コラボ企画 2014年4月15日
 

デカい寿司作りました

酢飯の上にサクのままの刺身

デカい寿司の作り方は、基本的に通常の寿司と変わりません。
5合分の米。窯からそのまま出す。
5合分の米。窯からそのまま出す。
まず酢飯を作ります。
寿司酢は面倒なら調合済みの物が売っています。炊いたご飯に適量混ぜるだけで酢飯になります。
寿司酢は面倒なら調合済みの物が売っています。炊いたご飯に適量混ぜるだけで酢飯になります。
硬めに炊いた米をほぐして広げ、寿司酢を作り回しかけていきます。あとは切るように全体に混ぜて、うちわで扇いで冷まします。
刺身用のサクで売っていたマグロ。そのまま使います。
刺身用のサクで売っていたマグロ。そのまま使います。
酢飯が出来たら上に乗せるネタ作り。マグロ、サーモン、タイなどは、大きい部分を切り落として形を整えサクのまま使います。
皮はフキンを使えば簡単に取れます。
皮はフキンを使えば簡単に取れます。
イカは足や皮などを取り、他のネタと同じ大きさに切り分けます。
卵5個使用の厚焼き玉子。
卵5個使用の厚焼き玉子。
玉子焼きは切り分けず、そのまま使います。
通常はここから更に適切な大きさに切り分けて寿司ネタとして使われる。
通常はここから更に適切な大きさに切り分けて寿司ネタとして使われる。
ネタが出来たら酢飯を握ります。
こういう状態でご飯を冷凍させている家ありますよね。
こういう状態でご飯を冷凍させている家ありますよね。
本来なら手で握るところですが、あまりに大きいのでラップで包んで成型していきます。ネタに合わせて厚みや大きさを微妙に調整。
用意した容器にミッチリ詰まった。もう一回り大きい容器にしておけばよかった。
用意した容器にミッチリ詰まった。もう一回り大きい容器にしておけばよかった。
イクラ用の軍艦巻きには適当な巾で切ったノリを巻いておきます。一枚では足りないので2枚使用。

あとはこの上にネタを乗せていけば完成です。ワサビはこの上に乗せると大量になり、大変なことになりそうなのでサビ抜きで。お好みで後付けにしてもらいます。
デカい寿司完成!遠近感が狂う大きさ。
デカい寿司完成!遠近感が狂う大きさ。
デカい寿司は、入れた容器の底がたわむ程に重量感があります。思っていたよりも寿司らしくなりました。

お待たせしました!デカい寿司お持ちしました!

さあ、デカい寿司が出来たら急いでお届けせねば!
@nifty到着。御社名は馬場寿司で、訪問先はデイリーポータル編集部で・・・
@nifty到着。御社名は馬場寿司で、訪問先はデイリーポータル編集部で・・・
ラップをかけて風呂敷に包み、速やかに配達。
ちわーっ!馬場寿司です!デカい寿司お持ちしました!
ちわーっ!馬場寿司です!デカい寿司お持ちしました!
キャーデカい寿司が来たわー!
キャーデカい寿司が来たわー!
デカい寿司登場にnifty営業の河合さん、寿司好きの古賀さんのテンションが否応なくあがっていきます。

さて、とんだ茶番に付き合っていただいたところで、食べて頂きましょう。デカい寿司。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓