フェティッシュの火曜日 2014年4月8日
 

どうやったら早く乾く?ハンドドライヤーメーカーにきく

もう一回パワーアップする

――売れたのはどのタイミングなんですか?

「さきほどのモーターが変わったときにひとつのブームがきましたね。でもジェットタイプが出たときが一番だったかなあ。

三菱さんがジェットという言葉をつかったんですけど、風の吹き出し口をギューッと細くすることによって消費電力が小さくてもパワーを出せるようになったんですよね。その代わり音もうるさいですけど。

うちでは1996年のこの製品あたりから吹き出し口が細くなります。そのときは一番ピークで作れば作るだけ売れたって時期がありましたね」

わかる、このタイミング。なんか最近すごいパワーのものが出てきたなという時期があった。ぶわ〜っとでかい音でこれなら早く乾くとハンドドライヤーを使うようになってきた。

ああいうのもちゃんと背景があったのか。おれがハンドドライヤーを認めたとき、それには理由があり世間もちゃんと認めていたのだ。
消毒用のアルコールなどをセンサーで感知して出す機械が今は好調なんだそうだ
消毒用のアルコールなどをセンサーで感知して出す機械が今は好調なんだそうだ

壊れないので今は売れない

「昭和50年くらいまでは国内生産100%だったんですけども今は2%くらいですかね。数がへったわけではなく全体が増えた。今どこのお店入っても、ついてるのはほとんどドライヤーだと思います。

98%は三菱、Panasonic、TOTOのビッグ3、三菱さんが一番多いかな。あとわれわれのような細かい会社がいっぱいある」

――どのメーカーがすごいとかありますか?

「性能的にはだいたいみんな変わらないんでね。お客さんが選ぶのもほとんどは価格で決まってるみたいですね」

――今もよく売れてますか?

「市場自体ピークはすぎましたね、もう飽和状態というか、大体どこもいっぱいいっぱいで。

一回出たらこれ壊れないんですよ。10年、20年前につけたものまだ使ってますからね。

たとえば多店舗展開してるチェーン店だと新規開店もすればつぶすものもあるんです。そのとき使えそうなものを倉庫に入れておいて新しい店ができるときに使う。

逆にこわれるとそのメーカーはだめっていうので売れないしそういう意味では難しいです。消耗品の方がいいですね」

消耗品の方がいいと言い切ってるのがすごい。くるとこまできてる業界なんだなという空気がある。

――すごく古いの使ってるとこあります?

「ありますね。北海道の歯医者さんから昭和35年発売のを直してくれっていうのがきて、もう40年以上使ってるんですよね。

われわれも持ってないんで、これ新しいのにかえるから交換してくれないかって言ったんだけど、その歯医者さんは、いやあ、ずっとこれで開業当時からやってきて自分の息子みたいなものだから直してくれって。そのとき撮った写真をカタログに使ってるんです」

ハンドドライヤーが自分の息子。そんな境地があるのかと思う。物持ちのよさもきわめれば人生が豊かになる。断捨離の対極だ。
この写真。物持ちのよさをきわめれば家族化する
この写真。物持ちのよさをきわめれば家族化する

形は2つある

――種類はたくさんあるんですか?

「特殊なものはありますけどだいたいこの2つです。

一つは壁にかけるタイプ。1方向から風が出てシングルタイプと呼んでます。

もう一つは下に手を入れるタイプですね。手の表裏、両方から風がくるダブルタイプ。両方からくるので乾きようはこちらの方が早い。

それに壁掛けは高さが高いと水がひじにたれてきますけど、ダブルタイプ、おばけ型って呼んでるんですけどこれだと水が下にいくので理にかなってますね」

――じゃあ下に手をやる方がいいんですね

「その代わり場所をとりますね。たとえば喫茶店の小さなトイレだったら壁掛けですね」

なるほど、この下に手を入れるタイプに出会ったらチャンスタイムだと思っていい。倍早く乾く。
シングルタイプ。壁掛け。上からしか風が来ない。
シングルタイプ。壁掛け。上からしか風が来ない。
ダブルタイプの方が効率がいいがスペースをとる。「おばけ型と呼んでます」なるほど。
ダブルタイプの方が効率がいいがスペースをとる。「おばけ型と呼んでます」なるほど。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓