フェティッシュの火曜日 2014年4月22日
 

「歯医者の歯」コレクション

仕事する歯(コンパニオン編)

歯は文字に擬態するだけでは無い。
自分の病院の治療説明や場所の案内まで、コンパニオンのような仕事もやっている。
よくわかる、インプラント(ネジで埋め込む差し歯)の図。
よくわかる、インプラント(ネジで埋め込む差し歯)の図。
うちの病院はインプラントを積極的にやってるんですよー、という説明が歯のアイコン一つで完成している。これは分かりやすくて、とても良く出来ていると思う。
歯が電車ごっこをしているようにも見えるが、矯正中。
歯が電車ごっこをしているようにも見えるが、矯正中。
これは最初見た時は良く分からなかったのだが、Twitterでこの写真をアップしたところ、「歯に輪ゴムのようなものをかけて矯正する治療があるので、それを表しているのではないか」と教えてもらった。
なるほど。これもちゃんと治療内容を表す図だったのか。

ちなみにこちらの矯正歯科医院は、わりと歯づかいが荒いようで、他にも看板の中で働かされている歯がいた。
こんなところまで歯か。
こんなところまで歯か。
地下鉄の出口から医院までの地図も歯だった。
歯、八面六臂の活躍である。
駐車場案内もこなす、勤勉な歯。
駐車場案内もこなす、勤勉な歯。
駐車場の案内看板でPマークとして勤めている歯もいた。
我々の目の届かないあちこちで、歯は人知れず働いているのだ。えらいものだ。

一大勢力、歯キャラ

さて、いよいよ「歯医者の歯」の大勢力、歯キャラの紹介である。
歯を擬人化したキャラクターのことで、基本的には歯に目や口がついているものを指す。
これを歯キャラと称します。
これを歯キャラと称します。
いきなりふっくらしすぎというか、アスペクト比が狂ったような歯であるが、この雰囲気が歯キャラの代表格と思っていただいて問題無い。
なんだかよくわからない、縄跳びをする歯。
なんだかよくわからない、縄跳びをする歯。
これもよくあるタイプで、歯根部分を足に見立て、さらに別に手が生えているもの。
なぜか縄跳びをしているが、これは「歯が自分でぴょんと飛ぶように気持ち良く抜歯できますよ」というイメージ広告なのだろうか。
病院名にあわせて、さくらで飾られた歯。
病院名にあわせて、さくらで飾られた歯。
歯キャラはだいたい性別不詳か男の子っぽい雰囲気なのだが、これは珍しく、頭に花を飾ったかわいらしい女の子風の歯だ。サンリオ風。
これも女子歯か。
これも女子歯か。
この2点だけが、僕の知ってる女の子歯キャラである。
僕が今まで撮った歯キャラが40点ぐらいある中で女の子は2点だけなので、やはり比率的にはレアキャラだろう。
もしかしたらお医者さんも女医さんなのかもしれない。
だいぶフレキシブルな歯。
だいぶフレキシブルな歯。
これなんかは歯根が開いて爪先のようになっている。
胸を反らしてピースサインをしたりとポーズの自由度も高く、かなり柔軟な体の構造をもっているようだ。
歯が柔らかい、っていいのか。
「クリニック」という字の陰からこんにちは、的な。
「クリニック」という字の陰からこんにちは、的な。
こちらも柔らかい印象の歯キャラである。
歯根をちょこちょこと動かして歩いていそうで、なかなかにかわいい。
形もだいぶアレンジされている歯キャラ。
形もだいぶアレンジされている歯キャラ。
なんとなく、やなせたかし先生デザインっぽい歯キャラ。
名前をつけるとしたら間違いなく歯マンだろう。
「歯マン、お腹がへったけど入れ歯を無くしちゃったんじゃよ」
「ようし、僕の歯でお食べ」
みたいな。
表情がいい味出してる。
表情がいい味出してる。
歯がドヤ顔をしているという、いい味わいのキャラ。
何があったか分からないが、もしかしたら親知らずが気持ち良く抜けたとかそういうことだろうか。

自分は自分で磨く、セルフ磨きキャラ

「歯はきちんと磨かれるべきだ」という歯科業界全体の統一された意思の元、歯キャラも歯を磨く姿勢を見せて我々患者を啓蒙しようとしている。
歯キャラが磨く歯といえば、当然のことながら己自身の肉体である。
「さぁ!歯を磨こう!」という意志あふれるポーズ。ザ・啓蒙キャラ。
「さぁ!歯を磨こう!」という意志あふれるポーズ。ザ・啓蒙キャラ。
「自分磨き」とか言うとなんとなく自己啓発系な雰囲気も漂うが、彼らがやっているのは本当に文字通りの自分磨きなので、ケチのつけようもない。
まさに自分磨き中だ。
まさに自分磨き中だ。
上に貼られている「外出中です」の紙にも、手描きであろうセルフ磨きキャラが。こっちもかわいくて好きだ。
手が長い。隅から隅まできれいにブラシが届くのだろう。
手が長い。隅から隅まできれいにブラシが届くのだろう。
手が短いのもいる。こいつは磨くの難しそうだ。
手が短いのもいる。こいつは磨くの難しそうだ。
ところでこの歯のキャラ化およびセルフ磨き、日本独特のものだろうと漠然と考えていたのだが、なんとロサンゼルスにもヤツがいた!とアメリカ旅行中の知人ライターさんから写メをいただいた。
脅威の股下。アングロサクソンは歯も足が長いのか。(写真提供:スダナツキ)
脅威の股下。アングロサクソンは歯も足が長いのか。(写真提供:スダナツキ)
そうか、歯キャラは世界的なものだったのか。
いずれ世界中の歯キャラを並べて「世界歯キャラ選手権」もやってみたいものである。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓