土曜ワイド工場 2014年7月12日
 

カリカリに揚げたホルモンやソーセージはうまい

こちらが「せんじがら」。さて、どんな味なのか。
こちらが「せんじがら」。さて、どんな味なのか。
広島に「せんじがら」という食べ物があります。豚のホルモン(主に胃袋(ガツ)の部分)をカリカリになるまで揚げて塩で味付けしたものだそうです。

えっ、それだけ?という調理法の食べ物なのですが、これがかなりビールに合うらしい。そんなうまい物ならば是非食べてみたい。

取り寄せてみました。そして自作してみました。
1972年生まれ。体力系、料理系の記事を多く書いています。ライター以外に日本酒と発酵食品をメインにした飲み屋も経営しています。利き酒師で、元機械設計屋で元プロボクサー。ウルトラマラソン走ります。米の飯と日本酒が有れば大体なんとかなります。
> 個人サイト 酒と醸し料理 BY 個人ページ「走れば大体大丈夫!」

アマゾンで簡単に買えた

せんじがらを取り寄せてみようと、まずはネットの通販をあたってみました。先に調べた際には、広島でもそれほどメジャーな食べ物ではないとの記載があったので心配しましたが、Amazonでも売っていてアッサリ入手出来ました。
見た目は戻した干しシイタケのような感じだろうか。ホルモン独特の香りは比較的少ない。 
見た目は戻した干しシイタケのような感じだろうか。ホルモン独特の香りは比較的少ない。 
せんじがらは肉の加工処理場が多かった広島市西区が発祥といわれています。作り方は豚のホルモンを油でカリカリになるまで揚げて塩で味付ければ出来上がり。とてもシンプル。
材料は豚胃と油と塩などの調味料。「せんじ肉」「せんじ揚げ」などの商品名で市販されています。
材料は豚胃と油と塩などの調味料。「せんじ肉」「せんじ揚げ」などの商品名で市販されています。
似たものに、大阪の「油かす」、静岡の「肉かす」、宮崎の「せしから」などがあります。それらは牛脂や豚脂を加熱して油を搾った残りの部分。

せんじがらは豚のホルモンなので、かなり硬く、噛めば噛むほど味が出てくるのだとか。
手に持った感じでもかなり硬いと分かる。スルメみたいに噛んでいれば柔らかくなるのか。 
手に持った感じでもかなり硬いと分かる。スルメみたいに噛んでいれば柔らかくなるのか。 
とにかく1つ食べてみました。確かに硬い。しかし、噛み切れないほどではありません。超ハードタイプのグミといった感じです。

最初はほんのりと塩味ですが、噛んでいるうちにホルモン独特のクセのある旨味がジワジワと出てきます。
これはビールだな!駅の売店で売っていたら、出張帰りの電車内のお疲れビールのお供に是非買いたい。
これはビールだな!駅の売店で売っていたら、出張帰りの電車内のお疲れビールのお供に是非買いたい。
焼きたてのホルモンを食べた時のような、油がしたたり熱々でジューシーというのとは違うものの、ホルモン特有の旨味はしっかり味わえます。しかも手で気軽につまめて保存も出来る。

せんじがら、いいですね!

自分でも作れる

ビールのお供に最適なせんじがら。自分でも作ることが出来るようです。
豚の胃(ガツ)。100g100円ぐらいで売っていた。 
豚の胃(ガツ)。100g100円ぐらいで売っていた。 
材料は豚の胃袋。あと揚げ油と塩。これだけです。豚の胃袋は塩で揉んでから良く洗って適当な大きさに切り分け茹でます。

既に茹でられたものならそのままでも大丈夫ですが、臭みをとるため20分ぐらいもう一度茹でこぼしてもいいです。
最初少し油が跳ねるので注意。
最初少し油が跳ねるので注意。
茹でて水気をよく切った物を次は揚げます。140度ぐらいの低温の油で表面がカラッとなるまで10分から15分程度しっかり揚げます。
袋に揚げた豚の胃と塩を入れてよく振る。こうすると塩を均一にまぶせる。材料に小麦粉をまぶす時などもこの方法でやると楽。
袋に揚げた豚の胃と塩を入れてよく振る。こうすると塩を均一にまぶせる。材料に小麦粉をまぶす時などもこの方法でやると楽。
揚がったら油を切って冷まします。塩をふったら出来上がりです。

ホルモンの弾力のある噛み応えと、独特のクセが噛むごとに旨味になり、塩気と合わさってより旨味が出てきます。黒胡椒や七味をかけてもよさそうです。
揚げると縮むので元の量よりかなり少なくなります。
揚げると縮むので元の量よりかなり少なくなります。
出来上がった物は冷蔵庫で1週間ぐらい保存しておけるそうです。夏の季節のちょっとしたビールのお供に冷蔵庫に用意しておくのもいいかもしれません。
噛むほどに味が出てくる。
噛むほどに味が出てくる。
そして、せんじがらはこのように直接食べる以外に、料理に使っても美味しいそうです。次に料理に使ってみました。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓