チャレンジの日曜日 2014年7月27日
 

書き出し小説大賞・第53回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
雑誌、ネットを中心にいろいろやってます。 著書に「バカドリル」「ブッチュくんオール百科」(タナカカツキ氏と共著)「味写入門」「こどもの発想」など。最近は演劇関係のお仕事もやってます。
> 個人サイト バカドリルHP 天久聖一ツイッター

書き出し小説秀作発表第53回目である。

それにしても暑い。暑いと全身が汗ばむ。汗ばむといろんなものが体にくっつく。一円玉、箸袋、ゲームの駒、セロファンの切れ端などなど。この状態でパン粉の中を転がるとさぞまんべんなくくっつくだろう。いっそ油に飛び込んでからっと揚がってしまいたい。それでは今週も揚げたてほやほやの書き出し作品をご覧いただこう。

自由部門

現金を奪って店を出ると、お気に入りの傘が盗まれていた。
大伴
傘盗んだヤツ、死刑!
親父の作品とは知らずヒロインに恋をしていた。
TOKUNAGA
このドジなメガネっ娘が、親父の創作?!
蝉が鳴き始めたのなら、僕はそろそろ泣き止もうか。
哲ロマ
バカ過ぎる。
右折してきた車にぶつかる瞬間、頭の中の大きな指がCtrl+Zを押した。
あだんそん
間違えてCtrl+V連打。
生ビールを注文すると、店員の元気な「生ビールいただきました!」の声が響き渡った。これがリツイートってやつなのか。
イワモト
隣の花屋にまで拡散。
あなたが見ているその指人形劇、本当に指が入っていますか。
おかめちゃん
一行怪談。
犬達はソレを自分の一部だと知っている。それでも追いかけずにはいられないのだ。
らい麦。
残像で犬のリングが!
浴衣姿のあの子が親友と現れた。今年最初の花火が燃える匂いに、鼻の奥がつんとした。
夏猫
祭りのときめきを余すところなく描写。
「ごめん、別れよう」その一言で私は人生で一番笑った記録を更新したのだった。
ryoo
逆に「笑った記憶」にしたのが秀逸。
術後2日目にして初めての普通食で、彼女はごはんですよに手をかけた。
町娘おかな
隣のベッドは丸美屋派。
「せやな!」「せやろ!」「せやで!」高らかに響く声。瀬谷3兄弟がやってきた。
茂具田
亀田三兄弟的なビジュアルで想像。
光るトカゲを追いかけて迷い込んだ森は、乙女心をくすぐる食虫植物の宝庫だった。
Mch
不気味の国のアリス。
今、生きてたらこんくらいよ。河原のトルストイは二番目に近いススキを撫でた。
義ん母
手の平がくすぐったい。
小雨の沖合いを泳ぐ彼女が静止してみえる。
TOKUNAGA
つげ義春「海辺の叙景」の世界観。
兄の部屋から聞こえていた笙の音が不意に止んだ。
よしおう
次に咽せたっぽい咳が。
地下鉄3番ホームに降りる階段の黄色いペンキがこぼれた場所は、そこだけいつも陽があたっているように見える。
xissa
外が雨でも。
暴力的な音を立てる自動販売機から、せめて優しくミルクティーを取り出す。
ふじーよしたか
ミルクティーが噴射する様子って下痢過ぎる。
のぼせた紗知子の色っぽさは疲れたカエルを思わせた。
ウチボリ
秀逸な比喩。
下駄がペダルに綺麗に嵌った。降り方を詮索してる内に、見知らぬ灯台が近づいてきた。
人が生きてる
「下駄脱げ!」
「アンタの女優魂、ワイプん中でみせてやんなよ。」本番前、きんぴらごぼうをボロボロとこぼしながら、ヌラヌラと輝く唇で彼女はそう言いはなった。
茂具田
CM明け、ワイプにずぶ濡れで泣き笑いするゲストが。
紫陽花の花束を抱えた初老の男性が、バス停のベンチでうつらうつらと頭を揺らしていた。
古紙匣
紫陽花の中に禿頭。
珍しく私より早く起きた主人は、珈琲をいれていた。そこから立ち上る香りは、台所から廊下を伝い階段を上り、まだベッドの上に目を閉じている私の思考の中に、潜り込んできた。
AKIDON
丁寧な描写が静かな覚醒を呼ぶ秀作。

大伴氏の作品、強盗と言えど傘は許せない。それはそれ、これはこれの人の本性が出ていて面白い。ただ強盗のときはお気に入りの傘よりビニール傘の方がいいと思う。TOKUNAGA氏の作品、妹キャラの中の人は親父だった。おかめちゃん氏は夏らしい怪談作品。ryoo氏の作品は語り手の意地が垣間見えてキュンとします。茂具田氏、これまでの応募作はボーダー上で惜しくも採用できませんでしたが、やっと紹介(2作)紹介できました。おめでとう。Mch氏は新人ながらすでに実力派。ふじーよしたか氏も前回に続き独特の視点で採用です。ウチボリ氏の比喩、疲れたカエルがセクシーという新しい価値観を提示されました。古紙匣氏、AKIDON氏の作品もしっかりとした筆致で渋い秀作。常連勢の壁は厚いですが、才能ある新人さんも続々現れてます。そのぶん採用作が増えてしまうのはアレですが、うれしい悲鳴です。

続いては規定部門、今回のモチーフは「弁当」でした。書き出し作家による手作りバラエティ弁当をご賞味あれ。

規定部門・モチーフ「弁当」

私は梅干しが残したくぼみを愛してやまない。
(たま)
この感性こそ日本の心。
今日も何のキャラか分からなかったが美味しかった。
g-udon
没キャラ弁。
冷えきった白の塊がまるごと持ち上がったと同時に、短い箸がパキッと折れた。
g-udon
おかずを挟んでライスバーガーに。
弁当箱の中から秒針の音がする。赤と青のパスタも見える。
ウチボリ
処理班弁当。
コストカッターと怖れられる部長の、弁当箱の中身を偶然見た瞬間に、やはりこの人は鬼なのだと判った。
真夏のコタツ
おかずはイラストだった?!
ふりかけが二袋入ってるということは今日の弁当は自信がないということか。
山本ゆうご
リアリティのある秀作。
暗闇で食べるのり弁は、ほとんど味がしない。
xissa
闇夜にのり弁。
チャラ弁の一段目にはバーニャカウダが入っていた。
大伴
それはチャラいw
星条旗弁当には50個のウメボシが並んでいた。
大伴
YOUの弁当、誇りに思うよ。
母は隣家の枇杷をもぎ取り、一品増やした。
義ん母
枇杷を選択したところが秀逸。サイズもちょうど弁当デザート。でも犯罪。
ちくわにちくわが詰まっていた。
おかめちゃん
なにげに新食感!
樹脂のバットに、薄紫の粉を袋から開け、水を注ぎ、指でこね回して団子にして口に運ぶ。甘くもなく、辛くもない。
人喰い船長
カネボウのお菓子的な。
閉廷の声を聞きながら西村は、なんだ、弁当いらなかったんだ、と独りごちた。
紀野珍
そう言えば桟敷席もなかった。
母の入院を知ってまず麻子が考えたのは、明日彼氏に渡す弁当のことだった。
よしおう
とりあえず食材を持って見舞いに。
幾人の屍を踏み越えたろうか。硝煙の漂うなか眼前に海の広がる丘に出た。ここでお昼にしよう。
空想庭園
ラストの遠足感!
戦車の中はかなり暑くなるので弁当は持って降りた。
TOKUNAGA
それで正解。
兄は慣れた手つきで、弁当を風呂場の浴槽に沈めると、「これでもう奴等から逃げ回らずに済むぞ」と言った。
のりこ
この弁当が魔界の入り口。
らしくない感謝の言葉に動揺した家内は弁当箱の外側におかずを詰め始めた。
松っこ
これは映像で見たい。
三班は静まり返った。転校生の黒江君の弁当箱に南京錠がかかっている。
哲ロマ
「いっけね!鍵忘れた!」
ボコボコになったアルマイトの蓋を開けると、入っていたのはラップに包んだ丸いにぎり飯とサバ缶だった。だが、缶切りは見当たらない。
CUBE
にぎり飯の正体もラップの塊だった。
今からおよそ60年前、祖父は村一番の相撲取りだったらしい。山を3つ越えた村で開かれる大会に行く際、峠で行き倒れた空腹の旅人に自分のにぎり飯をやり、勝って帰ってきたそうだ。
うにねこ
何度聞いてもいい話。
発車ベルの音を待っていたかのように、その小さな魚は勢いよく醤油を吐き出した。
フランボ
隣のスカートに。
炊き立てごはんの作った真空が開蓋を許してくれたのは日も暮れた頃だった。
えむ毛
ちゃんと腐ってた。
嫁が不本意そうに弁当を突き出してくる。かわいい。
不眠
結婚20年目でなければ。

(たま)氏の作品、花火の後に叙情を感じ、城跡にロマンを求める日本人の美学が現れた秀作。日の丸弁当ネタでは、大伴氏の星条旗弁当も笑いました。g-udon氏のキャラ弁はオリジナルでしょうか。キャラ弁発の人気キャラが出てきてもいい時期だと思います。山本ゆうご氏、実話的な状況に語り手の深読みを加えたことで作品に昇格している。義ん母氏、この作品の「抜け具合」は絶妙。よしおう氏の作品、麻子がその後とった手段を知りたい。空想庭園氏の作品、このオチは鮮やか!松っこ氏、弁当箱の輪郭に沿ったオカズ、実写で見たいです。CUBE氏の弁当は応募作中、もっともガッカリできました。うにねこ氏の作品、このほのぼのさというか、誰も傷つかない感じはなんなんでしょうか。こういう小話のジャンルがあってもいいと思う。不眠氏の直球、いいですね。今回の採用はかなり難しかった。食べきれなかった作品にも秀作がたくさんありました。ごちそうさまでした。

それでは次回のモチーフを発表する。
次回モチーフ「怪談」
今回は夏らしく怪談にしました。実はこのお題は去年の夏にもやったんですが、年に一度の恒例行事と言うことで。また今回はとくに書き出しにこだわらなくても構いません。書き出しだけで怪談は難しいと思いますので「極端に短い数行の怪談」と考えてもらってオッケーです。今回自由部門で採用したおかめちゃん氏の作品が見本作となります。また去年の怪談作品はこちらで読めます。参考にしてください。
一瞬で身も凍る瞬間怪談に挑戦してください。締め切りは8月8日正午、発表は8月10日を予定してます。下の応募フォームから自由部門、規定部門を選択して応募ください。力作待っています!
最終選考通過者

天秤座/もんぜん/suzukishika/小夜子/ウウタルレロ/prefab/峰岡スプリング/ミミズグチュグチュ/イセグチ/ろさ/k-43/ミシン目/XOXO/こめどころ/点P/上森ニマメ/朱鷺色セレナーデ/僕の隣にはロック/新品の畳/ぴすとる/柴咲ハコ/jiji/KESHI/伊東和彦/まりっか/Nao/聴き役予備校/上日祐司/小岩井祝/tkq/NCハマー/5時のおやつ/karan/天然酵母/人喰い船長/ぐるぐる/繰り言すずめ/全角空白/蚕/島崎三男/
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
書き出し小説大賞・第52回秀作発表
書き出し小説大賞・第51回秀作発表
書き出し小説大賞・第50回秀作発表
書き出し小説大賞・第49回秀作発表

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓