどれほど巨大なのか。
となると当然、卵巣もスケトウダラよりはるかに大きくなることは容易に想像できる。
そう。マダラの卵巣で明太子を作ればいいのだ!

いや、先ほど「明太子とはスケトウダラの卵という意味」だと説明したばかりだが、細かいことはいいではないか。ファンタグレープにもブドウ果汁は入っていないんだし、細かいことはいいではないか。

釣り船が出ない!

マダラ、スケトウダラをはじめとするタラの仲間はみな一様に寒い海に生息している。暖かい地方で育った僕には全く馴染みのない魚だ。

北の魚に詳しい友人に尋ねると、マダラの産卵期は概ね晩秋から冬らしい(海域によってかなりずれる)。つまり、冬のマダラのお腹にはたっぷり卵が詰まっているわけだ。なお、マダラの卵巣は「真子」と呼ばれて食用になっているらしい。この呼び名はスケソウダラのタラコと区別するためについたものだろうか。

また、釣り船に乗って自分で竿を出せば、なかなか市場でも姿を見られないような10キロを超える特大サイズのマダラをゲットできる可能性もあるとか。そんな巨大なタラのお腹にはどれほど大きな卵巣が詰まっていることか!
マダラは普段、深海に生息している。そのため、釣り道具も大がかり。(イメージ写真)
マダラは普段、深海に生息している。そのため、釣り道具も大がかり。(イメージ写真)
そんなことを考えるともう止まらない。ウキウキしながらオモリや電動リールを20キロ分カバンに詰め込み、巨大タラコを求めて僕は東北へと飛んだ。

が、到着してみると北の海は連日大荒れで、一向に船が出ない。2泊の予定を延長して4日間滞在したが、結局海が落ち着くことはなかった。残念だ。
絶望のあまり道端に倒れ込んだ。わけではなく川で小魚を採って気を紛らわせているところ。
絶望のあまり道端に倒れ込んだ。わけではなく川で小魚を採って気を紛らわせているところ。
いや、残念では済まない。このままでは取材失敗、企画断念だ。なんとか真子だけでも手に入れなくては。

地元の人の話によると真子は一般的なスーパーマーケットや市場に売られているらしい。

しかし、目的の明太子を完成させるためには「巨大」で「形が整っていて」かつ「生食できる」という3つの要素を満たしていなければならないのだ。これが難しかった。
まずはスーパーマーケットの鮮魚コーナーへ
まずはスーパーマーケットの鮮魚コーナーへ

とりあえず見つけたが…

スーパーマーケットの鮮魚コーナーへ向かうと、いきなりマダラの姿が目に入る。
マダラだ!でも小さい…。
マダラだ!でも小さい…。
しかも、小ぶりではあるが大量に並んでいる。これなら真子も手に入るのではないか。
タラってこんな顔。意外と歯が鋭くて男前。生きている姿を見たかった。
タラってこんな顔。意外と歯が鋭くて男前。生きている姿を見たかった。
白子も売られている
白子も売られている
ふと冷蔵ケースの中を見ると、見慣れぬ謎の物体が。
ナマコ?レバー?なんだこれ…?
ナマコ?レバー?なんだこれ…?

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓