はっけんの水曜日 2014年4月16日
 

「テキトー料理の達人」、初めてパスタを作る

「そこそこうまく作れるはず」
「そこそこうまく作れるはず」
友人の吉田君(33歳)は料理をまったくしない。「テキトーに作ろうと思えば作れるんですけど、めんどくさくて」。聞けば、パスタなどは人生で一度も作ったことないという。そんな「テキトー料理の達人」によるパスタとはどんな味なのか。検証してみた。
ライター。たき火。俳句。酒。『酔って記憶をなくします』『ますます酔って記憶をなくします』発売中。デイリー道場担当です。押忍!

前の記事:「絵の具の紫はベーコンの匂い」
人気記事:「活版印刷と三軒茶屋の夫婦の物語」

> 個人サイト 道場主ブログ

ナス、ブロッコリー、ミョウガなどを購入

彼が最後に料理をしたのは3年前だ。「カレーダイエットをやろうと思って作ってみたんです。でも、引っ越してからは冷蔵庫もなくて。あと、自分の料理を人に食べさせるのは初めてかも」。

スーパーの前で待ち合わせた。
達人、よろしくお願いします
達人、よろしくお願いします
彼は、ふだん外食オンリーである。とくに、ラーメンと肉が好物だ。「最近食べた料理は?」と聞くと、こんな写真が送られてきた。
ラーメン屋の坦々麺
ラーメン屋の坦々麺
会社の売店で売っている弁当
会社の売店で売っている弁当
パスタ。本当に作れるのだろうか。やがて、食材を買い終えた達人がスーパーから出てきた。
こんなかんじでいきます
こんなかんじでいきます
買った食材はナス、ブロッコリー、ミョウガ、シーチキン、そして乾麺。なかなか微妙な取り合わせである。
締めて763円
締めて763円
ミョウガの使い方はわからないが、何となく春らしいイメージだったので買ってみたそうだ。

ミョウガの断面に感銘を受ける達人

いよいよ、調理開始だ。あらかじめ用意したエプロンを渡すと、はにかみながらも若干嬉しそうに着てくれた。
では、始めます
では、始めます
まずは、食材を切るところから。
3年ぶりの入刀にキッチンの空気が張りつめる
3年ぶりの入刀にキッチンの空気が張りつめる
次にミョウガを切りながら達人が言った。「へえー、きれいな断面なんですね。初めて見ました」。
たしかに、こういう切り方はあまりしない
たしかに、こういう切り方はあまりしない
ひととおり切り終わったら、パスタを茹でる。
塩は後から目分量で
塩は後から目分量で
ブロッコリーを茹でるか否かでさんざん逡巡した挙げ句、「茹でよう」とつぶやいて鍋に投入した。
茹で上がる
茹で上がる

ナスのへたをそっと取り除く

次に達人は熱したフライパンに油を敷くと、おもむろにブロッコリーの切れ端を入れた。理由を聞くと、「油の温度を確かめるんです」。達人としての勘が冴えわたる。
プロっぽいテクニック
プロっぽいテクニック
「ジュッ」という音を聞くと、深く頷いて野菜を入れた。
ざるの中でのびゆく麺が気になるところだが…
ざるの中でのびゆく麺が気になるところだが…
火力の微調整もお手のもの
火力の微調整もお手のもの
ここで、ナスのへたも混じっていることに気づき、達人にその旨を告げる。「あっ、間違えました」。
そっと取り除く
そっと取り除く
野菜を炒めたのちにパスタを投入。最後にシーチキンを入れたら完成は近い。
隠し味みたいなもんです
隠し味みたいなもんです

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓