ちしきの金曜日 2014年6月6日
 

ダムの放流に1200人が集まった

いまや放流はこれだけ動員できるエンターテインメントだ!
いまや放流はこれだけ動員できるエンターテインメントだ!
ダムの放流はスペクタクルだと思う。

でも、見ようと思ってすぐ見られるほどダムは放流していない。そもそもダムは近くにない。

そんななか、とあるダムが放流の予告をしたら大勢の人が集まって、いままで見たことないほどのお祭り騒ぎとなった。

やっぱりダムの放流はスペクタクルなのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

予告される放流「試験放流」!

今回、放流が行われたのは、関東地方を縦断する利根川の上流にある矢木沢ダムと奈良俣ダム。
関東地方ダム界の大ボス、矢木沢ダム
関東地方ダム界の大ボス、矢木沢ダム
矢木沢ダムをすぐ隣で支える姐御、奈良俣ダム
矢木沢ダムをすぐ隣で支える姐御、奈良俣ダム
ふつう、ダムは大雨が降ったときに川の水量を調節するために放流する。逆に雨が少ないときは、下流の川が枯れないようにだったり、飲み水や農業用水や工業用水が不足しそうなときだったり、発電をするために放流することもある。だけどそれはダムの下の方にある、あまり目立たない場所から流される。そういう所の方が水量を細かくコントロールできるのだ。だからこう、ダムのてっぺんの、いかにもここを水が流れますよ!という場所が使われることは滅多にない。

ダムの放流って意外と見られないんだ、という事実はダム好きになって最初に訪れる挫折かも知れない。
たとえば矢木沢ダムは水門を開けるとこの水路を流れて行き...
たとえば矢木沢ダムは水門を開けるとこの水路を流れて行き...
水路の終点のこのジャンプ台からダム下流の川に放たれる
水路の終点のこのジャンプ台からダム下流の川に放たれる
奈良俣ダムは毎年春になると雪融け水を放流する
奈良俣ダムは毎年春になると雪融け水を放流する
でも真ん中の水門が開くところはなかなかお目にかかれない
でも真ん中の水門が開くところはなかなかお目にかかれない
でも、年に1度くらい、開かずの水門が開くことがある。たぶんどのダムでも行われていると思うけど、いざというときに水門がきちんと動くかどうか、実際に動かしてみる試験が行われるのだ。

水門を開けると水が流れ出てしまうから、放流が見られる。これを試験放流と言っている。ただ、放流を行うとなると、下流の川沿いに通知を出したり見回ったりしなければならないし、見物客が来ることも想定しなければならない。もし放流したあと水不足になったりしたら大変だから(ダムの貯水量から考えれば試験放流自体は大した量じゃないけど)確実に水に余裕があるときしかできない。

なので、多くのダムでは水門の動作試験は平日の午前中とかにこっそり行われるか、貯水池の水位が低くて、水門を開けても水が流れ出ない時期に行われている、と思う。つまり、試験放流を行うダムは、肝が据わっていたり、サービス精神が旺盛な所長さんがいるということなのだ(個人の見解です)。

今回試験放流が行われた矢木沢ダムと奈良俣ダムは毎年計画されているけど、特に矢木沢ダムは地震があったり電気や水不足だったりで4年ぶり。日本中のダム好きが待ち望んでいたと言っていい。3週間くらい前に実施のプレスリリースが出たとき、ダム好き界隈では有給申請や車の相乗り相談が飛び交うなど、軽く沸騰した。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓