フェティッシュの火曜日 2014年4月29日
 

深海魚「サケガシラ」を食べる

サケガシラってこんな魚。
サケガシラってこんな魚。
浜に打ちあがったり定置網に入り込んだりしてしばしば話題になる「サケガシラ」という深海魚がいる。銀色のボディーと赤いヒレが特徴的な、リュウグウノツカイに似たかっこいい魚である。
もはやニュース番組や新聞では馴染みの顔だが、ぜひ生で見てみたい。触ってみたい。食べてみたい。
と言うわけで釣り船をチャーターした。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。

前の記事:「すっぱい雑草がジャムになった」
人気記事:「ドライアイスでスイカがシュワシュワに!!」


ホタルイカを追って浮上する?

先述の通りサケガシラは概ね深海で暮らしている魚なのだが、日本海沿岸では春になるとやや浅い場所でも姿を見せるようになるという。どうやら、産卵のために接岸するホタルイカや甲殻類などの餌を追いかけて浮上しているようだ。
3月、早朝の富山湾。言うまでもなく寒い。
3月、早朝の富山湾。言うまでもなく寒い。
富山に住む魚好きの友人から、富山湾には過去に何度かサケガシラを釣り上げている釣り船があるという情報を聞きつけた。富山湾と言えば岸を離れるとすぐさま水深が数百メートルまで落ち込む特殊な地形の湾で、日本海側では最も深海へアクセスしやすいエリアである。
まだすぐそこに岸が見えているが、既に水深は数百メートル。
まだすぐそこに岸が見えているが、既に水深は数百メートル。
しかも、春の富山湾と言えば「ホタルイカの身投げ」で有名だ(ホタルイカの身投げについてはこちらの記事をどうぞ。ホタルイカがたくさんいるということは、それを食べるサケガシラもたくさん寄ってきているということ。うむ、捕まえたいならここを舞台にしない手はないだろう。
夜の港で掬ったホタルイカ。サケガシラ釣りの餌ももちろんこれ。
夜の港で掬ったホタルイカ。サケガシラ釣りの餌ももちろんこれ。
さっそく件の釣り船を予約し、富山へ向かう。ホタルイカが採れているという情報も確認できた。
一般人がサケガシラを狙って釣り上げたという話はほとんど聞かない。だが今回は時季もピッタリだし、お世話になる船は過去に実績がある。これはひょっとするかもしれない。
船体には「挑・深海」のステッカー。頼もしい!
船体には「挑・深海」のステッカー。頼もしい!
が、やはりと言うべきか、いざ出船すると一向に釣れない。何度か何者かがエサを突く反応はあったのだが、ハリには掛からないのでその正体がわからない。
まあ、そんなに簡単にはいかないよね。ちなみに今季はなんだかんだで計5回出船したが、サケガシラの顔は拝めずに終わった。
まあ、そんなに簡単にはいかないよね。ちなみに今季はなんだかんだで計5回出船したが、サケガシラの顔は拝めずに終わった。
結局空振り三振で港に帰ることになったのだが、ここで船長から素敵な情報を聞くことができた。
「ここんとこ毎日、刺し網には掛かっとるみたいだけどね。サケガシラ。」
毎日!?
「刺し網に掛かってもどうせ売り物にはならんはずだから、漁師さんに頼んで貰ってきてやろうか?」
ぜひ!お願いします!!

サケガシラ(漁師さんと船長経由で)ゲット!

後日、船長からサケガシラ確保の報を受けてワクワクしながら港へ向かう。本当にこんなに簡単にサケガシラが手に入るのだろうか。
はい、手に入りましたー!
はい、手に入りましたー!
船の傍らに無造作に置かれたクーラーボックスを開けると、中には巨大なタチウオのような魚が。サケガシラだ!しかも二尾も!水揚げされたばかりで超新鮮。
しかもでっかい!嬉しい!
しかもでっかい!嬉しい!
欲を言えば生きている姿も見てみたかったが、これはこれで十分に大きな収穫だ。
これだけ新鮮なら食べることもできるぞ!
なぜか生きたアンコウまでもらってしまった。かっこいい。
なぜか生きたアンコウまでもらってしまった。かっこいい。
その後もなんやかんやあって、二尾のサケガシラとなぜくれたのかわからないがアンコウ一尾を追加で手に入れることができた。あっという間に労せずして手元に四本の大型深海魚が揃ってしまった。
たくさん集まったので三本は魚好きの友人らに分け、一尾のみを持ち帰って試食することにした。
さらに二尾追加!食べきれない!
さらに二尾追加!食べきれない!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓