ちしきの金曜日 2014年8月1日
 

「もりみず」それはふれあいの言葉

もっと多くの人に知ってほしいイベント
もっと多くの人に知ってほしいイベント
山奥にあって、ちょっと寂しくて、なんだかお固いイメージのあるダム。

そんなダムだけど、年に1度、7月の最後の週は日本中のダムがいっせいにイベントを開催する。「森と湖に親しむ旬間」と言って、国土交通省と林野庁が主体となって森林やダムの役割や重要さをPRする期間なのだ。

時期を見ても分かるように、主に夏休みに入った小学生などを対象としたイベントだけど、ふだん見られないダムがイベントを行っていたり、われわれダムファンにとってもお祭り期間。「今年のもりみずどこ行く?」という会話がこの時期のお約束だ。

そんな「もりみず」イベントを1日体験してきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「気合いで信号を変える選手権」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


鬼怒川でもりみずを体験!

「森と湖に親しむ旬間」のイベントが行われるダムは、国土交通省のホームページ内に一覧表のリンクがある。

それを凝視しながら日程と内容を吟味して、僕が今回「もりみず」イベントを体験するために向かったのは栃木県日光市。鬼怒川の流域に作られた4つの大きなダムをめぐった。

1年間でたった1日だけ、4ダムが同時に見学会などのイベントを開催しているのだ。
関東地方を代表する巨大ダム密集地帯である
というわけでまずやってきたのは、1956年にこのエリアの巨大ダムの中で最初に作られた五十里ダム。

高さ112mは当時一瞬だけ日本一に輝いたこともある(数ヶ月後にもっと高いダムができた)立派な重力式コンクリートダムだ。
江戸から五十里(約200km)の距離なのでこの名になった
江戸から五十里(約200km)の距離なのでこの名になった
ダムの上にヘルメットをかぶった集団が見えた
ダムの上にヘルメットをかぶった集団が見えた
朝に自宅を出発して、五十里ダムに到着したのは10時くらい。駐車場からダムの方を見ると、早くもヘルメットをかぶった集団がダムの上を歩いているのが見えた。今日は9時から見学会が行われているのだ。

さっそくダムの方に行ってみよう。
駐車場の電光掲示板でもアピール
駐車場の電光掲示板でもアピール
大きな看板でウエルカムモード
大きな看板でウエルカムモード
ダムの管理所前には受付ができていた。ここで名前などを記入(万が一の傷害保険のためとのこと)すると、ダムカードとオリジナルのカードホルダーがもらえた。

このカードホルダー、今日めぐる4ダム分が1枚に収められていていい感じ!
次々と人がやってきていた
次々と人がやってきていた
すごく手が込んでるカードホルダー
すごく手が込んでるカードホルダー
いつもは静かなダムも、この日は大勢の職員さんがスタンバっていて、受付した人が何人か集まるごとに見学に出発していた。
では僕のグループも出発!
では僕のグループも出発!
内容は、ダムの上を歩きながら役割の説明、放流する設備の説明、そしてダムの中を通るエレベーターで下に降りて内部の見学、といった感じ。
歩きながら説明を受ける
歩きながら説明を受ける
ちょうど放流中だった
ちょうど放流中だった
こんな場所にエレベーターが
こんな場所にエレベーターが
ダムの中に降りてきた
ダムの中に降りてきた
中はこんな雰囲気のある点検用通路が通っている
中はこんな雰囲気のある点検用通路が通っている
貯水池の水に冷やされて、ダムの中は年間を通して10度前後なのでこの時期は涼しい(逆に冬は暖かく感じるという)。

そして50年以上経った人工のトンネルはダンジョン感はんぱない。引率の職員さんについていくと、放流する水門の駆動部が現れた。

これも巨大で、ダムという施設のスケールの大きさを体感することができる。
ダムの中にある水門を動かす巨大なシリンダー、ものすごい非日常感
ダムの中にある水門を動かす巨大なシリンダー、ものすごい非日常感
とまあこんな感じでダムの上に戻って、全体でおよそ1時間弱の見学会は終わり。希望者には、ダムに流れ着いた流木で作った木炭がお土産に配られた。

各地のダムに見学に行っているマニアからするとやや物足りない気もするけど、ほかのダムでも行われている見学会をめぐることを考えるとちょうどいいのかも。それに無料だし、何より予約しないでふらっと行って見学できる気軽さがいい。

なんて偉そうなことを思いながら次のダムに向かった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓