はっけんの水曜日 2014年7月23日
 

夏は池袋で毒づくし! 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)

ヒョウモンダコのおっさんがキャッチーに!
ヒョウモンダコのおっさんがキャッチーに!
日本一坪単価の高い場所は東京の銀座にあるという。

しかしこの夏、池袋に死ぬ程坪あたりの毒性が高い場所が出現した。サンシャイン水族館の特別展、その名も毒毒毒毒毒毒毒毒毒(もうどく)展。

これは銀ブラしている場合ではない、毒ブラだ。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。

前の記事:「ドライヤーがかっこいい!」
人気記事:「クモを酔わせてどうするつもり」

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ラブリーからのダークネス

大都会池袋のビルの屋上で来る人に癒しを提供している日本初の都市型高層水族館「サンシャイン水族館」。
青空の下、アシカが戯れるサンシャインアクアリング
青空の下、アシカが戯れるサンシャインアクアリング
コツメカワウソのかわいさにしびれる
コツメカワウソのかわいさにしびれる
池袋駅を東口方面に少し歩くとかわいいアシカが青空の下でこちらを見つめる広告が目に入る。
アシカかわいい、ラブリー。
アシカかわいい、ラブリー。
しかし、そんなラブリーもつかの間、同じ水族館とは思えないコントラストで我々をダークネスなポジションに誘う企画展が告知されている。
「毒見してく?」そんなソメイヨシノみたいなこと言われても…
「毒見してく?」そんなソメイヨシノみたいなこと言われても…
サンシャインシティ入口の巨大サイネージも
サンシャインシティ入口の巨大サイネージも
すいません、なんか暗転してますけど。
すいません、なんか暗転してますけど。
こうして道行く人に不安を投げかけている「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」、毒でDPZデビューした私がこれを見逃す事は毒モラルに反する。取材に行ってもいいですか、いいですよね。
すごい取り合わせ。
すごい取り合わせ。
飼育を担当しているアクアスタッフの二見さんにお話を聞きながら、めくるめく毒の世界を堪能する。
中央が二見さん。ちょっと待って、右のなんですか。
中央が二見さん。ちょっと待って、右のなんですか。
--えーと、中に入りたくてうずうずしてるんですが、その前どうしても聞いておかねばならない事があります。

「はい、なんでしょう」

--このヒョウモンダコ、どうしたんですか。
フグと同じテトロドトキシンという猛毒を持つ、ってこの写真で解説してどうする。
フグと同じテトロドトキシンという猛毒を持つ、ってこの写真で解説してどうする。
「もちろん、このために作ったんですよ」

--なんか蒸気吐いてるんですが…
蒸気に毒はありません。あったら大変ですし。
蒸気に毒はありません。あったら大変ですし。
「本当は空気砲みたいな丸い輪っかをだだーっと出したかったんですが、あんまりやると煙感知器が作動しちゃうみたいなので…」

この企画への意気込みの強さをぴりぴりと感じながら入場。
毒のシェアハウスや!
毒のシェアハウスや!
コンパクトな空間に集められた毒生物達。
壁面にはひたすら「毒」
壁面にはひたすら「毒」
--ここまでするかというぐらい雰囲気出てますね。

「毒のイメージにふさわしい、いるだけで気分が悪くなるような世界観を目指しています。壁面で模様がぐねぐね動くようなプロジェクションマッピングも考えたのですがスペースの関係で断念しました」

--実際に作られた世界もすごいがその構想がまたすごい。

毒スペックに特化した展示にキュンとなる

まず来場者を迎えるのはオーストラリアに住む「リーフスティングレイ」背中の模様が美しいエイの仲間である。
こういうルンバ出たら売れないですかね。
こういうルンバ出たら売れないですかね。
尻尾にするどい毒のトゲを持つ。あやまって踏みつけたりして刺されると大変な事になる。

「日本だと今の季節アカエイの子供とかが浅瀬に結構いるので潮干狩りの時など注意が必要ですね。エイのトゲはのこぎり状になっていて、刺さると肉をえぐりながら抜けて行くのでものすごく痛みます」
私が所有するアカエイの毒針。やばい。
私が所有するアカエイの毒針。やばい。
毒に関する情報のみを抜粋した説明パネル。斬新!
毒に関する情報のみを抜粋した説明パネル。斬新!
--わー、情報が毒に特化してますね。毒の種類まで解説してるのは見た事がないです。
5段階でわかりやすい毒レベル表示。レベル1から危険。
5段階でわかりやすい毒レベル表示。レベル1から危険。
「毒に関する基本の情報がパッと見てわかるように発信しています。この毒のレベルはあくまでも半致死量(LD50)※に基づく毒自体の強さであって、痛さや危険さを厳密に表すものではありません」

--毒は弱くても刺されると痛い、とか毒は強くても毒の量が極めて少ない(その逆も)とかいろんなケースがありますからね。
※半致死量:毒物を投与した実験動物の約半数が試験期間内に死亡する量。LD050=○mg/kgと表記され、○の量が少ない程、殺すのに量が少なくてすむ=毒が強いという事になる。
セビレや胸ビレに毒棘を持つ美しくてあぶない魚「ハナミノカサゴ」毒レベルは2だが相当痛い。
セビレや胸ビレに毒棘を持つ美しくてあぶない魚「ハナミノカサゴ」毒レベルは2だが相当痛い。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓