ロマンの木曜日 2014年5月22日
 

僕はなにを見てドキドキしているのか

この一週間のクライマックスはこれにしたい
この一週間のクライマックスはこれにしたい
僕が見ている景色と心拍数を1日じゅう記録しておくと、いちばんドキドキした瞬間に何を見たかが分かるはずだ。

きれいな人を見たときか、プレゼンしているときか、意外に回転寿司で「ウニください」と言ったときだったりして。

1週間、調べてみた。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

6年ごしの夢

この企画はもう6年ぐらい前からネタ帳にずっと書いてあった。
そのころから心拍数を測る装置はあった。問題は1日じゅう撮れるカメラだ。ビデオカメラを頭の上につけておくか。それは恥ずかしい。それだけで心拍数が上がってしまって正しい結果が出ないかもしれない。

そうしたらスウェーデンの会社が去年1日じゅう撮影できる小型カメラを発売したのだ。
クリップみたいなカメラ(Narrative Clip という商品名です)。テクノロジーの進化に感謝。
クリップみたいなカメラ(Narrative Clip という商品名です)。テクノロジーの進化に感謝。
注文したのが去年の11月、それがようやく5月に届いた。半年である。
まったく商品が届かないのでこれはやばいパターンかなと思ったが、新年にはその会社から 「Dear HAYASHI ハッピーニューイヤー!」なんてのんきなメールが来た。挨拶いいから早く商品送ってくれよと思うがフィヨルドには届かず5月に来た。

心拍センサーも買った

iPhoneと連携する心拍センサーも買った。胸にバンドでセンサーをつけるとiPhoneに心拍数が送られて記録される。
死ぬほど腹を引っ込めて撮った
死ぬほど腹を引っ込めて撮った
心拍数が出る
心拍数が出る
センサーがじゃまそうだなと思ったがまさにその通りでちょうどいい具合にならない。

この1週間、仕事中にシャツの上からバンドの位置をしきりに直したり、Tシャツの下に黒いバンドがすけていたので僕がブラジャーをしていると思った人もいるかもしれない。
白いTシャツは避けようと思った
白いTシャツは避けようと思った
カメラと心拍計(見えないけど)をつけているこの状態で過ごす
カメラと心拍計(見えないけど)をつけているこの状態で過ごす

毎日のクライマックスがあきらかに

1日でいちばんどきどきした瞬間とはつまりクライマックスと言ってもいいだろう。映画ならいちばん盛り上がるところである。実際、心臓がたくさん鼓動して体中に酸素を巡らせているわけでフルスロットルであることに違いない。
5月13日(火曜日)
クライマックス 15:24 打ち合わせに遅れそうになったので走ってるところ。心拍数160
クライマックス 15:24 打ち合わせに遅れそうになったので走ってるところ。心拍数160
打ち合わせそのものではなく、それに向かって走っているところだ。このあと、走るのを諦めてタクシーに乗ったので心拍数は下がった。

そうか、これがクライマックスだったのか。いきなり地味なのが来た。
カメラの前にうっすらかかっているのはヘッドホンのケーブルである。
準クライマックス 22:16 会社を出て新宿まで歩いてる途中。歩道橋の上。心拍数137
準クライマックス 22:16 会社を出て新宿まで歩いてる途中。歩道橋の上。心拍数137
歩道橋から新宿を見て成り上がってやるぜと思ってどきどきしたのではなく、歩道橋の階段を登ったからだと思う。
5月14日(水曜日)
クライマックス 14:00 打ち合わせに遅れそうになって走っているところ 心拍数148
クライマックス 14:00 打ち合わせに遅れそうになって走っているところ 心拍数148
前の日と同じ文章をコピペしているようだが、同じなのである。よく打合せに遅刻しそうになって走っていることがわかる。しかも朝とかではなく、昼の打ち合わせにだ。
準クライマックス 15:03 青山あたりを歩いているところ 心拍数127
準クライマックス 15:03 青山あたりを歩いているところ 心拍数127
ここでなぜ心拍数が上がっているのかがわからない。前を歩いている女性に興奮したのかもしれないし、もしかしたら手前の東京無線(タクシー)に興奮する体質なのかもしれない。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓