はっけんの水曜日 2014年8月27日
 

無人島だと思っていかだを作る

!
毎年恒例の秋川渓谷に行ってきた。

ところが、こともあろうか川下りに不可欠なゴムボートを忘れたのである。
水着を忘れたってそのままか下着で泳げばいい。
バスタオルを忘れたって車に乗ってりゃ自然と乾いていく。バーベキューセットなんか、なくったっていいのだ。

んじゃゴムボートを忘れたら?
いかだを作ればいいじゃない!
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。
> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

子どもたちが運転するという感慨

小学校のときから、ほぼ毎年秋川に通ってきた。もうこれは別荘と呼んでも過言ではないだろう。

デイリーポータル上でも過去に2回、記事にしたことがある。

あのとき幼かった子どもたちは今や成人し、運転手をかってでるほどだ。

2人でのんびり過ごす川辺もわるくはないが、大人数はやっぱりたのしい。今回は2台で川をめざした。
わたしが運転を代わってしばらくすると、「頼むから運転させてください」と敬語で頭を下げてきた友人伊藤さんの長男。それほどわたしの運転には定評がある。(わるいイミで)
わたしが運転を代わってしばらくすると、「頼むから運転させてください」と敬語で頭を下げてきた友人伊藤さんの長男。それほどわたしの運転には定評がある。(わるいイミで)
けもの道のようなを道を歩いて河原におりる
けもの道のようなを道を歩いて河原におりる
到着後すぐにやることは変わらない。飛び込みと川下りだ。 ザッバーン!
到着後すぐにやることは変わらない。飛び込みと川下りだ。 ザッバーン!

あれ……。ああああーーーっ! アレがない! アレが!

そうです。ゴムボートです。

食料以外は真剣に相談することもなく、基本人まかせなのでだれもボートを持ってきていなかったのだ。

これでは第2のメインイベントである川下りができない。んー

一大事件に、友人伊藤さんが「あなたたち何おっしゃってるの?」という顔で、にべもなくこう言い放った。

「ボートがなければいかだを作ればいいじゃないの」
「ここが無人島だってことにしましょうよ!」
文明の利器はつかってはいけないルールになっていた
文明の利器はつかってはいけないルールになっていた
よく考えてみれば、流木はたくさんある。なんとかなりそうだ。デイリーポータル的にももしかしてなんとかなりそうだ。わたしは軽い考えですぐに快諾。2〜3人は乗れるいかだを想像していた。
よーし。やったるでー。の前の腹ごしらえ。
よーし。やったるでー。の前の腹ごしらえ。

ミッション1 みんなで流木をあつめよう

まずは流木あつめから。各自方々にちらばって、落ちている木や川底に沈んでいる木を拾ってくる。(この時点でなにかがまちがっていた)
あきれながらも手伝うひと
あきれながらも手伝うひと
ものすごくはりきってるひと
ものすごくはりきってるひと
ビキニ女子だって拾います
ビキニ女子だって拾います
ご近所にいたアークくんも手伝ってくれました
ご近所にいたアークくんも手伝ってくれました

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓