はっけんの水曜日 2014年5月28日
 

「蝶境」リュードルフィアラインをゆく

ギフチョウの境界、それは存在する。
ギフチョウの境界、それは存在する。
デイリーポータルZのトップで検索するとざくざく記事がヒットする字がある。

それは「境」。

県境や区境、そして意識上の境界。もはやDPZは境目ポータルサイトと言っても過言ではない。

そんな境目サイトにあらたな境界の1ページを記したい。春に現れ、日本を東西にわけるギフチョウの「蝶境(ちょうざかい)」、リュードルフィアラインである。

リュードルフィアラインという語感がすごくかっこいいので今回の記事ではうざいくらい繰り返すと思いますよ。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「スパイダーマンとクモさがし」
人気記事:「クモを酔わせてどうするつもり」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

「春の女神」ギフチョウ

春になり、山桜やスミレ、カタクリの花が咲くと共に他の蝶に先駆けて日本の里山を飛び回る美しい蝶「ギフチョウ」
写真はヒメギフチョウ。
写真はヒメギフチョウ。
アゲハチョウ科の中では小型で、成虫が活動するのはわずか1ヶ月程。岐阜県で発見されたことが名前の由来になっているが、岐阜県のみに生息しているわけではない。ちなみに私の知人は最近までWEBアニメーションでおなじみのgif形式のファイルを「ぎふファイル」と呼んでいた。なんだそのご当地ファイル形式は。

ギフチョウの境目「リュードルフィアライン」

日本にはギフチョウとヒメギフチョウの2種が生息。大まかに西にギフチョウ、東にヒメギフチョウと明確に棲み分けをしており、基本的にこの2種が同時に見られる事はない。しかし、分布地の境界である山形の最上川流域や新潟県の糸魚川?長野県白馬村など一部の地域では2種が混じって生息しており、これらを結ぶ線がギフチョウの学名にちなんで、リュードルフィアラインと呼ばれている。
東西にわかれるギフチョウ・ヒメギフチョウの分布(ざっくりです)幼虫の食べる草の違いや好む温度帯(ヒメギフチョウはより冷涼な環境を好む)などが原因と言われている。
東西にわかれるギフチョウ・ヒメギフチョウの分布(ざっくりです)幼虫の食べる草の違いや好む温度帯(ヒメギフチョウはより冷涼な環境を好む)などが原因と言われている。
これが冒頭で述べた「蝶境」、ここならギフチョウ2種を一気に観察できるのである。

まさに一石二蝶、すごい、ナイス効率!

ギフチョウの季節にサラリーマンを山に向かわせるために設定されたと言われているゴールデンウィークという制度を活用し、リュードルフィアラインへゴーだ。リュードルフィアライニングだ。

湿地でへこむ

あふれるパッションと望遠カメラを携えて長野県へとやってきた。姫川沿いに白馬村へ伸びるリュードルフィアラインを目指す。
おやき村に後ろ髪を引かれつ……
おやき村に後ろ髪を引かれつ……
どんどん増えていくカメラ。宿の人に「すごい装備ですねー」と言われたが、このうち2台は充電機を忘れたためにすぐ使い物にならなくなったことは内緒だ。
どんどん増えていくカメラ。宿の人に「すごい装備ですねー」と言われたが、このうち2台は充電機を忘れたためにすぐ使い物にならなくなったことは内緒だ。
まずは木崎湖の東に位置する、居谷里(いやり)湿原へ。ここではヒメギフチョウの幼虫の食草であるウスバサイシンが群生し、保護されている。
いきなりバーンて広がると「蝶なんて探せねえよ」って気持ちになる。
いきなりバーンて広がると「蝶なんて探せねえよ」って気持ちになる。
天候にも恵まれ、あたたかな春の日差しの中をがんがん飛び交って春を謳歌しているに違いない、せずにおれまいと木道から湿原を覗き込む。
いい擬木だ。
いい擬木だ。
しかし成虫が好んで吸蜜するカタクリの花が見当たらず、まったく姿が見られなかった。
落ち込むと水面を見ます。
落ち込むと水面を見ます。
カナヘビはかわいい。
カナヘビはかわいい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓