ロマンの木曜日 2014年3月27日
 

建物の汚れカタログ

最後には「この汚れがイイ!」となってることを目指します
最後には「この汚れがイイ!」となってることを目指します
建物は長年の雨風でどうしても汚れる。

建築家はそれをよしとせず、なるべくキレイに保つ工夫をするが、ぼくはむしろその汚れが好きだ。

汚れを丹念に見ていくと、実はいくつかのパターンがあることに気づく。なかには「そう来たか!」というレアな汚れもあるのだ。それらの見分け方と愛で方を紹介したいと思います。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。
> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

建築物の汚れとは

ピカピカのビルでもない限り、たいていの建築物はどこかしら汚れている。だから改めて「建物の汚れ」と言われても却ってピンとこないかもしれない。しかし現に汚れはあり、そこには理由がある。

分かりやすいところから紐解いてみよう。
分かるかな
分かるかな
このブロック塀、真ん中のところだけが黒く汚れている。気がついただろうか。そしてそれは何故だろうか。

カギは、その上に立つ白い支柱にある。雨は支柱を伝わり、その真下のブロックを集中的に濡らす。するとブロック塀の上に溜まったホコリが押し流されたり、カビがはえたりしてブロックが黒くなるのだ。
支柱が雨を集める
支柱が雨を集める
これでもうあなたは「支柱パターン」が分かったことになる。その目で見れば、真ん中の支柱だけじゃなくその左右の支柱の下のブロックも少し汚れていることに気づくだろう。

階段に典型的なパターン

階段の側面に注目
階段の側面に注目
今度は階段を見てみよう。1段目と2段目が分かりやすいが、側面に規則的な茶色い筋がある。これは何だろう?

カギは、タイルの目地だ。足を踏む面に降った雨は、タイルの目地を集中的に伝わり、その真下に赤茶色の鉄錆の筋を残す。
目地が雨を集める
目地が雨を集める
これが「目地パターン」だ。目地は雨を集めるということが分かる。今度は側面にも目地がある場合を見てみよう。
さっきの階段と汚れの印象が違う
さっきの階段と汚れの印象が違う
さっきと違い、側面の汚れは目地の中に閉じ込められて、その周囲に広がっていないことが分かるだろう。それによって目地の筋が汚れというよりむしろ模様に感じられる。

実は、冒頭の支柱パターンにもこの「垂直な目地」の効果が出ていたことに気づいただろうか。
左右の支柱と、真ん中の支柱との違い
左右の支柱と、真ん中の支柱との違い
左右の支柱は、その真下がちょうどブロック塀の目地になっている。だから雨はあまり周囲に広がらず、汚れが目地の中に閉じ込められている。

真ん中の支柱の下には目地がない。だからここだけ雨がじんわりと広がってしまっていたのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ