ちしきの金曜日 2014年8月15日
 

ドンペリ茶漬けとアサリのドンペリ蒸し

この文字を毎週眺めた結果です
この文字を毎週眺めた結果です
企画のネタ帳にもう3年ぐらい「ドンペリ茶漬け」と書いてある。
次の企画を考えるたびにその文字が目に飛び込んでくる。ドンペリ茶漬け…。どうしてそんなことを思いついたんだろう。

でも毎回見るたびに、いつか僕はこれをやるだろうと確信するようになった。自分に暗示をかけていたのかもしれない。ドンペリをごはんにかけないと次に進めない気すらしてきた。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

ドンペリ高え

楽天でいちばんやすい店を探しても12,000円ぐらいした。ドンペリを経費で請求する度胸はないので自腹である。高い。
「ドン」「ペリ」「ニョーン」と文節に分けても高級感がある響きはひとつもないのにこの価格。数字の単位がメガ、ギガ、テラとどんどん強そうになるのに急に「ぺた」と裸足みたいな響きになるのと同じだろうか。
かくしてうちの冷蔵庫にはドンペリが入った。隣は水出し麦茶
かくしてうちの冷蔵庫にはドンペリが入った。隣は水出し麦茶
まずは飲んでみたいが酔いが回ってしまうと味がわからないので最初にお茶漬けにすることにした。
質素な食事に圧倒的な存在感
質素な食事に圧倒的な存在感
ごはんの上でも泡立つ
ごはんの上でも泡立つ
ドンペリはものすごく炭酸が強い。僕はセブンアップなどの強炭酸のサイダーが好きなので嬉しい誤算である。でもこれから強炭酸のものを飲みたかったらセブンアップを買うと思う。
泡が消えてしまえばもう普通の茶漬けだ
泡が消えてしまえばもう普通の茶漬けだ
元阪神タイガースの小林繁はごはんにコーラをかけていたらしい。風の歌を聴けにもパンケーキにコーラを書けて食べるシーンが登場する。炭酸のものを食事にかけるのは珍しくないのだ(2例しかないけど)。

実食

ではサラサラとドンペリ茶漬けをいただくことにしよう。3年ものあいだ僕の海馬をしめていた茶漬けだ。
!
!
!
!
!

ついにドンペリ茶漬けの呪いを解いた

ずっと気になっていたドンペリ茶漬けに対面した。いつまでたっても実現しない企画に折り合いをつける行為だったと思うと…

味の説明もなくいきなり締めるのもおもしろいかと思ったがやっぱりきちんと説明しておきたい。

強炭酸のものはお茶漬けのようにかきこむことができないのだ。アルコールの問題ではないと思う。発泡性のものはコップか、びんのように小さな穴から飲むものが多い。茶碗でがぼっと飲むものではない。

がぼっと飲むとむせる。そして上のような白目になる。味は…ごはんには合わないなと思った。びっくりするほど不味くもない。

リベンジ・あさりのドンペリ蒸し

せっかくなのでドンペリでもうひと品作ってみたのだ。アサリの酒蒸しである。こちらは先に結果を書いてしまおう。うまかった。クックパッド風に書くなら
「♪自分にご褒美☆さっぱりとあさりのドンペリ蒸し☆」
である。ドンペリが甘くないのがいいのかもしれない。
アサリに20mlぐらいのドンペリを注ぎます
アサリに20mlぐらいのドンペリを注ぎます
見たことない感じで泡だらけになるのでど、ど、どうしようと慌てます
見たことない感じで泡だらけになるのでど、ど、どうしようと慌てます
慌てているうちに貝が開くので醤油をかけてできあがり
慌てているうちに貝が開くので醤油をかけてできあがり
焼酎や日本酒を使った酒蒸しとどう違うかはわからない。むかし自分で作った酒蒸しよりもしゃきっとした味であるような気がする。フランスの酒を使ったのでアサリもどこかムール貝のような色になっている。

ドンペリ使ってるからなという心理的な効果も大きいと思う。むしろそれだけ、と言ったほうが正確かもしれない。

今度こそ締める

亡霊のように企画メモに残っていた企画をひとつ成仏させることができた。お盆にふさわしい行為だったと言えよう。企画メモは定期的に整理していかないとこういうことになるのだ。「青汁は青じゃなくて緑なのでほんとの青汁を作る」という企画もずっと残っていて危険なので早めに消しておこう。
残りはバルコニーで飲んで満喫しました。リア充。
残りはバルコニーで飲んで満喫しました。リア充。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
ドンペリかき氷
おれたちのバブル伝説
森鴎外が愛した饅頭茶漬けグランプリ
高級鮭おにぎりはうまいのか

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓