はっけんの水曜日 2014年8月13日
 

蓮如の聖地に県境を見に行く

県境上にて
県境上にて
市街地を貫く県境は珍しい。

とはいうものの、都市部にはそこそこあるので、そんなに珍しくないような気がするけれど、全国の県境の距離から考えると珍しいのだ。(断言)

そんな珍しい町中の県境地帯でかつ、蓮如の聖地だという稀有な場所が福井と石川の間にある。

これはぜひ行きたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「日本一鮭を食べる町とshakeという町〜ここはどこでしょう?特別編〜」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

「蓮如の聖地! しかも県境!」にヒキはあるのか?

その県境地帯は吉崎という町だ。
より大きな地図で 吉崎の位置 を表示
福井県側はあわら市吉崎。石川県側は加賀市吉崎町と、二つの県に別れて「吉崎」という町が存在している。

特にこの吉崎の町の中心街の混みいった県境を見ていると、地図を眺めるだけでは満足できない気持ちがわきあがってくる。
より大きな地図で 吉崎周辺 を表示
「隣の家が隣の県」という血圧のあがりそうな県境の様子もみてみたいし、戦国時代に信長と互角に渡り合うほどの力をもっていた本願寺の本拠地跡に行って往時に思いを馳せたい。

ただ、事前にデイリーポータルZ編集部に「蓮如の聖地でかつ県境地帯なんですよ!」とその魅力を説いたのだが、来た返事は「すみません!笑っちゃうくらい魅力わかんないっす!」であった。

にも関わらず「ぜひ取材に行ってください!」と送り出してくれたデイリーポータルZ編集部の懐の深さよ。

雨が降ってきた……

吉崎は、公共交通機関では少し行きづらい場所にあるため、金沢でバイクを借り、南へ向かう。
これから向かう先にはどう見ても雨降らしそうな雲
これから向かう先にはどう見ても雨降らしそうな雲
この日の加賀地方は雨が降ったりやんだりで、実にスクーターに厳しい天候であった。
やっぱり雨降ってきた!
やっぱり雨降ってきた!
途中、コンビニで買ったビニールのカッパのサイズが全く合わず、袖口のゴムが、血圧計ってるときかよってぐらいきつく締るあげるため、手先がピリピリしだした。
手がしびれるぞ! なんだこれ
手がしびれるぞ! なんだこれ
さすがにこのままうっ血して指先が壊死したらいやなのでカッパを脱ぐ。しかし、脱ぐと雨が降ってくる、着る、脱ぐ……そんなことを繰り返しつつ吉崎を目指す。

このあと、県境に到着したときの感動をより強調するために、こうやって往路の苦労話を入れている。今しばらくお付き合い願いたい。

みのがしかける県境

加賀市に入り、田園風景と集落を交互に通り抜けつつしばらく行くと……。
たしかこのまままっすぐでいいはず……
たしかこのまままっすぐでいいはず……
……吉崎
……吉崎
あー、ここだ!

思わずそのまま通り過ぎようとしてしまったが、急いでバイクを停め、国境……じゃなかった、県境の場所まで駆け寄る。
ここだ!
ここだ!
ぼくの目にはこうみえる
ぼくの目にはこうみえる
ちょうど、石川、福井の県境あたりで、道路のアスファルトの質が変わっているのがわかる。
アスファルトのゴチャゴチャぶりが県境っぽい
アスファルトのゴチャゴチャぶりが県境っぽい
国道でも都道府県が管理している道路もあるらしく、県境で道路の模様やアスファルトの質が変わってるということはわりとよくある。以前、練馬と埼玉の境目にそれを見に行ったこともある(こちら)。

目印のない県境が多い中、お役所仕事の結果とはいえ、こういう形で県境が目に見えるのは面白いし、我々県境マニアにとっては助かる(目印になるから)。
とりあえず、県境をまたいで記念写真
とりあえず、県境をまたいで記念写真
きたぞー
きたぞー
この、なんの代わり映えのしない境目から、石川県、福井県がそれぞれ広大に広がっているのだ……と考えるとちょっとロマンを感じませんか? ぼくは感じますッ!(断言)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓