ちしきの金曜日 2014年7月25日
 

山手線駅恋愛相関図

山手線駅にシンパシー
山手線駅にシンパシー
以前「山手線はどこ行きなのか?」という記事を書いた。東京の山手線は環状線なので、走っていくうちに行き先表示・アナウンスが変わっていく。山手線全駅をめぐり、どのように行き先が変わるかを調べたものだ。

まとめていくうちになぜだか最終的に恋愛模様が見えてきた。今回はその恋愛相関図の完全版をお届けしよう。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。

前の記事:「大阪/東京・マンションポエム対決!」
人気記事:「高級マンション広告コピー「マンションポエム」を分析する」

> 個人サイト 住宅都市整理公団

外回りも制覇

なにがどうなって恋愛模様が見えてきたりするのかというと「行き先表示」を「想っている相手」と見立てることによる。品川駅に「駒込方面行き」とあったら「品川くんは駒込さんが好き」と解釈するわけだ。(なんで品川が男性で駒込が女性なのかは自分でも分かりません)

なぜこんなふうに見立てたかというと、予想以上に行き先表示にイレギュラーがたくさんあったから。もっとシステマチックに順繰りに主要駅が示されるかと思いきや、いきなり「なんでその駅を行き先にした?」という例がけっこうあったのだ。前述の品川における駒込表示もそのひとつだ。なんで品川で駒込。

この唐突さは、恋だ。思いがなければこんなへんな風になるわけがない。

というわけです。

しかし前回は、全駅めぐったものの内回りの表示しか調べなかった。だってこんな恋愛模様調査になると思わなかったからさ。

なので、今回外回りも全駅調べた。
ホームにあるこういう行き先表示のことです。
ホームにあるこういう行き先表示のことです。
いまこれを読んでくださっている方々の中に、山手線の全駅で降りてみる、というのをやったことがある人がいると思う。けっこう地味にたいへんだよねこれ。

それにしてもこうやって並べると表示内容もさることながら、表示装置にもいろいろな種類があるのだなあ、と気づく。有楽町、五反田、新大久保の白地に黒のやつはなんかなつかしい。

さて、これをまとめますよ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓