ちしきの金曜日 2014年5月16日
 

昼間はやる気が薄い店主が経営する「居酒屋やるき」

アツアツでスパイシーなから揚げ!まずいはずがない。
アツアツでスパイシーなから揚げ!まずいはずがない。
居酒屋やるき、という店名を聞いたら、どんなお店を想像しますか?
チェーン店の居酒屋のような、注文のたびに「はい、よろこんでー!」と元気にこたえてくれるようなイメージでしょうか。
さらに、そこに『スパイス&ハーブ』の要素が加わったらどうでしょう。
何かよく分からないですが、そんなお店があったので入ってみました。
スパイス&ハーブって何だ、ヱスビー食品か。
1980年北海道生まれ。 気が付くと甘いものばかり食べている偏った食生活を送っています。

スパイス&ハーブ居酒屋やるき

!
遠目で見ると「居酒屋か定食屋さん」といった雰囲気で、実際居酒屋の『やるき』ですが、よく見るとちょっと気になるフレーズがあります。
スパイス&ハーブ居酒屋
スパイス&ハーブ居酒屋
『スパイス&ハーブ居酒屋』、初めて聞くジャンルです。

私は変な店名に心惹かれる傾向にあるのですが、今回は店名というよりはジャンルの方に心惹かれて、お店に入ってみることにしました。

この時は「スパイス&ハーブ?何だそれ?!」と思ったんですけど、メイド喫茶や戦国居酒屋があることを考えたら、スパイス&ハーブ居酒屋なんて普通すぎますかね。
ランチタイムの時間帯でした。
ランチタイムの時間帯でした。

魔法のスパイスの鶏から揚げ

スパイス&ハーブ居酒屋らしくスパイスがふんだんに使われていそうなランチメニューの中から、辛いものが苦手でも食べられそうでいてスパイス感あふれるものを選んでみました。
魔法のスパイスの鶏のから揚げ定食。750円。
魔法のスパイスの鶏のから揚げ定食。750円。
ご飯、お味噌汁、サラダに漬物もついて、よく見かけるから揚げ定食といった雰囲気です。

ちょっと変わっているのは、から揚げの色が赤いのと付け合わせが目玉焼きなところくらいでしょうか。
赤いから揚げと目玉焼き。
赤いから揚げと目玉焼き。
やわらかい鶏肉とサクサクした衣でただでさえ美味しいアツアツのから揚げに、スパイシーな風味が加わって止まらない美味しさでした。

色が結構な赤さだったので辛さを警戒したのですが、多少の辛さはあるものの、バーモントカレーの辛口がリミットの私でも食べきることのできる辛さです。
衣だけじゃなく、肉自体にもスパイスが浸透しててほんのり赤い。
衣だけじゃなく、肉自体にもスパイスが浸透しててほんのり赤い。
あと、付け合わせの目玉焼きが美味しいです。

スパイス?コショウ?で味付けされているので単体で食べてもスパイシーで美味しいし、から揚げと一緒に食べるとから揚げがマイルドになってまた違う美味しさでした。
目玉焼きの、柔らかすぎない適度な火の通りが私好みでした。
目玉焼きの、柔らかすぎない適度な火の通りが私好みでした。
食べ終わる頃には汗だくになっていました。

これがスパイスの効能なのか辛さのせいだったのか、アツアツのものを一気に食べてしまったからなのかは分かりませんが、多分スパイスのせいだと思います。

そんな、ちょっぴりエスニックな香りが漂うから揚げに対して、味噌汁や漬物はいたって普通でした。
わかめと豆腐となめこの味噌汁。ほっとする味。
わかめと豆腐となめこの味噌汁。ほっとする味。
ハートのお皿に載っていたたくあん。かわいい。
ハートのお皿に載っていたたくあん。かわいい。
日本らしさとエスニックが入り混じった、何ともふしぎな定食でした。

このから揚げはご飯のおかずとしてももちろんですが、お酒のおつまみにも合いそうな味付けだったので、次は夜の居酒屋タイムにビールと一緒に楽しみたいです!

インド出身のご夫婦が経営。

スパイス&ハーブな雰囲気は分かりましたが、『やるき』はどこから来たんだろう。

いや、店名としてそんなに変な名前ではありませんが、お店のご主人と奥さんが明らかに日本の方じゃないんですよ。
『やるき』の店主・トニーさん。
『やるき』の店主・トニーさん。
お二人ともインド出身だというご夫婦が経営しているスパイス&ハーブ居酒屋に、何でひらがなで「やるき」なんて名前をつけたのか。

もしかして、サンスクリット語で「ヤルキ」とは「命の水」という意味で…みたいな話なのかなと思って聞いてみたところ

「人生で一番大切なものはやる気ですヨ!いつでもやる気を失ってはいけない、ということで店の名前にしました」

と、流暢な日本語で答えていただきました。

でも、居酒屋で『やるき』なんて付けたら、ある特定の居酒屋チェーンを思い浮かべそうですけど問題ないものでしょうか。
ある特定の居酒屋。
ある特定の居酒屋。
「私は日本に来てからずっと、やるき茶屋で働いてました。このお店を作る時に、『やるき』という名前を使うことを大庄の社長にも許してもらいました。」

「思い浮かべそう」というか、むしろ、やるき茶屋ありきのネーミングだったんですね。

社長公認というのがすごい!

独立して横浜でカレー屋さんを開くも紆余曲折あり、中野で居酒屋を開くに至ったそうで、普通の居酒屋ではなく何故『スパイス&ハーブ居酒屋』を?とうかがうと

「私が、スパイスとハーブとカレーばかりのところで生まれ育ったからですね」

とのこと。スパイスやハーブのおいしさを伝えるべく、メニューの8〜9割はカレーやスパイス系の味付けになっているそう。
夜のメニュー表。スパイシーおでんが人気らしいです。
夜のメニュー表。スパイシーおでんが人気らしいです。
そういえば、私がいた間はずっと奥様が調理をしていました。

お話をした感じだと、明るく元気なご主人とそれを支える真面目な奥様といった印象なので、奥様が調理を担当されてご主人が接客担当なのでしょうか。

「いえ。私もカレーを作ったりはしますが、料理を作るのは主に夫です。」

と奥様。でも、私の食べた鶏から揚げ定食、奥様が作ってましたよね?

「最近、夜忙しくて昼間くらいは休まないとツラいから」

何でもテレビなどで紹介される機会が増えて、最近夜は満員のことが多いのだそうです。

夜忙しくて疲れてしまうので、昼に少しサボって英気を養っているのだとか。

「人生でやる気が大切なんだから、もっと仕事でやる気を出してほしい」

という奥様の言葉が印象的でした。
トニーさん、奥様、ありがとうございました。
トニーさん、奥様、ありがとうございました。
ランチタイムは少しサボりがちなトニーさんですが、夜はやる気を出して頑張っているそうですし、タンドリーチキンやきとりとスパイシーおでんが気になるので、今度は夜にうかがいます!

店主より奥様の方がやる気がある居酒屋。

から揚げは、本当に美味しかったです。

魔法のスパイスによる味や香りもいいのですが、衣が油っぽさが少なくて軽い食感ですごく食べやすいんですよね。

スパイスやハーブ以前に料理の腕がいいから美味しいんでしょうね、って当たり前の感想ですね。すみません。

そういえばヱスビー食品のS&B、最近は『スパイス&ハーブ』ですけど、以前はSUN&BIRDだったんですね。関係ないですけど。
『インドの常識』って何かいい響きですね。
『インドの常識』って何かいい響きですね。
スパイス&ハーブ居酒屋 やるき
住所:東京都中野区中野本町4-36-7 1階
電話番号:03-6304-8373
営業時間:11:30〜14:30、17:00〜23:00
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
クラゲがやる気なし
六本木でスパイス買い放題!
日本亭の巨大唐揚げを求めて
鳥から揚げの全流派をマスターする

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓