ひらめきの月曜日 2014年8月4日
 

今週は、台風上陸か猛暑継続のどちらかに 〜あと出し天気予報〜

台風11号と12号が発生。先に来たのは12号。番号がごっちゃになって、天気予報で間違えそうになる。
台風11号と12号が発生。先に来たのは12号。番号がごっちゃになって、天気予報で間違えそうになる。
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
1977年滋賀生まれ。お天気キャスター。的中率、夢の9割をめざす気象予報士です。 好きな言葉は「予報当たりましたね」。株式会社ウェザーマップ所属。 ツイッターでも気象情報やってます。
> 個人サイト ウェザーマップ・増田雅昭 ツイッター @MasudaMasaaki

甘酸っぱい結果の一週間でした

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちら</a>でやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
真夏の晴天が続いて、先週は好調なスタート。

そんな中、手ごわかったのは、急に発生する細かな雨雲たち。
神出鬼没なうえ、急に大きくなったり、直前で消えたりもする。

1日(金)は、細かな雨雲が来るかもと読んでいたが、やってきたのは、デカい雨雲。
山から下りてくる間に、どんどん拡大して、雨は短時間では終わらず、×に。
雨雲の成長をおさえる高気圧が、予測以上に弱かった。

2日(土)は、にわか雨を用心して、けっきょく降らず。
前日に降ったことを引きずらないように、客観的に、と意識して予報したのに、振り返ってみると、引きずって、慎重になっていた感がある。

恋人にフラれたあと、引きずってないと強がっていたのに、あとから振り返ると、やっぱりあの時は引きずっていた…ような、甘酸っぱい気分の真夏の週末。
細かい雨雲って、ほんと動きを読むのがむずかしいんですよ。うーん、でも、もっと当てたい。
細かい雨雲って、ほんと動きを読むのがむずかしいんですよ。うーん、でも、もっと当てたい。

台風の威力はやっぱり強かった

先週前半は、カラッとした陽気で、朝と夜は涼しいくらいだったが、そんなぐっすり寝られる時間を、ぶち壊してくれたのが台風12号。

南から、亜熱帯の空気を運んできて、西日本に大雨を降らせたうえ、暑さを不快なものにガラッと変えてしまった。

台風は、季節の流れを変えるキープレーヤー。
台風だけで、どんな夏になるか決まるわけではないが、数千kmにおよぶ大きな渦が、大気の流れを変えて、その先の天候の道すじをつける。

今週は11号が来て、また流れを変えそう…。

台風11号が列島接近。西か?東か?

今週は、台風11号が日本列島に接近。
7日(木)頃に、沖縄本島の東〜奄美あたりを通って、今週後半にはさらに北へ。

そのコースが、今後の天候のカギをにぎる。

■西よりのコース

九州のさらに西海上を陸地から離れて通った場合。

台風を押す太平洋高気圧が、それだけ強いということ。 つまり、東日本を中心に、高気圧に覆われて猛暑が続く。
太平洋高気圧が強く、台風を西へ押しやる。こうなると広範囲での大荒れはないが、暑い…。
太平洋高気圧が強く、台風を西へ押しやる。
こうなると広範囲での大荒れはないが、暑い…。
■東よりのコース

九州〜本州のどこかに上陸する場合。
勢力の強い台風なので、広範囲で大荒れの天気に。

台風の侵入を許すということは、太平洋高気圧が弱まるということ。
つまり、真夏の空気の勢いも弱まり、猛暑はいったん落ち着く。
太平洋高気圧が東へ退き、台風に対してノーガード状態。
               猛暑は落ち着いてくれるが、台風が…。
太平洋高気圧が東へ退き、台風に対してノーガード状態。
猛暑は落ち着いてくれるが、台風が…。
台風直撃か、猛暑継続か。ぜんぜん嬉しくない二者択一(選べないけど)。

どっちもほどほどで済んでくれるのがいいのだが、今のところ「東より」のほうがやや優勢…結果は来週。
今週の格言
『台風のコースが、夏の向かう方向を教えてくれる』

質問コーナー

どんな天気の時に一番興奮しますか?

自分が予報を担当していない日の雪です。

それなりに雪の降る地方で生まれ育ったのですが、雪が積もるのを見るのは、やっぱりワクワク感がありますね。

学生の頃は、雪が降ってくると、「伝えたいー!」という衝動にかられ、好きな子に電話やメールをしてました。
(だいたい相手にされませんでしたが。なんて恥ずかしい迷惑なヤツだったんだろう俺…。)

ただ、今は雪の可能性が出てくると、1週間ほど前から気が重くなりはじめ、実際に降ってくると、予報に追われて、雪が敵に見えます。
予報以上に降った時の、絶望感といったら…。

でも、予報を担当していない日の雪は、やっぱり興奮しますね。
今だと、関東の予報をしていることが多いので、他のところへ行った時に見る雪は、純粋な気持ちで見られます。

結論としては、純粋さを失わないために、雪を見に行く休みが必要ということ。
今年の冬は休みますよー。と、夏からアピールしておきます(誰に?)。
この暑さの中で見ると、すごく違和感のある景色。
          でも、もう4か月後には、こうなるかもしれないんですよね。
この暑さの中で見ると、すごく違和感のある景色。でも、もう4か月後には、こうなるかもしれないんですよね。

詰め天気

先週の問題は、こちらでした。

正解と次の問題は、来週アップします!

追加のヒントは、「熱帯低気圧が日本に近づけていないということは…」です。

解答はこちらから↓
正解は来週!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。
あて先は dailyportalz@mlc.nifty.com まで
 ▽デイリーポータルZトップへ  

デイリーポータルZ新人賞

 
 
関連記事
今週は台風の北上で、不機嫌な人が増加? 〜あと出し天気予報〜
梅雨明けて一気に猛暑に?〜あと出し天気予報〜
梅雨明けは間近?注目は台風9号の動き 〜あと出し天気予報〜
台風が上陸して梅雨明けカウントダウン? 〜あと出し天気予報〜

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ