ロマンの木曜日 2014年6月19日
 

ラジコンを具にして、リアルおむすびコロリン

おにぎりとテクノロジーの融合。
おにぎりとテクノロジーの融合。
父は数学教師。母は国語教師。姉2人小学校教師という職員室みたいな環境で育つ。普段はTVCMを作ったり、金縛りにあったりしている。

前の記事:「ターボばばあを、みた」
人気記事:「かまいたちの夜、みたいな夜を」


君は、ヘボコンを知っているか。
君は、ヘボコンを知っているか。
ヘボコンとは、当サイト編集部石川さんが主催の、技術力の低い人が作ったロボット達が戦うイベントである。(詳細)

なんだろうこの胸の高鳴りは。開催は来月。7月19日である。ぜひ参加したい。準備しなければ! と意気込んで作ったのが冒頭の写真のロボである。

ラジコンを具とした、リアルおむすびころりんだ。情報としては以上である。なぜなら計画は失敗したからだ。

しかし、世の中にはおにぎりが光りながら震える姿に興奮する人も少数ながらいると思う。そこに至るまでに経緯を説明させて頂きたい。
この大会は基本、「相手のロボットを押し出したら勝ち」という相撲形式で争われる。しかし、「ハイテクノロジーペナルティ」という減点ルールがある。

技術力があると判断されると優勝が覆る可能性もあるのだ。ハンダゴテで電子工作なんてもっての他だ(もともと僕はそんな技術ないから心配ないが)。

技術力の低いロボを作るためには、「技術」と「ロボット」とは一体何なのかを考える必要がある。

これが大変だったのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓