ちしきの金曜日 2014年7月11日
 

大阪/東京・マンションポエム対決!

挑戦的なマンションポエム!(パークタワー北浜・三井不動産レジデンシャルより)
挑戦的なマンションポエム!(パークタワー北浜・三井不動産レジデンシャルより)
以前、高級分譲マンションの広告に書かれている名調子コピー「マンションポエム」を分析する記事を2つ書いた。(→「高級マンション広告コピー『マンションポエム』を分析する」と「さらに『マンションポエム』を分析する」)

2004年から現在まで、数百のポエムを地理的・時代的に分析した、自分でも気に入っている記事だが、ひとつだけ悔やまれることがあった。それは対象が東京だけだったことだ。

今回、満を持して大阪のマンションポエムを見てみたい。なかなか面白いことが分かったよ。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「「鉄ラ」を求めて全国へ」
人気記事:「高級マンション広告コピー「マンションポエム」を分析する」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

つらい

来る日も来る日もポエムの打つ日々
来る日も来る日もポエムの打つ日々
上記ふたつの記事は、おかげさまで好評だった。このネタでけっこうな数のラジオ番組に呼ばれてしゃべりもした。

しかしこれね、つらいんだよね。集計。

「マンションポエム」とはまるで詩のようになっているとしかいいようのない、マンション広告特有のコピー表現をさしてそう呼ぶものだ。ぼくはウェブサイトで調べているのだが(資料請求すると営業の電話がたいへんなことになるので)、そのサイトの文字がみんな画像なのだ。だからコピペできない。なので、書き写す。
そうするとATOKに《修飾語の連続》とか注意される。これがほんとうにストレス。ええ、ぼくも連続してると思いますよー。わかってますよー。

そんな苦労の末、今回は執筆時点で広告されている大阪市内の分譲マンションのポエムを50収集できた。下記がその地理的分布である。
マンションの所在地を調べ、ポエムを書き写しプロットした。ピンをクリックするとマンション名とポエムを見ることができます。(大きな地図で表示
つらいつらいといいながら、気がつけば神戸市にも手を染めていた。いかんいかん。神戸、京都についてはいずれ改めて分析したい。今回は大阪と東京の比較だ。

というか、やっぱりぼく神戸や京都もやる気なんだ、と今自分で思った。(ちなみに東京のマップはこちら

大阪のマンションもなかなかのポエム!

下記がまとめた表の一部だ。

なんとなく、大阪にはマンションポエムはあまりないのではないかと思っていた。東京に比べて大阪はこういう浮かれた調子が好きではないのではないかと。

あにはからんや。どうしてどうして。なかなか粒ぞろいのポエムではないですか!
天王寺あたりにマンションたくさん建ち始めてるんだな、とかも分かった。
天王寺あたりにマンションたくさん建ち始めてるんだな、とかも分かった。
前回と同様、これを形態素解析して、ポエムに含まれる語句の傾向を調べるのだが、その前に、ひとつひとつを見てみよう。興味深いことがわかったよ。

ポエムと実利性の共存

やっぱり大阪らしい(と勝手に思った)のは、ポエムをたしなみながらも具体的なメリットも忘れない気質である。
ポエムのお手本のようなのだが(プレサンスロジェ上新庄・プレサンスコーポレーションより)
ポエムのお手本のようなのだが(プレサンスロジェ上新庄・プレサンスコーポレーションより)
トップページはこの通り!(同じくプレサンスロジェ上新庄・プレサンスコーポレーションより)
トップページはこの通り!(同じくプレサンスロジェ上新庄・プレサンスコーポレーションより)
上品と下世話の同居。ポエムだけでは訴求できない大阪の堅実さを見た思いである。さすがだ。

ハルカス=スカイツリー説

2つめにおもしろいと思ったのは、ハルカスがよく登場することだ。これはポエム自体ではなく、ビジュアルの特徴なのだが。
マンション建設予定地の向こうにハルカス(ブランズシティあべの王子町・東急不動産より)
マンション建設予定地の向こうにハルカス(ブランズシティあべの王子町・東急不動産より)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓