フェティッシュの火曜日 2014年4月22日
 

「歯医者の歯」コレクション

歯のバリエーションに驚くばかりである。
歯のバリエーションに驚くばかりである。
数年前から、「歯医者の歯」を撮り集めている。
要するに、歯科医院の看板によく描かれている「歯」のイラストのことである。

当サイトでも、大山さんが「歯医者キャラ」としてすでに何回も記事を書かれているのだが、僕もあちこちで撮っているうちに「歯フォルダ」の中が結構な量になってしまったので、とくに「いい感じの歯」を選りすぐってお見せしたい。
今回はもうぜんぶ歯の写真だけ。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

歯、怖くないか

以前に親知らずを抜く時にめちゃくちゃ痛い思いをしたことがきっかけで、歯の絵や写真を見ただけで「ひいっ」と小さく叫ぶぐらいに歯が怖くなってしまった。
これは歯科じゃなくてラフォーレの看板だけど、歯が怖い。
これは歯科じゃなくてラフォーレの看板だけど、歯が怖い。
そうやって気にし出すと、町中にはかなりの量の歯科医院があって、その医院の看板の大半には歯が描かれていることに気付いた。なんだよ怖いよ。大手製薬会社の細菌研究所(たぶんゾンビ化ウイルスを作ってる)の近くにある巨大ショッピングモール(たぶんゾンビでいっぱい)ぐらい怖い。
歯科医院の歯看板。こういうやつ、あるよね。
歯科医院の歯看板。こういうやつ、あるよね。
とはいえ怖がってばかりでもしょうがないので、その怖いのが面白いというか、ホラー映画を怖がりながら見るみたいな感覚で写真を撮っている次第である。

まずは基本の歯から

先に見てもらった看板のイラストだが、これは一目で「歯だな」とわかってもらえると思う。
我々が普段に歯と聞いてまず想像するのがこの、根っこ(歯根という)が枝分かれしていて、頭(歯冠という)がふっくらとふくらんでいる歯だろう。
シンプルな歯。
シンプルな歯。
これは大臼歯、いわゆる奥歯である。
前歯や犬歯、小臼歯など他にも歯はあるにもかかわらず、歯のビジュアルイメージといえば大臼歯なのである。
これに関してはあらためて後ほど見ていただくが、枝分かれした歯根が足っぽく見えてキャラクター化しやすかったからなのではないかと思う。
ちょっとデザインされてる歯。
ちょっとデザインされてる歯。
実際の大臼歯は実はかなり複雑な曲線で構成されている(興味在る方は大臼歯で画像検索してください。こわい写真もあるので自己責任で)のだが、それを看板用にイラスト化する際にさまざまなアレンジが行われている。
とにかく歯医者さんの看板の数だけ歯のバリエーションがあると言っても過言ではないのだ。
練り歯磨きが歯になってる。これだけ線を省いても歯だとわかる。
練り歯磨きが歯になってる。これだけ線を省いても歯だとわかる。
歯のイラストの中にどんと「歯」の文字。
歯のイラストの中にどんと「歯」の文字。
冷静に考えると、歯医者だからといって看板に「歯」とだけ書いてあるのはわりと面白い。
整形外科で「骨」とか、産婦人科で「赤子」って書いてある看板は無いもんな。
こちらは英語版か。
こちらは英語版か。
この歯もだいぶアレンジされているが、それでも「歯」とか「dental」とか書いてなくても「歯だな」と認識はできるだろう。
イラスト化された中に同じ形は一つもないのに、でも全部「ぜんぶ歯だなー」と認識できるのは、人間の形状認識能力がすごいのか、歯の持つパブリックイメージの強さなのか。
盾とかの紋章っぽい歯。
盾とかの紋章っぽい歯。
さすがにここまで歯冠と歯根のバランスが違うと一瞬戸惑うが、それでもなんとか歯に見える。
あと、電話番号がこういう語呂合わせになっているのは「歯医者あるある」だ。
なぜイルカ。
なぜイルカ。
イルカとの組み合わせが謎めいているが、歯のイラストはなかなかリアル。
一つ前の紋章っぽい歯と見比べると、その多様性が理解してもらえると思う。どっちも歯なんだぜ。
歯根が丸いせいでピーマンにも見えるデザイン。なによりデカい。巨人の歯。
歯根が丸いせいでピーマンにも見えるデザイン。なによりデカい。巨人の歯。

歯と、ハート

ご覧のように千差万別な「歯医者の歯」だが、アレンジの方向性がある程度似ているものももちろん存在する。
大臼歯のくぼみまで表現されているタイプ。歯根は小さめ。
大臼歯のくぼみまで表現されているタイプ。歯根は小さめ。
「歯」じゃなくて「福」だと中華の文様っぽい。場所が永福町だから?
「歯」じゃなくて「福」だと中華の文様っぽい。場所が永福町だから?
上の二つは、歯冠がとにかくふっくらと大きい。これ、何か見たことある形だなーと思っていたのだが、次の歯を見た時にそれがなんなのか理解できた。
なるほど、これだったか。
なるほど、これだったか。
歯根を絞るように小さく、逆に歯冠をふっくらとさせていくと、最終的に歯はハートマークにちかづくのだ。
一般的に「痛い」「こわい」というイメージが強めな歯科医院だが、曲線が多く優しい雰囲気のハートを看板に用いることでそれを少しでもやわらげよう、という戦略なのだろう。
ハートじゃなくて四国っぽい。
ハートじゃなくて四国っぽい。
ちなみに、同じく歯冠をふっくらとさせても、歯根が開いているとハートにならない。僕は最初にこの歯を見た時に「あ、四国っぽい形だ」と思った。
歯は、歯根を絞らないと四国になる。
もしくは、こちらの医院名「MORIMOTO DENTAL」の「M」の形に寄せているのかもしれない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ