はっけんの水曜日 2014年7月23日
 

今年もっともくだらなかった動画をきめるプカデミー賞2014

ロゴ by 大伴亮介(グラフィックベイカリー)
ロゴ by 大伴亮介(グラフィックベイカリー)
動画コーナー・プープーテレビの一年をふりかえりもっともくだらない作品を決めるプカデミー賞2014。

7月15日火曜日にそのプカデミー授賞式が行われた。本年度のプカデミー賞を発表しよう。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

プカデミー授賞式ではプレゼンターに東京No.1SOUL SETで有名なBIKKEさんが来た。「むかない安藤? 知ってますよ」というのでみんながあたふたした。その後むかない安藤はバナナをむかずに食わせた。
プカデミー授賞式ではプレゼンターに東京No.1SOUL SETで有名なBIKKEさんが来た。「むかない安藤? 知ってますよ」というのでみんながあたふたした。その後むかない安藤はバナナをむかずに食わせた。
昨年度の傑作選プカデミー賞2013はこちら
昨年度の傑作選プカデミー賞2013はこちら
視聴数のよかったもの
昨年のプカデミー賞2013は「1分で振り返る朝ドラ『純と愛」(動画はこちら)だった。まずはヒットしたものを3本挙げよう。

YouTubeにここ1年での再生回数を計る機能があったのでそれを見てみよう。
1分でふりかえるシリーズの圧倒的な強さ(それとYouTubeはいまだにコーラふるのが人気だ)
1分でふりかえるシリーズの圧倒的な強さ(それとYouTubeはいまだにコーラふるのが人気だ)

今年も1分で振り返るシリーズが大ヒット

なんとトップ10のうちの6作が火曜担当北村さん制作の1分で振り返るシリーズ。

昨年のプカデミー賞『純と愛』の大ヒット以降も人気で、今では制作者の北村さんはあのフジテレビのめざましテレビで毎日一分まとめを連載している。

そう、プープーテレビでついに売れた人が出たのだ。プープー部分がとれてテレビにいってしまったのだ。
フリー素材を使った1分まとめシリーズから1分で振り返るドラマ『半沢直樹』を。1位の「1分で振り返るアニメ『風立ちぬ』」はこちら

スライドショーでレポートシリーズも人気

さてこのランキング、すべてノンフィクションであることにお気づきだろうか。

プープーテレビはゆるい創作をつづけてきたのだが、ヒット作は主にノンフィクションである。

それじゃあ1分でデイリーポータルZでやってるようなレポートものをやってみよう、と本年度スタートしたのがスライドショーシリーズ。複数の制作者がいるがわりとどれも好評だった。

これがベスト10に2本くいこんでいる。
小田原駅に出来たクリスマスツリーが変 1分レポート
あとの一本はおばあさんが泣いた動画。

これはうちの祖母とのなれあいを帰省のたびにビデオにおさめていたのだが、その一環でゲームと小さなドッキリをしかけたら祖母が泣いてしまったという映像である。
はこのなかみはなんじゃろな(祖母に)
これが感動作としてテレビ系のメディアにうっかり取り上げられそうになった。コメントを求められたので「なれあいで…」とか言ってたら(…ちがうんだよなあ)みたいな顔をされてオンエア自体かなわなかった。ちがわないんだって! これ冗談なんですよ!
制作者の自薦

今年は自薦になりました

ノンフィクションがもとめられてることは分かってるんですが、やはりほんとにどうでもいい動画も愛おしいわけではありまして。

結局自分が一番好きなものが強いんじゃないかと思い、制作者に自薦をきいた。

柿たろう』 ( べつやくれい )

!
作者のコメント
「かなりどうでもいい感じにできたところが気に入ってます。次点は『雑たろう』ですかね。 」
!
作者のコメント
『「バタバタしてまして(遅れてます)」みたいな言い回しがありまして、実際どんなもんかなとやってみました。けっこう疲れるので遅れてもしょうがないなと思いました。』
!
作者のコメント
「15日はきだてさんと中国に行ってるので会場には行けません。BIKKEにも会えず残念。自薦はソーセージ戦車ですかね。」

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓