フェティッシュの火曜日 2014年8月12日
 

髭鬚張魯肉飯は石川県で食べられる!

今どきの若い人は「髭鬚張魯肉飯」って知らないですかね?
今どきの若い人は「髭鬚張魯肉飯」って知らないですかね?
確か15年くらい前だと思うが、「髭鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)」という台湾版牛丼(実際は豚肉)みたいな、フルフルした細切れ肉をご飯に掛けた丼を出すチェーン店が流行った。

私はあの正体がよくわからない食べ物が好きでよく食べていたのだが、そこは競争の激しい日本の外食産業。気が付いたら撤退してしまい、本場台湾に行かなければ食べられない幻の食べ物になってしまった。

なんて思っていたら、なぜか石川県にだけ残っていたのだ。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。
> 個人サイト 私的標本 標本製麺

君は髭鬚張魯肉飯を知っているか

確か私が社会人になって数年目、華々しく日本デビューした髭鬚張魯肉飯(以下ヒゲチョウ)は、渋谷の道玄坂や六本木ヒルズに店舗を構えていたが、惜しまれつつも日本から撤退(したと思っていた)。

確かヒゲ面のチョウさんが作ったからヒゲチョウだった気がする。

日本で営業していたのは、たぶん10年前後の短い時期だったので、知っているのはアラフォーより上の世代に限られる食べ物なのだが、ヒゲ面の人を見ると、相手が知らなくてもついつい「ヒゲチョウに似ているね!」と言って惑わせてしまいがち。
ヒゲチョウを知らない若者を捕まえて、ヒゲチョウのモノマネをさせるパワハラ。
ヒゲチョウを知らない若者を捕まえて、ヒゲチョウのモノマネをさせるパワハラ。
そんなヒゲチョウが今でも食べられる店があると知り、8月2日にやってきたのは石川県金沢市の隣にある野々市市(ののいちし)。「野々市じょんがらまつり」の会場だ。

このお祭りにヒゲチョウの出店が来るらしいのである。
野々市市っていい名前ですね。
野々市市っていい名前ですね。
ちょっと話がややこしいのだが、石川のヒゲチョウは普通に店舗を構えて営業している。しかし、事前に問い合わせをしたところ、たまたま取材日がお祭りに出店するための臨時休業と重なったのだ。

久しぶりに食べるヒゲチョウが屋台というのも、なんだか感慨深いような気もする。
あ、ヒゲのチョウさんだ!
あ、ヒゲのチョウさんだ!
ヒゲのチョウさんが描かれた黄色いノボリを見つけて、あの頃の記憶が断片的によみがえってきた。

私が当時通っていたヒゲチョウは、勤め先があった五反田駅の怪しい側の店。牛丼とはちょっと違うフワフワした独特の肉が魅力的で、職場の同僚であるH田くんがホゲホゲいいながらやたらと食べていた覚えがある。
こんなラーメン屋みたいなコピーだったかな。
こんなラーメン屋みたいなコピーだったかな。

そこには懐かしの魯肉が煮込まれていた

当時はあまり深く考えないで食べていた魯肉飯を、今更ながらなんなのかを確認してみよう。

「魯肉」の文字に魚が入っているけれど、魚は使われていないはずだ。
こんなピーナッツ味噌みたいな食べ物だったっけ。もっとトロトロして色が薄かった気がする。
こんなピーナッツ味噌みたいな食べ物だったっけ。もっとトロトロして色が薄かった気がする。
豚のほほ肉が材料なのか。ほほー。爆発的な人気を呼んだそうだが、今では石川でしか食べられないというヒストリーを味わいたい。
豚のほほ肉が材料なのか。ほほー。爆発的な人気を呼んだそうだが、今では石川でしか食べられないというヒストリーを味わいたい。
屋台ということでメニューは肉のせ魯肉飯とドリンクのみ。肉に肉を乗せるのか。
屋台ということでメニューは肉のせ魯肉飯とドリンクのみ。肉に肉を乗せるのか。
屋台からちょっと距離を置いてポスターや看板をチェックしていたのだが、どうも私のイメージしているヒゲチョウとちょっと違うっぽい。

しかし、いざ注文しようと並んでみれば、そこにあったとろけた肉に膝を何度も叩いた。パシパシ。
あ、これだ!これこそ俺のヒゲチョウ!
あ、これだ!これこそ俺のヒゲチョウ!
そう、これこれこれ。このトロトロになった謎の肉(豚のほほ肉ですね)こそが、私のイメージしているヒゲチョウだ。パシパシと叩きすぎた膝が痛い。
あの黄色い紙パックが懐かしい!
あの黄色い紙パックが懐かしい!

なぜヒゲチョウが石川に残ったのか

せっかくここまできたので、なんで石川県にだけヒゲチョウが残っているのかという謎を店長さんに伺ったところ、なかなか意外な答えが返ってきた。

この店を経営しているのは、農園や飲食店などの経営もしている社会福祉法人の佛子園で、ヒゲチョウは障害を持った人と一緒に仕事をする事業の一環としてやっているそうだ。
この写真で台湾旅行にいってきたと言い張れそうだ。
この写真で台湾旅行にいってきたと言い張れそうだ。

そのきっかけは、理事長が六本木ヒルズのヒゲチョウを食べてうまかったからで、これを障害者達の仕事にしようと思い立ち、今年でめでたく10年目。

東京のチェーン店がすべて撤退した後も、台湾のヒゲチョウ本部(台湾には50店舗あるそうです)と直接フランチャイズ契約を結び、セントラルキッチン(料理を作る工場)も石川に新設したそうだ。
この黄色いシール、東急ハンズとかで売っていないかな。
この黄色いシール、東急ハンズとかで売っていないかな。

台湾本部とは、障害を持った人も働く事業所であるということを理解してもらった上でのフランチャイズ契約とのこと。

ちなみに東京のヒゲチョウでやっていた人が、現在はここのセントラルキッチンで商品開発をしているため、味のレベルは本場(私にとっては台湾ではなく10年前の東京)と変わっていないらしい。
こちらが店長のナカノさん。
こちらが店長のナカノさん。
そんな知られざる歴史を学んだところで、ずいぶん久しぶりとなる魯肉飯とのご対面である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ